まぁ、
「耳の穴の中に
Bluetooth受信機+
アンプとイヤホン」
突っ込んでるんだから、
「疲れ」はするわね。
それなりに「重い」から。
「遮音性」もいいし。

まーそういうときは、
外して休めばいいし。
その時にケースに入れれば
充電してくれるし。

滑り止めアタッチメントの
突起が3種類あるから、
イヤーピースも含めて
合うの見つければ、
「まず落ちない」と思うわ。
今日も多少小走りしたけど、
まったく心配しなかったし。

あーあと突っ込まれるのは
「片Ch運用」か。
…それこそPlantronicsや
Jabraの片耳ヘッドセットの
出番じゃない?
それなら10時間くらい
聞いていられるし。理論値で。

「お手軽8千円で」
(あたしは中古で安く上げたけど)
「それなりの音で」
「トゥルーワイヤレスが使える」
っていうのが、
こいつの真価じゃないかなぁ。
…もちっとお金出すと、
選択肢が広がるけど。
残念ながらその辺は
中古で出てなかったのよ。
「お手頃に手堅く作る」は
Ankerの得意技でも
あるんだし。

そりゃー「お金出せば」
いいものいっぱいあるわよ。
多少は「犠牲」もでるわよ。
例えば、右Chが親機に
なっているので、
親子のバランスが崩れると、
「センターの定位がずれる」
たまーに起きない訳じゃないけど、
あたしは「そこまで」
気にしてないなぁ。
…万出してたら気にしたろうけど。

あ、ものっそ
「遅延」するので、
動画とかは全く不向き。
これはデコードと
エンコード繰り返す構造上
仕方ないと思うわね。
↑iOS+YouTubeだと顕著、
iOS内のムービー見るなら
「それなり」…?
でも、ミリ秒聞こえる人には、
「きになる」かも。

明日の就職面談に
いい「応援団」が
ついたって感じね。
♪たてーうえたるものーよ♪