「すいませーん」
「はいー!なんでしょ」
「線路にバッグ、
 落としちゃったんですがー…」
「あー…
 拾うので、ちょっと待ってください」

「だれかーっ!」
「…なに?」
「線路にもの、落としちゃったって。
 俺、マジックハンド持つから、
 赤、持ってくんない?」
「あ。いいよー」

マジックハンドであっても、
「絶対に、複数名です」
赤い旗を広げて、
ホームから、線路に突き出すように、
旗を、持ちます。

「次、いつ来る?」
「24分に、03A通過」
「マジックハンド、入れるね」
「どうー?」
「…引っかかんねぇなー。
 03Aの通過までには、
 5分、あるか…。
 しょうがない。
 線路降りるから、
 インタホンで、事務所経由で、
 指令に連絡して。
 拾ったら、ホーム端から上がる」
「ひかれないでね…」
「そのための、指令だろ!!
 走る!ほら!!」

「事務所でーす。なにー?」
「下りホーム氷室でーす。
 今、線路の落とし物
 拾ってるんだけど、さ。
 マジックハンドに
 引っかかんないんだって。
 奴、線路に降りるって言うから、
 指令に連絡いれてー。
 24分の03Aの通過までに決めるから、
 拾い次第、ホーム端へ走って、
 ホームに上がるって」
「了解でーす」

指令、指令…っと。
「はい!xx指令です」
「某駅でーす。
 線路の落とし物が拾えないんで、
 一名、線路に降ります。
 次がー…24分の03Aなので、
 通過に間に合うように、
 ホーム端へ走って行って、
 ホームへ上がる、とのこと、です」
「えー、某駅。
 線路上の落とし物回収のため、
 係員が線路に降りる、と。
 03Aの通過までには
 ホームに上がる…ですね?」
「そうでーす。手配おねがいしまーす」
「了解でーす」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「こちら、xx指令です。
 下り線運行中の各列車ー。
 某駅、線路上の異物回収のため、
 係員が線路に降ります。
 指示があるまで、某駅通過は、
 25km/h以下の徐行運転で
 お願いします。
 xx03Aの乗務員、取れますかー?」
「xx03A車掌です」
「あなたの車が、某駅通過までに、
 係員はホームに上がるそうです。
 あなたの車が、
 某駅に最接近なので、
 確実に、25km/h以下の徐行で
 お願いしますー」
「某駅通過時、25km/h以下の徐行、
 了解しましたー!」
「以上、xx指令!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「運転士さーん!
 …聞いてたでしょー?」
「某駅、25km/hね。
 怖いから、ちょっと手前で
 落とそうかー」
「その方がいいかも、ですね」
「…身内ひいたら、
 シャレになんない」

…いいわけ、どうしようかな…
「お客様にお知らせいたします。
 安全確認のため、まもなく
 徐行運転をいたします。
 お急ぎのところ、
 ご迷惑をおかけします」

「ホーム、高いんだよな…」
「だいじょうぶ?」
「降りるは、大丈夫だって。
 …間違いなく、
 ここからホームには、
 上がれないけどね」
「みんな上がれないから、
 だいじょうぶ」
「ほっ!」
どすん。

「あと2分。やばいって。
 いったん上がろうよ…」
「つかんだ!!
 コレですね?」
「それです!」
「はい、持って!!」
「受け取った!!
 走れ、走れ!!
 あと1分…40秒くらい?」
「上がったら、すぐ指令!」
「コケるなよーっ!」
「赤、出してて!!」
「出してる!!」

「ホームあがったーっ!!」

右よし…左よし…
右よし…っと。
…インタホンっ!!

「事務所でーす。…下りでしょ?」
「拾って、ホーム上がった。
 線路上に異常なし。
 指令手配お願い!」
「了解ー!」

「はい、xx指令です」
「某駅です。
 落とし物拾いで線路に降りていた
 係員は、ホームに上がりました。
 線路上に異常なし、です」
「某駅の係員は、ホームに上がり、
 線路上に異常なし、了解!」
「お願いしまーす」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「xx03Aの乗務員、応答できますかー?」
「xx03A運転士です」
「某駅の係員は、ホームに上がりました。
 線路上に異常なしです。
 25km/hの徐行は、続けてください。
 某駅通過後、指令まで報告お願いします」
「某駅の25km/hの徐行は続行、
 某駅通過後、指令へ報告、
 了解です!」
「xx指令でしたっ!!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「…03A、徐行で入ってきたね」
ばぁーーんっ!
「申し訳ない、申し訳ない…」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「xx03A運転士です。指令、どうぞ」
「はい、xx指令です」
「某駅を徐行にて通過しました。
 線路目視、異常ありません」
「某駅、徐行にて通過、異常なし、
 了解しましたー!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「こちら、xx指令です。
 下り線運行中の各列車ー。
 某駅の25km/h制限は、
 これをもって、解除になります。
 各列車、信号に従い
 運行してください。
 以上、xx指令でしたっ!!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「落とし物、こちらですねー」
「すいませーん!
 なんか、大変なことに
 なっちゃって…」

『いや。
 これが、我々の、
 仕事ですから』

「次、気をつけてくださいねー」
「ありがとうございましたー!」

「やれやれ…
 なんとか、なったね」
「03Aも、この先で回復運転すりゃー、
 定時に戻るだろ」
「無事が、なにより、だよ…」
「まったく、だ」


…と。
この位、すっごく、気を使うので。
『ぜったいに、
 ホームから線路には、
 降りないでください、ねっ!!』

落とし物したら、
係員が喜んで、なんとか、します。