今朝、「あそこまで」
寿命を気にしていたのに…

一番危険な、
中古SSDに手を出してしまいました。

…だーって。
WindowsUpdate、
終わる気配がなかったんだもん…
週末、きちんとした新品買うし…

目的は、OptiPlex 980の
Windows領域で使うために。
…Win10Homeだから
めったに起動しないけどね。

「メーカ不問で税抜き1980円」
120GBでね。
でも、プチプチの上からメーカを
読んでいいよ、とのことだったので、
新品ではまず買えないIntelを
選んでみることに。

帰ってきてWindowsインストールして、
真っ先に診断。
モノはIntel SSD 320でした。
ちょーっと、古いかな?
調べると2011年発売の模様。

まずはIntelのツールで診断。
7TB強の書き込みをしてある模様。
TBWは諸説あるけど15TB。
半分くらい使った感じ?
CrystalDiskInfoでも
特に異常値はなし。

古くてもSSD !
WindowsUpdate、あっさり終わった。

で、Windowsインストールを
してしまったので、
GRUBが上書きされたので、
DebianのインストールUSBメモリの
RescueからGRUBの再インストール。
WindowsとDebianの起動を
確認。よしよし。

んー。
これ、監視しながら、
当面、OptiPlex 980で使おう。
いや、本気であるのよ、
「今日はWindows起動しなかった」
って日が。それも結構な割合で。
普段はOptiPlex 980、Linuxが
起動しっぱなしだから。
残りの7TBちょっとの書き込み、って
そうとう先になりそう。

でも。あたしはたまたま
「半分あたり」を引いたけど、
もっと書き込みしているSSDも
中古に出てるんじゃないかしら。
特にジャンク通りあたりに。
おすすめはできないわねー。
あくまで今回は、
「お金かけられない!」ので、
百円単位まで切り詰めたから、
そういう理由で中古を見つけたの。
で、どのくらいヘタっているか、
半分楽しみで買ってきた、って
感じかしらねー。
…拍子抜けするくらいに使えたけど。
そして、残り書き込み量あったけど。

「いいお買い物でした」とは
言えないけどさー…
でもまぁ、普段は絶対に手を出せない
IntelのSSDだから、まぁいいか。

ちょーっと、遊んであげて、
多分あたしの使い方だと
年単位で持つから、いざ買い替えのときに
悩めばいいかー

…とりあえず、Windowsの
環境設定しようっと。