【放談住宅 2021/10/06】
Windows11も、無事?
リリースされまして。
…盛り上がらない、
MicrosoftのOSリリースだねぇ。
Windows95の時なんか、
夜中0時に、秋葉原で売ったのに。
あの時は「おまつり」みたいな
感じだった、なー。
そして、ですよ。
「explorer.exeが、
 メモリリーク、
 してるらしい、ですよ?」
最近聞かないぞ、メモリリーク。
(メモリリーク…
 本来、メモリをOSに
 返さなければいけないところを、
 OSに返していない現象。
 「プログラムが終了したけど、
  メモリを解放してない」など。
 explorer.exeの場合は、
 ウィンドウを閉じても、
 解放されないメモリが、
 ある…らしい)
まぁ…OSだから、ね。
ハードウェアに近い、
低級なところも、
扱わないといけないから、ね。
(コンピュータで
 「高級」「低級」は、
 『人間様が、えらい』
 プログラム言語で考えた場合、
 「人間が、わかりやすい」言語が
 高級言語(VBA/COBOL/Javaなど)
 「人間が、わかりづらく、
  マシン語に置き換えやすい」言語が
 低級言語(アセンブラとか))

そんな中。
「ムダ金を持っていた、あたしが、
 余計なことを、考えました」

DSCF1384
「ここに取り出したりまする、
 舶来、Intel製のCPU。
 角は一流デパート、
 赤木屋 黒木屋 白木屋さんで、
 紅白粉つけたお姐ちゃんから、
 ください頂戴で頂きますと…
 売ってないね。デパートで」
「CPU単体じゃー、ねぇ。
 あれ?セレロン?」
「Celeronですねー。
 売っても安いよ?
 新品が型落ちになると、
 下手すると三千円とかで
 売っちゃうCPUだから。
 そしてここに、2枚の画像」
cpu_memory_hp.jpg
cpu_memory_dynadesk
「え?
 メモリがやたら載ってるのは、
 hpでしょ?」
「そうですねー。
 なぜか、Core i7」
「で?なに?
 Core i5…は?」

これは、
ムダ金を持ったバカの、
ムダ使いの、物語。

「さすがに、Celeronじゃー、
 アップデート作業が、
 トロくて、大変だろう…」
i3?いっそPentuim Gold?
「安いCPUは、
 中古で流れない」
飲み代にも、ならないもんねぇ、
このクラスのCPU、売っても。

そこで、考えました。
「近江商人のような、
 考え方が、できないか」
売り手良し、買い手良し、世間良し。
…hp良し、dynaDesk良し、
「あたし、良し」
つまり、こう考えました。
「中古で、うまーく、
 i7-8700を、買って。
 hpのCPUを、載せ替える。
 すると、i5-8500が出てくるので、
 dynaDeskのCPUを、載せ替える。
 2台とも、CPUアップグレード。
 …わるい話じゃ、ないね」
hp ProDesk 600 G4 SFには、
実際にi7-8700のモデルが、ある。
dynaDesk DT100/Rには、
実際にi5-8500のモデルが、ある。
…載るね。ほぼ、間違いなく。

さて、中古だよ、中古。
箱に入ってなくていい。
裸で売ってるヤツで。
「動作保証は、欲しいかも」
ちょっとネットで、探してみよう。
…うーん。
2万円ちょい、なら、あるか。
買いに行って、
「あれば、運が良し」だね。

ここで、一つ問題があります。
「Core i7-8700」と、
「Core i7-8700K」の
二種類が、ある。
昔は、オーバークロックは
「抜け道」だったんですが、
現代では、CPUメーカーが
認めちゃってます。
ただ…Intelの場合、CPUには、
いろいろロックが、かかってます。
CPUの型番の最後に「K」が
ついているCPUは、
オーバークロック向け。
「いろいろロックが、かかってない」
そして、i7-8700Kの方が、
少しだけ動作周波数が、高い。
…一見、よさそうでしょ?
ところがぎっちょん。
「発熱を考えるための、
 TDPという数値が、あります」
・i5-8500 65W
・i7-8700 65W
・i7-8700K 95W
「100W近いのは…熱すぎ。
 hpのCPUクーラーで、
 冷却し切らない」
実際、i7-8700Kは、
BOXで買っても、
「CPUクーラー、ついてません」
自分で考えてね!…と言うか、
ヘタすると、
簡易水冷のクーラー使わないと、
夏、安定して動かせない。
「メーカーPCの筐体では、
 そんなこと、できないズラ」
買うとき、要注意、で。

「走れぇーっ!!」
中古屋さん、
19時で閉まっちゃう店、多い。
あ。BOXのi7-8700は、発見。
ただ…もう一件!
裸でいいんだ、裸で!
「いやーん!」
ぜいぜい…ある、ない?
…あったぁっ!!
ちょい、安い!!
「裸の、i7-8700を、ください!」

「ご確認ください」
「見て、どうにかなる
 ものじゃー、ないけどね」
「ま、そうですよね(くっくっく)」
「頂いていきます」
「ありがとうございますー」

ちょっと気になるものが、あるので、
もう一回「走れぇーっ!!」
「あー…終わっちゃった?」
「なんでしょ?」
「あれ。特価の安いヤツ」
「いいよー」「どうぞ!」
余計なものも、お買い上げ。

「裸のCPUを触るのは、
 何年ぶり?10年以上?」
hpの方は、事前にお勉強を
しておきました。
英文ドキュメントなら、
すべてのバラし方、載ってます。
hpなので、
トルクスドライバー、T15は
事前に用意、しておいてね。
さて。金属、ぺたぺた。
(静電気逃がし)
配線外して…ダクト外して…
クーラー外して。
消毒用アルコールで、
グリス、拭いちゃおう。
よし。では。
レバーを上げて、載せ替え!
…1ピンどこ?1ピン。
ここか。この、方向か。
安物グリスを盛って、
レバーをセットして、戻して。
どっきどきの、起動テスト!
「あっさり起動しましたー!」
…そりゃそうだ。

さて、dynaDesk…の、前に。
グリスを良ーく、取らないと。
きれい…きれい。
dynaDeskはー。
ダクトがないだけで、
手順はほぼ、いっしょ。
起動テスト…「よっしゃぁっ!」

「速いね。
 Core i7-8700」
性能的には、前使っていた、
Core i7-860の「倍」
だもん、ねぇ。
10年でCPUは、進化しました。
そして…夢、だったんだよなぁ。
タスクマネージャで、
10スレッド以上、見るのは。
i7_8700_taskmanager
しみじみ。12スレッド。

ただ、
実際の強制アップグレードは、
がたがた、いろいろ、
大変でした。
そのレポートは、
また、こんど、ね。
「お風呂、入ってきまーす」
(454号)


「Celeron、
 一週間、持たなかった。
 って、こと?」
「そーいうことに、
 なりますね。
 ま、保守部品として」
「壊れないけどね…CPUって」
「ピン曲げしても、
 うまく戻すと、動いちゃうし。
 もっとも、LGA 1151だから、
 ピンはソケット側、だけどね」
「逆にこわくなって、ない?」
「こわい。
 ソケットのピン折ると、
 システムごとおじゃん…だからね」