「個人的な感想」です!
「何かの判断」には、
まーったく!適しません!

…と。逃げを打ったところで。

ちょい前?
「…あたしに聞かれても…」
という、相談事が舞い込んだので、
気になって、色々調べてみた。

…メガバンク。
「5千円で組んだスーパー定期も、
 一千万で組んだ大口定期も、
 利率、って一緒、…なの?」
軽くびっくり。いや、そうなんだけど。

銀行の収益構造って、
「基本的には」
預金でお金集めます。
貸出でお金貸します。
預金金利より貸出金利の方が
「高い」ので、金利差が出ます。
金利差が収益になるのね。

…が。
借り手、ないです。特に地銀あたり。
それは責められないよねー…
例えばよ?地方企業の経営者だったとする。
これだけ、見通し立たないのであれば…
お金借りて設備投資しても…
回収できなきゃ、会社が…だよなー!
…みたいな感じで、電卓叩いているか、
Excel組んでいるかだと思うのよ。
そこに銀行さんが行ったとしても…
「借りる余力がないです!」と
断られても…しかたない。うん。

残る手段は、安定資産で
運用、なんだけど…
リスクが小さい「短期国債」
見事に、金利マイナス!
財務省発表によりますと、
令和元年5月30日基準で、
1年国債 -0.157
2年国債 -0.169
3年国債 -0.18
「お金が減るか、お金を出すか」
いずれにせよ。減ります。…って
「減ってどうする」
長期国債だと価格変動しちゃうし、
社債…破綻リスク織り込まないと。
国内株式…やはり価格変動、
加えて破綻リスク。
銀行さんとしては、
「どないせーちゅーんや!」
だよねー…
体力というか営業力あれば…
窓販商品駆使して、
「手数料収入」
個人的には。
…銀行の収益構造としては、
「本来的ではないんじゃない?」と。

政府・日銀の思惑としては、
「こっちゃ向くな。
 貸し出せ!」なんだろうけど…
借り手の視点に立ってみれば、
「怖いから、借りたくない」
割と「どーすんのよー!」状態。

若干救いなのは、
内需が充分に大きいので、
この問題はある意味、国内で閉じる。
完全に輸出依存経済だったりするとー…
「おっかないわね!かなり!」

ある意味で。
「健全な」ってことを考えるとー…
せめて、ゼロ金利…?
「マイナスからゼロへの金利差」が
あるので、
いろんな金利上がると思うけど。たぶん。

「ひといき」つきたいけどー、
…わりと。どうしようかしらね。これ。