【放談住宅 2021/07/26】
以前、指揮棒、タクト、ね。
「持ってみないと、
 わかんないね!」という
話はしたと、思うんです。
「上げるには、
 上げる準備しないと、
 上がんない」…とか、ね。
ま、その後、
愛用のタクトは、無事に
「折ったのですが」
ふと、気になることがあり、
タクト出して、しばらく振って、
「なんか、おかしくない?」
手に感じる重さというか、
重心が、おかしい。
「先端、折れてる!!」
残念ながら、愛用のムラマツバトンは、
銀座山野楽器の店頭になかったので、
グラスファイバーに、買い換えました。

「トワリングバトンも、
 実際に持たないと、
 わかんなかったわ!!」
ボールとティップという、
「おもり」が、ある。
…コレがほんとうに、
重要だとは、わかんなかった。

バトンを「回す」と、しまして。
簡単なのは、たぶん、
「8の字」だよね。
バトンを右手に、縦に持って、
上を押し出す時に、
下を右手の右側をとおす。
で、手首を返しつつ、
「向こうに行った、上側」を、
こんどは右手の左側を、とおす。
8の字は、バトン握ったままなので、
まず、落とさない。「たぶん。」

じゃ、こんど、両手使って。
右手にバトン持ちます。
左手、手のひらを上にして、待機。
左手小指側に、バトンを当てて、
「手のひらの上で、
 半回転させて」
人差し指と親指との間で
「縦になるので」
それを、右手の親指と
人差し指の間で、受ける。
で、また、
「手のひらの上で、
 半回転させて」
小指のところで、バトンが縦になるので、
今度は左手で受けて、
左手の上で、半回転。
「くるくるくるくる、
 回していられます」
…慣れれば、ねっ!!
最初マジで、ビビる。

応用で、
「いつか、できるかな?」
と、思っていたのが。
・右手、親指と人差し指で、
 バトンを持つ。
・手首を使って、
 バトンに左回転の力をかける。
 なので、「手の甲は、上」
・慣性の法則により、
 バトンは「回り続けるので」
 そのまま手の甲を、半回転。
・親指と人差し指のところに
 バトンが戻ったら、キャッチ。
完全にバトンから手が離れるので、
半年くらいは、「できないだろう」と
思ってました。
『ゆうべ、偶然、できた』
え!ちょ…ちょ…できた。
「10分後に、
 できなくなったんだけど、ね」

そう。
回転かける時に、
「タダの棒」じゃ、ないんだ。
バトンって。
両端に「おもり」があるから、
適切に回転かけると、
バトンの方が、回ってくれる。
だから、トス、空中に投げる時に、
「回転かける」の、
意味、わかるよね。
「回転かけるから、
 安定、するんです」

「まだ、
 思いっきりトスしたことは、
 ありませんが」
…天井に穴、あけるからね。
体育館、貸してくんねぇかなぁ。
ちゃんと、トスすると、
「ちゃんとしたところ」に、
戻ってくると、思うよ?
だから、
カードキャプターさくら名物、
「さくらがトスしたバトンを、
 頭で受ける」…って、
若干、不思議に思うよね。
「バトンは、
 縦に降ってくるわけじゃ、
 ないから、ね」
回転、かかってるからね。
だから、目線上げてよければ、
適切に、前後に身体、
うごかせるよ、ね???

その他、「指を使って、回す」とか、
回し方、いっぱい、あるんだね!!
YouTubeで、バトン動画見たとき、
「コレして、
 こうやって…こう」みたいに、
何してるんだか、
やっと、わかってきました。

動画だと、高校・大学あたりより、
「小学生の大会」の方が、
マジで、ビビる。
「へ!3本同時トスっ!!
 どうキャッチするの…って、
 キャッチした。すげー…」

ビビりながら、トスしたり…と、
「手の感覚」がついたから、
わかるようになった、気がします。
買って、よかった。
持って、よかった。
「あこがれ」から、少しずつ、
現実になっている…気がします。
IMG_0514
(426号)