SSDの運用ね。

・表のOS
 (OptiPlex 980ならDebian、
  NECちゃんならWin10)
 →新品の240GB SSD
・裏のOS
 (OptiPlex 980ならWin10
  NECちゃんならDebian)
 →中古120GB SSDを
  よーく監視しながら使う

新品で買うのは、値段と信頼性の
てんびんで、Crucial BX500かなー。
120GBだとWD GREENと
そこまで変わらないんだけど、
240GBになると結構変わる。

実は、別のところでも
中古の120GB SSD買っているのよ。
Micron名義のもの。C400。
日本だとCrucial m4として
売られたもの。
多分ノート内蔵の取り外し品。
2つ中古SSD買ってみて思ったんだけど、
…SSDの寿命、けっこう長くない?って。
これ、ちゃんと監視していれば、
保証3年気にせずに、というか
監視結果を気にしていれば
そこまで怖くないんじゃない?って。
現に中古品、10年近く使われた
SSDだもん。それでもまだツール上では
余命充分。
で、裏のOSだから、普段使わないので
当然、書き込み量も少ないから、
…中古でよくない?って。

まぁ、中古も買う店選ばないと
怖いけどね。きちんと買い取り時に
査定している店でないと。
がさーっと抜き取り品扱っている
所だと怖くて買えないわね。

中古なければ、120GBの安いもの。
WD GreenかCrucial BX500のうち、
その時に安いものね。
さーすがに
ADATAとかSilicon Powerはコワイ。
あーでも。WD Greenは総書き込み量が
出せないんだった。
ならCrucial BX500かなーやっぱり。
…でも安いは正義。安い方。

SSDも、使ってみないと
わかんないものねー。