【放談住宅 2021/11/08】
♪~
みそそらそみそららーららー
どどどそそみそ、れれっどっ
「グランシャトー、
 吹けるように、なったよ」
完璧にネタに、走ってます、
EWI USB。

まぁ、EWIは、管楽器。
単音楽器で、C管だから、
(トランスポーズで、
 何管にも、化けるけど)
思いついたフレーズで、
練習、できるんだけど。
「いちいち、ドレミに
 落とし込むの、めんどくさい」
まぁでも、
久しぶりに楽器と
向き合っているので、
「歌からドレミに落とす力」が、
かなり、戻ってきたねー。
歌って、「歌詞」があるから、
そこに引っ張られて、
案外ドレミに、落としづらい。
『なんか、ないんか』

調べましたところ、
「メロディー譜」という、
譜面のジャンルがあるらしい。
歌謡曲の、
メロディーが楽譜になっていて、
コードが振られている。
まぁ…それで、充分なんだよね。
ピアノやギターが弾ける人なら、
「コードから、伴奏に」は、
ある程度、できるよね。
そして…
「EWIは、単音楽器」
メロディー「さえ」
あれば、いいんですよ。
うわー…すごい。
場所取らないから、なのか、
一冊で、曲数ものすごい。
しかし、
マニアックな譜面だよなぁ。
銀座の山野楽器、
「ちっちゃく」なったから、
やっぱ、ヤマハぁ?
「今、18:30閉店なのよ」
定時ダッシュ、しよ。
「お先に失礼しまーす!」

DSCN0122
「2冊は、
 いらなかった、かも」
昭和の歌謡曲名曲全集を、
かれこれ…2時間くらい?
EWI USBで、吹いてるんだけど。
かなーり、疲れてきました。

たとえば…
・青葉城恋歌
最近、好きになった。
さわやかだよね。
・青い山脈
老人ホームの慰問で、
高校の時、吹いたなぁ!
…ウィンドシンセで、
チューバのパート、だったけど。
なつかしいなぁ、
ちゃんと「思い出」が、ある曲。
・熱き心に
単純な「ようでいて」
案外、メロディラインが、
めんどくさい。
…まぁ、曲作ったのが、
大瀧詠一、だし。
・潮来笠
いやー!橋幸夫先生ですよー!
ただ、時代が時代なだけに、
上がり下がりが、すごい極端。
・お富さん
春日八郎の大ヒット曲。
ただ、
「なんでお富さんが、
 死んだことに、なっていたのか」
最近まで知らなかった。
『粋な黒塀 見越しの松に
 仇な姿の 洗い髪』
はぁ!
「そういうこと」だったのか!
…ほんとうの、
「大人の世界」だよねー。
・学生街の喫茶店
たまに「ものすごく」
聞きたくならない?この曲。
妙な中毒性がある、気がする。

『半分に、届いてないからね、
 ここまで吹いて』
知らない曲は、飛ばしていても、
結構な曲数、吹きましたよ。

「この2冊、
 ピアノ買った後にも、
 十二分に、役に立つよ」
左手で、コード弾きするか、
両手でコード弾きしながら、
歌っても、いい。

いやー…いいもの、買った。
「EWIの、
 練習題材、もりだくさん!!」
あ…『与作が、ある』
最近、奇跡的に発見されました、
ショパンの「与作」ですよ。(うそ)
しれぇみぃ~~~~
ふぁ~~~~~みれしぃ~~~~

『やっぱり。
 かなーり、疲れた』
管楽器ってやっぱり、
体力、使うんだねー。
…でも、たのしい。
(465号)