んー(パキパキ
あたしが持てる力をってさー(ポキポキ
好きじゃないんだけどなー(パキィ!

…まず、このおっさん。
ダブルスタンダード?とも思ったんだけど…
…その場でテキトーなこと、
フカしてるだけなんじゃないのー?
「知ったか」でー。
このおっさんの中では、
今後、金利は「上がる」の?「下がる」の?
…記事によってそれが違うのよ。
あたし?個人的には上がると見てる。
「金利高いとこまるの!」というところと、
「金利低いの困る…(ぷしゅう」というところ、
そろそろ。後者が音を上げそう。
あと、「人為的な低金利が原因のひずみ」が
かなり目立ち始めている。
ただ。政府としても日銀としても、
「出口」に困っている、というのが
あたしの見方かな。
景況感としては残念ながら下げてしまったし。
けど。「いける!」のタイミングは
たぶん逃さないと思う。
なので、長期的には金利上がると読んでいる。

でね。
保険業に関しては、日本では
「限られた人のための、特別な!」という
商品、ないから。
…言いきっちゃう理由は、
業界人なら誰でもだまる保険業法300条
(保険契約の締結等に関する禁止行為)
保険業法300条の5は、こうなってる。
「保険契約者又は被保険者に対して、
 保険料の割引、割戻しその他
 特別の利益の提供を約し、
 又は提供する行為」
つまり。おっさんが言うような、
「限定された特定保険商品」なんて
やろうものなら…
「特別利益供与」で、アウトー!なの。
そもそも論でいくと。
「生命保険会社」は、免許制だし、
「金融庁による商品審査」だって、
きちーんとある。
今の時代、アウトラインだって
公開されている。
…ねぇ。
…なにを「お勉強」するの?
おっさんがやってるNPOに、
たっかーい!お金、払って。

「お勉強」してるんだったらさー!
「乗合代理店で50社の見積もり」
…なんて言葉は出ないはず。
だって。金融庁が出している
免許一覧で、
「生命保険会社」は41社。
「外国生命保険会社」は1社。
42社
その内、銀行窓販特化とか、
法人に注力とかあるので、
実際に「個人向けの設計書」が
出せる会社の実数は減ることになる。
そして、代理店に商品卸している
生命保険会社となると…また実数は減る。
…えらそーな名前のNPOを
やってるおっさんさぁ。
「あたしごとき」に、
なにタコ殴りされてるのさ。

ま。ここからは枝葉だけどー。
…NPO法人の定款って、
実はインターネットで読むことが
出来るのよね。
…却下事由がないから、
法的には問題ないけど…
「手書きで修正」は、ないんじゃないー?
仮にもさ。広くお金募ってるんだよね?
「信頼に足るNPO法人」でければ
ならないと、あたしは思うんだけど。

…肝心要の論点は、
「この記事では」勘弁してあげる。
…次の記事で書いちゃうかもだけどね。