【放談住宅 2021/07/16】
「まぁ、たしかに。」
セクシュアルマイノリティの
世界の中でも、
「トランスジェンダー」が
多いか、ったら…
『結構、少ないよ、ね』

統計上は、
実はMtF(男性から女性)より、
FtM(女性から男性)の方が
多い…んだけど。
『FtMの埋没度、はんぱない』
本気で、「気づかない」よね。
そこで行くと、
MtF/MtXは、まぁ、目立つこと。
もちろん、『埋没』して、
まったくわからない方、
いっぱい、いらっしゃいます。
…知り合いに、います。はい。
その点、「あたしが」ったら、
そら、目立つよ!!
身長、縮んでも174cm!
鍵盤楽器習ってたから、
「手が、でっかい!!」
ついでに足も、でっかい!!
…27cm。サイズ、ない。

ここでね。
ちょいと、考え事を
してみることに、します。
まず、「男女の、とらえかた」
一般的に、世の中では、
『男|女』と、
ぱきっと別れることに、
「なってます」
しかし。あたしとしては。
『男----------------------女』と、
連続してるんじゃないか、と
考えています。
Xジェンダーは、その間を、
「好きに、選んでいる」
と、言えます。
特にXジェンダーは、
「どこらへんを、選ぶか」は、
日替わり、時間変わりでも、
まーったく、かまわない。
ゆるーっとした、ジェンダーだと
あたしは考えています。

では。出してきましょうか。

「性同一性障害に関する
 診断と治療のガイドライン 第4版」
あたしとしては、これの立ち位置は、
・性同一障害の診断書が、
 書けるか、どうか
・身体的治療に移行できるか、どうか
…なんじゃないかと、思っています。
ぶっちゃけて、しまうと。
おにんにんは、ついているんだけど、
使い道ないし、取る必要もなぁ…
なら別に、身体的治療、
すなわち手術をする必要、ない。
実際に、ガイドライン上でも、
「精神科領域の治療を継続した後、
 本人が
 身体的治療への
 移行を希望する場合は」
身体的治療に移行するための条件が
満たされるかどうかを
医療チームにおいて判断する。
…と、なっています。

『じゃあ。』
そもそも「性別違和」って
なんなのさ!
…なんですが。
ガイドライン上は、
以下のことを中心に検討する、
と、あります。
ⅰ)自らの性別に対する不快感・嫌悪感
ⅱ)反対の性別に対する
  強く持続的な同一感
ⅲ)反対の性役割を求める

『案外…
 どうとでも、とらえられるよね』

そうなんです。
結構、かなり、『主観的』
そして、上記の3つは、
自分が生まれた性別に
「疑問を持った、方は」
強さの差は、あれど、
ほとんどの方が、
あてはまると、思います。
…あたしも、「男の山」に
放り込まれると、
確かに、居心地悪いよね。

では、視点を変えて。
「どんなきっかけで、
 自分の性別に、
 疑問を持つか」
これねぇ…個人的には。
『きっかけなんて、ありません』
だと、思うんですよ。
あたしの幼稚園の頃、
思い出して、みようか。
園バスおりて、朝の会やって…
『いつもどおり。
 女の子たちと、おままごと』
先生も含め、
周囲は「慣れましたから」
なーんにも、言われません。
そして、小学校2年あたりで…
『あら…?』
髪…のばせないの?
スカート…だめなの?
しかし、これは。
「自分の性別に、疑問を持つ」
では、無いと思うのですよ。
だって…
『中身は一切、変わってないから』

そしてあたしは、小学校では、
「そのまーんま、突っ走って」
家庭科では、男女とおして、
「てっぺん」を、取るわ、
手芸部には、入っちゃうわ、
家庭科の作品は、区展を突破して、
「東京都展覧会」まで、行ったっ!!
え。あの作品、
都展、行ったの…?と、
先生からの一報を聞きながら、
「かぎ針で、編み物していた」
しかも、教室で。
『誰も何も、言わないんだもん!』
…「慣れた」らしいです。

「女の子の基準服、着たいよなー…」
「髪の毛、伸ばしたいなー…」
とは、思ってたけどね。

なので、結局のところ、
「トランスジェンダー」と、
名前は付いて、いるけれども。
「実態」は、ほんとうに、
『人、それぞれ』
なんじゃないかと、思います。

そして。
ガイドラインは、ガイドライン。
「自分は、どうか」
と言うところに、関しては。
『自分が納得すれば、
 それで、いい』
だと、あたしは考えています。

まぁ…
「同じような、人」いなくて、
淋しいとき、あるけどね。
「同じような人がいない、
 淋しさ」を、
分かち合うことは、
できると思うんです。

ちょっと、脇道それますが。
高校の時に、ゲイの世界知って、
正直、「うらやましい」と
思った。
「仲間、いっぱいじゃん!!」
あの頃まだ、
ゲイ雑誌に、文通コーナー
あったから、ね。
「出したら、本当に、
 相手に届いて、
 返事が、来るの???」
最近になって、
おじいちゃんゲイの
友人に聞いたら、
「しっかり、返事が来た」
…そうです。
その点、自分に「似てる」ったら、
…くいーん、そして、
エリザベス会館…???
『そっちじゃ、
 ないん、だけど、な…』
女装って言われると、
やっぱ「違う」感、あるよね。
…そして、あそこ、
ムチャクチャ「閉鎖的」だし。

今はむしろ、
ネットで情報は、いっぱい、だから。
むしろ、
「おぼれちゃう」のかも、知れない。

けど。
これだけは、変わらないと思います。

『自分が納得すれば、
 それが、正解』

(420号)