【放談住宅 2021/06/24】
たまには、相方の
「いない」記事を。

仕事中、ふと、水色時代のとあることが
気になって、
ぐぐる先生にお伺いを立てたんさ。
そしたら。
「やぶうち優公式サイトなんて
 あるんだー!」
…2015年あたりで、更新止まってるけど。
「会社の席。
 うしろが壁って、いいですね」

いやー…水色時代の頃からしたら、
絵柄変わったよねー。やぶうち優。
「やたらと、かわいい方向に」
そして…
「まーた、少女少年、描いたの?」

やぶうち優の、少女少年…
「男の子が、女の子として、
 アイドルデビューする」
話と言えば、話だよね。
…あ。Amazonで軽く、
立ち読みができる。
「出勤人数が、
 やたら少ないって、いいですね」

やっぱり、あたし思うに。
小学生あたりまで、であれば、
「男女って、気軽に、
 変わっちゃって、
 いいんじゃないの?」
『トランスジェンダー』とか、
立派な名前、つけずに、
『着てみたかった。』
『その気に、なった。』
『なんとなく。』
…こんな感じで、いいんじゃないの?

実際には、多くて、
学年に2~3人だと、思うよ?
もちろん、
「誰にも、言わない」子も、
アリと、いうことで。

もっとも。
『大人側の考えが、変わらないと』
これは、叶わないことなので。
今の段階では、あくまで、
「夢物語」でしか、ないですが。

そういう、
『気軽にできる、世の中』って、
あって、いいと、思うんだけどなぁ。

…と言う、
「おもいつき」の、「夢物語」
(413号)