すっごく昔?に、
親から受け継いだ「技」

「紙折り」

必要なもの
・折る紙
・指サック(必須!!)

親、はプロってるのでー、
50枚とかやっちゃうらしいけど、
あたしは20枚くらいでやるかな。
それでも、技持ってると
すっげー早く折ることができる。

・紙束取る
・まとめて折る
・ふんぬ!としっかり折れ線入れる
 (マグカップとかあると、
  思いっきり力かけられるので、
  あると嬉しい…)
・右親指に指サック装着
・左手に折った紙束を持って、
 一回、空気入れるためにさばく。
・左手に持っている、折った紙束を、
 右親指の指サック使って、
 一枚ずつ。
 しぱん!しぱん!と「落とす」…か、
 しぱん!しぱん!と「右手の中に入れる」
 (あたしは手の中に入れる派)
・まとめて。仕上げ折り。

あっ!という間に二つ折りできる。
調子いいときは、「しぱしぱしぱしぱ!」って
感じ。ちょー早い。
仕上がりもねー、慣れた人がやると、
そこまで。悪くない。
社内向けの書類だったらやっちゃうかな?
ぱっと見では。「…順番とか大丈夫なの?」と
疑われますがー。まず、狂いません。
(早く折れた時間を使ってチェックするけど、
 あたしは一回も順番ずれ起こしたことない)

某お役所の職人技…なんだけど、
残念ながら。今では紙折り機使うので、
この技、途絶えつつあるそうです。

紙折りの時でも!
チェックのときの「めくり」でも!
「指サックを効率よく使えているか」
ものすごーく重要!

一時はメクール派だったときもあるけどー…
やっぱ。毎日ものすごい量の紙扱ってると、
行きつくところはやっぱり指サックかなー。

細かいツメ。下準備。
結局、仕事を効率的に…って、
事前に整えるもの整えておいて、
ずどん!と一気にやった方が、
速いし、正確だし、なによりラク。

機会あんまないと思うけど…
いらない紙が大量に出た!とかあったら、
おためしあれ☆
…けっこう出来るとキモチイイよ?