【放談住宅 2021/11/03】
ついに、来ちゃった
「EWI、に」
IMG_0528
なんとなく、調べたら、さ。
EWI5000とか、
なかなか、売ってないのね。
アキヨドにあった…気がするけど、
気づいたら、なくなってたし。
これ、
「EWI USBも、そろそろ、
 ヤバいんじゃ、ないか」
と思って、
あわてて、買ってきました。
…ウィンドシンセ、
今、吹く人、いないんだろうね。

EWIの、「参考にならない、動画」


えーっと。
EWIは、基本は、
「楽器」なんですが。
EWI USBは、本来的には
「USB MIDIコントローラ」
ただ、付属のソフトウェアを、
PCにインストールして、
EWI USBをPCに接続すると、
『ウィンドシンセとして、
 使えます』
音源とか、確かに
金がかかる部分なので、
そこをPCに任せる…うん、
合理的では、ある。

準備、できた。
ストラップはこれ、
サックス用の、買ってくるわ。
短くすると、頭が抜けない。
運指はとりあえず、サックスで。
(音楽にならない、なにか)
あれぇ?なんか…違くね?
運指表、運指表。
…サックスってそんな、
運指だったっけ。特に、半音。
謎の、フルート運指…
あー。あー。あー!
「基本、サックスなんだけど、
 半音の指使いとかは、
 フルート」なんだ!
F#とかは、やっぱり
右手薬指使いたくなるよね。
フルート吹きと、しては。
ただ、左手親指は、
「オクターブコントロールを、
 がんばりなさい」になるので、
楽器としては…別物、だわ。

えーっと。
まず、ストラップの長さ。
フック側を引っ張ると、
短く、できるので。
「構えたときに、
 歌口がしぜんと、口に入る」
長さに調整してください。
で…
フルート吹きにしか、
わからない話だけど、さ。
どれみふぁそらしど、
第二オクターブで。
これ、オクターブの「切り替え」は、
ど|れみふぁそらしど、でしょ?
フルート的には。
けど、EWIは、
「全部ふさいだ、下のド」が、
どのオクターブでも、
きちんと、鳴るので。
「ド、をどうするか」
オクターブを切り替えないで、
右小指を使ったドを使うか、
オクターブ下げて、
上のドを使うか…を、
うまーく使い分けると、いいかも。

『頭がすげー、混乱する』
高校の時は、
良く持ち替えて、吹けたなー…
まぁ、あのヤマハのは、
けっこう素直な子、だったからねー。

でも、
「電子楽器の、いいところ」で、
夜中だろうと、なんだろうと、
管楽器、吹けるんだー!
ただ…下唇は、
「巻くの?巻かないの?」
つい、巻いちゃうんだけど、
巻かなくていい、らしいです。

RolandのAerophoneは、
運指間違いに「超絶、厳しく」
一個でも運指が間違えてると、
「音が、出ない」という、
けっこう、鬼仕様なので。
パソコン必須に、なっちゃうけど。
EWI USB…
けっこう、いいかもしれない、です。
(462号)

追記:
TASCAM US-2x2経由で
音を出してたから、気づかなかった。
「非ASIO環境」だと、
違和感ありまくりに、
音が出るのが、遅れます。
Windows環境なら、
「ASIO4ALL」という
フリーウェアがあるので、
ASIO4ALLをインストールして、
Akai EWI USB(x64)>
Tools>Preferences、で、
Audio Device APIを
「ASIO」にした上で、
Buffer Sizeを、
「ノイズが乗らない、
 最小の値」にすると、
かなり、良くなります。
ARIA_Preferences
ただ、この方法は、
「CPUパワーで、ブン回す」
方法なので、
どうしてもダメなら、
ASIO対応の
オーディオインタフェース導入で、
一発解決…だと、思います。
(お金かかっちゃうけど、ね)