星のかけらの宝箱

Xジェンダー、MtXのブログですがー…最近は、「墨田区民と北関東民ホイホイ」ですー…

2019年06月

今日も元気に スーツをきめたら
「首輪」をぶらさげ ふせん書き!

ツッパリHigh School…金融機関、だった。

「ふせん」書かない、日はない!
何でも書いとけ、メモっとけ!
どっかしらに、貼り付けとけ!
捨てるのは、いつでもできる!

あ゛ー、やっぱここは、
「単純な話」じゃなかった、じゃーん。
調べて、よかったー☆
「云々は特別対応、だよ。」

…ん?
「うん…約束、だよ」

ありがーとうー♪
いわなーいよー♪
ずっとーしーまーってー、おーくー♪
さよなーらはー 翳りなーいー♪
夢のーあとー、
静かにー 降りー立つー♪

両手には降り注ぐかけらを
いつまでもいつまでも抱いて
最後まで笑ってる強さを
もう知っていた

…行ったわよ、「守口市駅」
しかも。何回も。

ここでも、しょっちゅう出て来るけど!
「なになに、だよ。」という、
「語尾のクセ」
口には絶対出ないけど、
書くと!すぐ出る!

もうこれは…
一生、抜けないわね☆

…うぐぅ。

Fで!
「XSPのJCL経験」あるひと!

…あのさ。
\ JEND カードの後、
\ FIN カード、入れてた…?

JCL的には、
「入れなくて全く問題なし」
JENDカード入ったら
「終わる」はずだから。

ただ。なんとなーく?
気分的に?
「すっきりしない」ので、
あたしはFINカードで
終わるようにしていた。

「FINカード入れる派」
だれか!いない?
…いなさそー。

「NDB」
ネットワーク型データベース。
「ワケワカラン☆」けど、
COBOLのOCCURSとの
親和性も高くて、
「頭から、作る気は起きない。
 できてるなら。使いたい」
そんな感じのデータベース。
おともだちいわく。
「アレは。設計の時は。
 『数学者』がやるものだ!」
…わからん、でもない。

「某所の再構築したい!
 けど、人員まったく足りてない!」

「育つかどうかもわかんない」ので、
予定一名のところ、四名も確保されて。
1ヶ月くらい?仙人部長の実践講義。
お勉強中に、絶対やらかすミスがある。
「レコードが、
 ネットワークから外れちゃった!」
仙人部長にイヤミ言われつつ…
DBSPで、直接なんとかするー☆

「育ち方」からして、
あたし、「当たり」かなーと、思ってたら。
「家が近い」という謎の理由により、
他のメンバーが「当たり」になって、
あたしはリリースされた。

数か月後。同期が会社のお金で、
たっかい!メーカー研修行った。
直帰すりゃーいいものを、
帰ってくるから…あたしの餌食になる。
「だから!
 GET ANYで一発目を決めるでしょ!
 WITHIN使って、
 GET NEXTで下に降りて来るでしょ!
 GET OWNER使えば、
 別の上に上がれる、でしょ!」
「課長~。。。
 研修行った自分より、
 『関係ない隣の課』の人のほうが、
 詳しい、です~」
10年単位で触ってないから、
間違えてたらゴメンネ☆
…GET PRIORってなかったっけ?

DB-EXCEPTIONは13、だよ☆

それはまだ私に髪の毛がいっぱいあった頃
9月のとある木曜日に雨が降りまして
それに放射能が混じっていたかどうかは知らないが
気が付いたら私の大事な毛が抜けた

わーれはゆくー♪
かみのーけのー、すくなーいーまーまでー♪
誰かとめろー!

おほん。

新卒の会社はー☆
何を言っても。こわくなーい☆
だーって。
あの会社。お星さま、だもーん☆
(NSとS金がくっつくとは、
 誰が予想できたのよー!)

ホストはいた!GSが!
DASDもいた!一台だけど!
LPRもOPRもいた!
…ただ。
無停電電源装置がなかった!
24/365運用なのに、よー?

「そろそろ、帰ろうかしらねー♪」
などと。20時ごろタバコ吸ってたら。
「ふっ!」っと一瞬、暗くなった。
「ぴーーーーーーーーーーーー」
…ホスト、落ちたぁ!

あたしの管理範囲は、
オープン系なので、
サーバ回り確認…全員生存。
つえーな、DELL!
よわっちぃな、FACOM!

「なんつーの。氷室君。ちょっと」
「仙人部長」に言われるがままに、
「メインコンソールの前」に
座らされるあたし。
「画面のまま、流して。
 あ、なんつーの、これ間違いで…」
ワケワカランまま、
=J AIM,うんちゃらかんちゃらと打って。
「JOB見て」
はいな。
「…うん。なんつーの。
 これで、瞬停の時は
 氷室君がいれば大丈夫だね!」
「ちょっと待ってねぇねぇねぇ!
 ハードコピーどこに出るの!
 間違えてたのってどこが、なによ!」

「エタノールの影響」により、
その後の記憶、混乱。
金なんか払うもんか。上役が出せ!

翌日午前中。
「なぜか、あたしの手で」
「電算機保全手順書」が出来上がってた。
もちろん、「謎の正規黙認版」
軽く意味わからん。

「貸してた系統」があったんだけど、
そっちは、「眺めてればいい」という
仕組み、だった。
その後、別の現場でその系統を
見ていた人に聞いてみたところ。
「うん。夜中起こされるのいやだから、
 SCF、組んだ!」
「こっちも組んでほしい!」
「ぜったい、いやだ!」
…不毛なやりとりが、ありましたとさ。

その後電算機は。本社のごたごたで、
流浪の電算機になったあと…
どーなったんだろ。しらない。

「こんな」だからさー!
締めるたんびに!
「小銭が、合わない!」って
おおさわぎ、するのよー!

まぁ。逆にいえば。
「それが許されていた」
時代、だったのよね。

なんか?
アクセス解析みたら?
平均年齢が、10歳ほど?
「上がって」たんだけど?

「その歳」ならさー!
でーっかい席でふんぞり返ってるか、
「仙人」としてマシン室の主になってるか、
どっちか、でしょー!

まぁ…
昔の現場は、楽しかったよねー。
調子こいてテープ流して、
うっかりテープ切っちゃって、
「うぁー、デッキ持ってさん孔室だー!」
…そこまで、としよりじゃなーい!
デッキに「ぎゅーっ!」っと、
マジックで斜線、引いてないよ…?

おほん。

というわけで、
思い出せ、としよりども!

…思い出せないの。
確かFM-Rに、
「謎のOS」が、あったはずなの。
DOSでもない。CP/Mでもない。
PTOS…それN5200。
IFOS…それミドル。
「そんな感じで英数4文字」だった
うっすら記憶。
本気で、「たまに」
…半年に一回くらい、用事ができるの。
本社の人間で、触れる人が
あたし含めて3人とか、そんなレベル。

「FACOM 9450じゃねーの?」
という、電波は受信したんだけど…
いや、ヤツは潰し回ったという
話を、「酒の席で聞いた覚えがある」

「んじゃ、K-100じゃねー?」
いや、Kって確か、
アホみたいに高かったよね!
あのケチな会社が買うとは…
いや、「一応」GSは飼ってたからなー…

と。21世紀の今調べ回ったところ。
「APCS」じゃないの?という
「すっきりしない」結果に。
…なんかちがうんだよなー…
ただ。「EPOCALCを捨ててくれない」
と、無駄な会議をした覚えがうっすら…
「APDFとごっちゃになってる?」
APDFは使いまくったよ?ホストで。
INFJOB出しっぱなしにしてると、
自動リフレッシュで
セッションが切れないから、
ごにょごにょ…これ時効だよね?

確かに。FG/BGでDOS使えて、
そーんなこともしたような覚えがあって。
けど、DOSだとFDが読めないだか
何だかあって、
「そのためのフロッピー」を
どっかに持ってた…ような気がする。
ただ。「落とすとき」は、
OFF/EじゃなくてPOFF叩いていた…
DOSで動いていたF6680と
やっぱごっちゃになってる?

だれかー!おぼえてないー?

むかーしむかし。
…まだLANが10Base-Tだったころ。

「PC間をLANで直結」とか、
「ハブ間をつなげたい」とかで、
たまに?需要があったのが、
「リバースケーブル」
ストレートとは、
結線が「じゃっかん違う」

作るのは案外カンタンで、
生ケーブルと、コネクタと、
結線工具とケーブルテスタがあれば、
手間はまーったく、かからない。

ただ。「欠点」がなくはなく。
・タグが外れてしまうと、
 ストレートケーブルと見分けがつかない
・あとでストレートに変えたいときに、
 張り直しになることが、けっこう、ある。

「ながーいリバース作っておいてー」と
言われたとき。はたと思った。
「リバースってさ。
 なにもケーブル全体が
 リバースでなくても…
 ケーブルのどっかしらで
 リバースになればいいんでしょー?」

そこで生まれた。
「王様のアイディア」的なもの
『リバースアダプタ』
3センチくらいの、
みじかーいリバースケーブルと、
「中継コネクタ」のセット。
こいつをかますと!あらふしぎ!
「ストレートケーブルが、
 一瞬でリバースケーブルに!」
…誰でも思いつく仕組みだけどね。

出張でも邪魔にならないし、
使うと便利っつーことで、
社内でそれなりに流行った。
あたしも。片手くらいは作って、
プレゼントした記憶。

今はもう!NICもスイッチも
「あたまよく」なったから、
LANケーブルの
ストレート・リバースを意識するって
あんま。なくなったけどね。
「ほぼ」ストレートだけでいけるはず。

お年寄りが若いころは。
こういう苦労も、あったのよ。

100Base-TX以上では、
この方法は、
「ボトルネックの原因」に
なりかねないので、
おすすめしませんー。
大人しく。色違いのリバース買って☆
あと。リバ・リバで
ストレートにする、ってのも、
美しくないから!やめようね!

ほんきで!
「言われたときは『?』だった」

『SNA Serverで、
 FNA、とおらんの?』

…そら、FNA系のモノは、
たっかい!けどさー。
確かに。お安くなりそうだけど。。。
FNAのベースはSNAだろうけど。。。
「もう、別物じゃないのー?」

MS的に?かるく?
「いけそうな記載」もあるけどさー。
なぜか。構築されていたテスト系。
汎用機系にネゴって
ごにょごにょ、したけど、
「うごかねー!!!」

富〇通さんがチームで来たので、
正面突破!で、
「SNA Serverって動くのかしら?」
と。聞いてみたところ。
「あくまでFNAなので、
 ウチのプロダクト使ってください!」

撃沈!
あくまであたしは
「別部署からのヘルプ」だったので、
おとがめなし、でしたー☆
…入れられたところは、
「あるよう」なんだけどね。

いにしえの。
…Win9x系が生きていたころ。

「リースアップを
 ごにょごにょしてでも、
 現場には、一枚持っとけ!」

『3comのPCMCIA LANカード』

こいつが!なぜか!
「NT Serverにこそっとついてる、
 DOS版のLAN Managerクライアント」
…に、こそっとついてる、
「PCMCIA LANカードのドライバ」
で、確実に動く!ので。

IBMのカードでも動いた気がするけど、
やっぱ確実に動いたのは、
3comかなー。

昔は。ロッカーとかそこここに、
こそっと。隠し持ってたなー。
…台帳?しらない☆

「まともに買う」と、
「案外高かった」記憶。
「たまに、よくある」し、
「軽く泣きを見る」のがー…
『しっぽ、なくした!』
地味にタカいんだ、アレ。

いまさら、どうする!な、
「お年寄りの悪知恵袋」でしたー☆

「いまさらそんなこと、
 どーするんだよー」シリーズ。

「WindowsNTのCDはあるけど、
 フロッピーがなくて、
 インストールができない(泣」

〇ラクチンコース
・何とかして。Win9x系のマシンを用意。
・CDを突っ込む
・「command.comを使って」
 WinNTのSETUP.EXEをキック!
・フロッピー要求されるので、
 大人しく入れると…
「起動フロッピーのできあがり☆」

〇本来のコース
確か。NTのSETUP.EXEに
「オプションがあった」気がする。
いまさら持ってないし、
調べる気も、ないです。

…NETコマンドと、
「なんか美味しいお酒飲ませてもらった!」
という、記憶とともに、
思い出したので。それだけ!

諸刃の剣!
切れ味の良すぎるかみそり!
ヘタこくと、おそろしい!

…けど。
「使えると、軽くベンリ」なもの。

「コマンドプロンプトのNETコマンド」

ぱくっと触った感じでは?
Win10でもいける感じ?
Win10のADは、
「まともに触ったことがない」ので、
どこまでか、は不明。
「対話型処理」に不可欠だから、
動くとはー…思うけど。
そのへん、流行りはやっぱ、
…PowerShellなのー?

「このユーザのグループ調べたいなー」
GUIだと「軽く遠い」
NETコマンド触れると、このコースが使える。
・Win+R
・CMD[enter]
・net user [userid] /domain
あとは、黒い画面をふにふにと。
CMDが大文字なのは「字面的なもの」なので、
とうぜん、cmd[enter]でかまわないです。

あとは…net useかなー。
個人的には。net useの/add は、
「あんまり信じてない」ので、
そこはGUI使うけどね。
ごめん。/addオプションは
net userだった。たぶん。
…使わないから忘れたよー(泣

削除系やいじる系のオプションは
「触らない方が安全!」
うっかり「イク」と…
「もどせないかも」なので。
「自宅でWORKGROUPで動いてる」なら、
壊す覚悟でいじってみても、だけどね。

NETコマンドなー。
最近、あえて使うのー?
いや、使うと思うけどさ。
あたしはー…
「初めてまともに触ったLAN」が、
OS/2のLAN Serverなんだよ!
…おとしよりでーす。
あの頃は。
「むしろNETコマンド」だった。
何するにしても。
大昔は「ムチャ」できたよねー?
Win9x系で起動フロッピー作って、
NT ServerのDiscから
LAN Managerのクライアント取ってきて、
「なぜか動く」PCMCIAのドライバを
config.sysで組み込んでー…
「光学ドライブないノートPCに、
 無理やりクリーンインストールだ!」
何度か。やったなー(遠い目
(今はぶっちゃけ
 「USBメモリ最強!」なので、
 …この手は。あえてしなくとも…)

使えると、速いしベンリなんだけどさー…
「SVに見つからないようにね!」
開発系なら…
「不整合の原因作ると、めんどうだよ!」
痕跡の消し方、とかは、
「他をあたってください」ぺこり。

…Oracleかー!
思いっきりサポート外じゃーん…

…んー?
まさか。
「SCOTT/TIGER」生きてる…?

…接続、できた!

あまりにも。おっかないので。
SV経由で丁重にお断り、しまーす…

…なくは。なかったんだけどね。

むかーしの、Officeには。
「SQLでひょいひょいと操作できる、
 MDBファイル用のベンリツール」
みたいなもん。あった気がするんだけど…
最近、ないのー?
Microsoft Queryとも、
また違う気がする。

ODBCまで使えたかは覚えてない。
感覚的に近いのが、実は
「SQL*Plus」なんだけど…
思いっきりOracleだよね!

あれー?気のせい、かしら。

そりゃーさ。
「MOS、持ってます!」だと、
すぐわかる、けどさ。
…高いし、めんどっちいじゃん?
あたしはMOS持ってないでーす。

「実戦レベルの
 Microsoft Officeの『めやす』」って
なくは、なく。

・Word
「差し込み印刷までは必須」
表は、図形に頼る方法と
罫線で作る方法両方できること。

・Excel
これだよね!っていうのが、
「VLOOKUP関数が組めること」
ちゃんと、TRUE/FALSEの違いがわかって
使い分けができること。
(まー、普段はFALSEだけどね)
ピボットテーブルは…
「案外、なんとかなること多い」

・PowerPoint
スライドマスタの理解は、
「おっきい会社」ならありがたいけど…
(全社汎用スライドマスタとか
 用意しているところはある)
「スライドショーでノート出せるし、
 作るときの入れ方もわかる」
スライド作成は、それこそ
ひょいひょい、とできないと、だねー。
エフェクトの類は…
使い過ぎると、ダサいよ?

・Access
「自分が納得できること」以上!
…いやー。
「理解できていないものは、
 説明もできない」ので。
むかーしむかしに、
「VBとOracleでがしがしやってた!」
なら、まず大丈夫。たぶん。
やっぱ。さっきのこれか。
・テーブル作成などの操作
・クエリは選択/追加などひととおり
・マクロは「読みこなせれば可」
フォームは…がんばってね☆
(最近あんま見ない気がするけどね。
 フォームまで作りこんだAccess)
個人的には…
テキストボックスがDB直結って
キライなんだけど、
そこ制御したいとなるとVBAに
なっちゃうからなー。おこのみで。

・Outlook
案外、実戦で求められるのは…
じつは。「Exchangeとの連携」
個人じゃある意味どうしようもないのでー
(それこそエンタープライズの
 Office365とか必要になる。
 Exchange Server立てたい…?
 おっかねもちー☆)
ただ。「そこまで難しくもない」ので、
実戦についてからお勉強しても、
そこまで苦しまないかも?これは。
例としてあげるならばー
「予定表で、ほかのユーザの
 予定表の開き方と、
 「あとしまつ」ができること」
…「予定表の削除」で
びっくりしているうちは、まだまだ。
(「Outlookから削除」という
 意味なので、Exchangeの
 予定表自体を消すわけ、ではない)

・Office共通
「図形いじるときに、
 Alt/Ctrl/Shiftが駆使できる」
…押せば、ポインタ変わるから!
もしくはドラッグの感触変わるから!
覚えてなくとも、なんとかなる。
コレできると、組織図とかは、
「ちょちょいの、ちょい」で、すぐできる。

全般的に。
「派遣の登録の時のスキルチェック」は、
確実に通過できること。
でないと。IT未経験だと、
場合によっては案件を
振ってくれないことも考えられるので。

逆に。
「これぜーんぶ、よゆうだよ!」
なら。トークスキルさえつけば、
ユーザサポートで、
ごはん、たべられるよ!
案件は、案外「つながる」ので、
まー切れても…そこまで怖くない?
ただ。「好評価で終わってること」
でないとたぶん、営業が怖がる。
営業が味方につかないのならー…
派遣会社、かえちゃえ!
(派遣会社に関しては、
 一社で複数案件つないでると、
 営業としても、「売りやすい」ので、
 できれば変えたくないんだけどね)

あのその。
言い方は、悪いんだけど。
いわゆるそのー。
「就労移行支援とかのOfficeの初歩」
だとー…
サポートはやめといたほうがいいです。
顔合わせがたぶん、とおらない。

タッチタイピングは「できたら嬉しい」
意外と、サポートの現場にいても、
キーボード見て打ってる人は、
「いなくはない」ので。
…あたしは、まーその。
いろいろと…
「スキルチェックでのタイピング速度の
 新記録!」実は続けてたり、します。
(某所では、「ワープロ検定1級相当」
 だ、そうな)

現実問題。
「いっちばん、つおい!」のはー…
実は。「庶務のおねいさん」だけどねー…
「Excelだけで、よく作りこんだな!」
みたいなもん、送り付けられることも、
よーく、ある話。

やっぱ、実戦ってつよいよねー。
というところで。ひとつ。

…ネタ、ないの。
「おしごと」がねー、
けっこう、このー、
「社外秘☆」の塊、
だったり、するのでー…
「うっかり」すると
「おしおきよ!」
…おっかない!

ので。
前職より前のネタなら、
アリ、かなぁと。

あたしは、結構長いこと
「派遣さん」やってたけどー、
ずばり、「派遣さん」って
呼ばれたことは、実はほぼ、ない。
むしろ?
「…あたし派遣さんなんだけどなー」
と、思うことも良くあったり。

基本、「経歴」って見られるし、
ある意味では「売りもの」だったりするの。
一発目、「金融機器サポート」に
行ったときは、
実は別案件で行こうとしてたの。
ところが。
「金融のご経験、長いんですねー…
 人員不足してましてー…
 ご抵抗なければ、ぜひお願いしたいです!」
断る理由がなく。
ちょっと「グリコのおまけつき案件」でもあり、
そのまま、受けた。

次は、経歴に
「受電経験」がついたのでー、
案外早く決まった。
その次は、もう即効即決。
(ただね。「現場変わるとき」は、
 「無給期間」作ってでも、
 「お休み」はさんだほうがいいよー。
 けっこう、連続はツラいから)

サポート系で派遣さんしようとしたら。
当然に、Windows/Officeは必須になるけど、
経験上、すごく「売りもの」になるのが、
「Microsoft Accessのサポートができること」
Excel/Wordはごろごろ、してるけどー、
Accessになると…体感で…
「ひとケタ減っちゃうかも?」という感じ。
Accessで、そうねー…
・テーブル作成などの操作
・クエリは選択/追加などひととおり
・マクロは「読みこなせれば可」
…かなー。
「めんどっちーなー…
 IN SELECTかまして
 がっちゃんこ、しちゃうか!」
これは、かなり上級。
(SELECT ほにゃらら
 FROM ほんにゃら
 WHERE なんちゃら
 IN (SELECT ほんだらら…と、
 「SELECT文の中に
 SELECT文を突っ込む」)
…ビルダでできたんだっけ?
あたしは「めんどっちい」ので、
SQLビューに切り替えて、がしがしと
SQL書いてAccessに読ませる派なので。
…日本語使われてると
じつに「めんどっちい」
VBAはサポート外のところがほとんどだけど…
「VBAを見つけられる能力」
これあると。強い。
「動きが…おかしいなー。
 なにか、いるでしょコレ?
 いっちゃえVisual Basic Editor!
 …やっぱりめっけ!」
お客さんにも開いて見てもらって、
「VBAなのでサポート外です☆
 作った人に聞いてください☆」
正規対応なので、なーんも問題ないです。

理由も、なくはなく。
何しろ。Access触りたいとなるとー、
OfficeはProfessional以上が必要になるのでー。
昔はともかく。今鬼のように高いです。
MS直販でー…
Office Professional 2019がー
「¥64,584-」!
あたしのパソコンより高い!
今の構成、マジで2台買えない…?
そんな感じ。
なので。実は法人である程度規模あれば、
Office365のE3って、高いけど、
「お金払ってりゃー、
 最新のOfficeのPro Plusが
 確実に使える」と考えると、
…そこまででもないかも?という感じ。
「使う人の頭数」でライセンス結べるはずなので。
(経験上、「商流は選んでね☆」なんだけどね)
「ちょー本気のサポート職人」までなると、
なんと!「個人でOffice365 E3契約している人」
…いたりする。変人と言われるけど。

Excel/Wordだけだと、
案外蹴られるときは蹴られる。
PowerPointがー、スライドマスタまでわかる。
これだけでも蹴られる確率かくんと下がる。
そこに「Accessの実戦サポート経験」
経歴に乗るとねー…
つおいときは、ちょーつおい!
顔合わせ、あっさりとおったりするよー?

なので。
「触れるならば、
 触っとけ、いじっとけ、使っとけAccessは!」
何万レコードもあるExcelだったらー、
Access化は考えた方がいいかもね。
…なぜか泣いてるあたし。だー(泣

派遣業法改正あったけどー…
案外、売り物になるし買ってくれるよ?
「Accessの経験」って。
…今Office Professional
買うと鬼高いけどね!
(昔はもうちょっと安くなかった?
 なーんか、ものすごーく
 Office Professionalって
 高くなった気がするんだけど…)

あと。Accessのマクロは、
「一覧性が悪すぎる!」ので…
「VBAに吐出しして解析」という、
裏技、ってほどでもないけど、
「べんりなもの」があるよ☆

※「おとぎ話」でーす
あくまで。特定の何か、とは
まーったく、関係ありません。
ばりばりに「フェイク」入ってまーす

苗 Prrrr....
…おでんわ?
「はい」
「久しぶりだなー。
 生きてたか」
「…死んでた方が良かった?」
「おもちゃが減るなぁ」
「相変わらず。扱い、雑!」

「で、何よ?突然」
「アレさ、…何か、つかんだ?」
「なんの話?」
「いやーさ。
 お前が『ど正論』言い出したときって、
 だいたい、何かあるじゃん。
 …読んでるぞー!」
「うすうす、そんな気はしてたけど…
 つかんでは、ないよ?
 昼間は仕事で丸つぶれだし」
「光り輝く漆黒の腹!」
「某社でマネージャしてる
 あんたに言われたくはないなー!」
「正面突破ですっぱり、か!」
「…あの夜。あの店で。
 二人で誓ったよね…?」
『潰し合いはしない』
「…若かったわよね。お互い」

「いやー、
 手出し、はしないつもりだけど?
 一文の得にもならないし」
「『殿上人』は?」
「嫌よ、ばっちい。
 あんたなら読めると思うけど…」
「やっぱり、たぶん…」
「ここまで派手にやってたら…
 示し、つかないんじゃない?
 それに…類似、がなくはなく」
「というと?」
「いや…似た格好は見つけた。
 でも、思いっきりアウトー!でしょ?」
「つながってそう?」
「たぶん、別件。
 恐らくだけど、
 あんたが想像している『線』は、
 こちらでは一本独鈷だと思うわね」
「というと?」
「あの調子じゃー…
 誰が考えたとしても、
 つるむには。怖すぎる。
 そっちも『読んで』いるだろうけど…
 脇、甘すぎない?
 ぶっちゃけ、…組める?」
「お断り、だな。
 火の粉が多すぎるってか、
 炎上真っ最中って感じだもんな」
「最悪。こっちに火が付いたら…
 やけど、じゃ済まないわよ?
 あたしは、嫌。関わらない」
「俺もやだな。確かに」

「でもさ。
 追って、はいるんだろ?」
「ひまつぶし、くらいにはね。
 …得るものないし。
 あくまで、興味の範囲だけ?」
「お前の『興味の範囲』ってのが、
 軽く背中が寒いんだけど」
「もう大暴れするほどの
 歳でもないわよー。
 あたしはもう、保身第一よ!」
「…夏は花火だよなー…」
「縁起でもない!
 何も足さない。何も引かない」
「プラマイ、ゼロって言わないか?」
「う…失言だった」

「でだ。これ記事にするんだろー?」
「…していい、のなら」
「カッコイイ、
 有能なマネージャということで」
「嘘は、書けないわねー!」
「…フェイクなしで、書くの?」
「うっ… ちきしょう!」
「楽しみにしてるから!」
「…こんど何か食わせろ!」
「ビジターでウチの社食」
「けち!!」

…なんて話が。
あったのか。なかったのか。
それは…あなたの心しだい、かもね☆

まー。
いろんな業界どこでも、だとは
思うけどね。

「この人、良く知ってるし、
 …聞いてみる価値あるかな?」
という人。
「この人、
 …ヘンな読み方するんだよなー
 …だまっとこ」
という人。いると思うの。
当然、前者の方には情報、集まる。
後者だと、最悪孤立する。

情報が入ったとして。
「伝える」ときに、
・事実はこうです
・考えられる要因は、こうです。
 そう判断した理由は、こうです。
・「打てる手段」は、こう考えられます。
『どうでしょうか?』
これができるか、できないか。

まず。
「事実」と「想定」が
きちんと分けて考えられるか。
「想定」したら、そこに至った
「理由」を説明できるか。
もちろん、「感覚」であってもいい。
ただし、「感覚」だということは、
相手にきちんと伝わっているか。

報告を「受ける側」として考えよう。
まず「事実」はありのままに知りたいよね?
「事実」に対する「行動」であれば、
「なぜ、そう行動するのか」知りたいよね?
ここが、きちんとしていれば。
「言うとおりだ。その方法でお願いする」
か、
「いや、その考えは間違いだ。止まって」
と。「適切に判断」下せるよね?
・「事実」の受け入れ
・「事実」の分析
・上記から導かれる「想定」
 そして、「想定」への裏付け
・「想定」から導き出される「行動」
・その「行動」は、誰もが納得できるか
これを。繰り返す。
「あ、コイツは変なことしない」
という「評価」がもらえたら…
「任せた!」につながる。

…「事実」なのか「想定」なのか、
ごちゃごちゃな人っているのよー。
そういう人って組織では「怖い」ので、
…あたりさわりない「仕事」させたりする。
そこで「静か」ならいいんだけどー、
「なんで私がこんな仕事を!」と、
「ヘンな想像力」で「物語」作られてしまうとー…
余計に。与える情報は絞る。
「人望」とかとは、相当に遠くなる。

「はじめの一歩」は、
難しいことじゃないのよ?
「事実」を見たときに、人間だから
「想定」が入るのはしかたない。
そこを冷静に。「事実」だけ見る。
「事実」を。ありのままに「受け入れる」
自分が不利になろうとも。
自分が頭下げることになろうとも。
「組織」なら、そういうことってあるしね。
そこを。曲げない。
なぜなら、「事実」だから。
「起きてしまったこと」だから。

「その事実、なんとかしたい!」なら…
「事実」「想定」「裏付け」「行動案」
これを揃えて「報告」する。
「未経験の事実!」であれば…
ありのままの「事実」を「報告」して、
判断、あおぐ。
上に立つ人間としては、
かなりの安心感、だと思うのよ?

「事実」の段階で曲げちゃってるとー…
「想定」も「行動」も、おかしくなるよね?
ただ。「目が曇ってる」人には、
これ、伝わらないんだ。経験上。
…しょうがないから、
「別ルート」で「事実確認」したりする。
そして、「事実が曲がって報告されてる!」と
なった場合…
後々困るのは、
曲げて報告した「自分」なんだけどね。

結局のところ。
つながっていくところは、
「正直」「素直」だと思うのよ。
「バカ正直で損した!」と、
「画策したけど失敗した!」では…
前者のほうが。寝心地いいよね。
そして「正直」「素直」で、
運よく「人望」得たならば…
情報は。自然と入ってくる。
その時こそ。
「天狗にならずに、脇をしめる」
いいスパイラルに乗ったら、
こっちのもの。

…なんてね。
月曜日に向けて、準備体操、
といったところ、かしらね☆

「個人的な感想」です!
「何かの判断」には、
まーったく!適しません!

…と。逃げを打ったところで。

ちょい前?
「…あたしに聞かれても…」
という、相談事が舞い込んだので、
気になって、色々調べてみた。

…メガバンク。
「5千円で組んだスーパー定期も、
 一千万で組んだ大口定期も、
 利率、って一緒、…なの?」
軽くびっくり。いや、そうなんだけど。

銀行の収益構造って、
「基本的には」
預金でお金集めます。
貸出でお金貸します。
預金金利より貸出金利の方が
「高い」ので、金利差が出ます。
金利差が収益になるのね。

…が。
借り手、ないです。特に地銀あたり。
それは責められないよねー…
例えばよ?地方企業の経営者だったとする。
これだけ、見通し立たないのであれば…
お金借りて設備投資しても…
回収できなきゃ、会社が…だよなー!
…みたいな感じで、電卓叩いているか、
Excel組んでいるかだと思うのよ。
そこに銀行さんが行ったとしても…
「借りる余力がないです!」と
断られても…しかたない。うん。

残る手段は、安定資産で
運用、なんだけど…
リスクが小さい「短期国債」
見事に、金利マイナス!
財務省発表によりますと、
令和元年5月30日基準で、
1年国債 -0.157
2年国債 -0.169
3年国債 -0.18
「お金が減るか、お金を出すか」
いずれにせよ。減ります。…って
「減ってどうする」
長期国債だと価格変動しちゃうし、
社債…破綻リスク織り込まないと。
国内株式…やはり価格変動、
加えて破綻リスク。
銀行さんとしては、
「どないせーちゅーんや!」
だよねー…
体力というか営業力あれば…
窓販商品駆使して、
「手数料収入」
個人的には。
…銀行の収益構造としては、
「本来的ではないんじゃない?」と。

政府・日銀の思惑としては、
「こっちゃ向くな。
 貸し出せ!」なんだろうけど…
借り手の視点に立ってみれば、
「怖いから、借りたくない」
割と「どーすんのよー!」状態。

若干救いなのは、
内需が充分に大きいので、
この問題はある意味、国内で閉じる。
完全に輸出依存経済だったりするとー…
「おっかないわね!かなり!」

ある意味で。
「健全な」ってことを考えるとー…
せめて、ゼロ金利…?
「マイナスからゼロへの金利差」が
あるので、
いろんな金利上がると思うけど。たぶん。

「ひといき」つきたいけどー、
…わりと。どうしようかしらね。これ。

…寝たいときに寝る!
それがあたしの土日のスタイル!

じゃ。平日帰ってから
どうしてるか、っつーと…
だいたい。ぷしゅーっと
「やるき、なし」状態でーす。

で、まー…
「この間盛大に間違えた」
こともあり。
かるーく?
「生命保険に関するブログ」を
いくつか。読んでみたんだけど…
けっこう、「陰謀論」的というか、
「営業職員と会社が
 最大限儲かるように!」
やってるよ、というブログが多すぎる…

全面否定は、しないよ?
営業職員の報酬体系が
成績ベースであることは、
「読む本」読めば書いてあることだし。
それに。会社の仕組みとして
「相互会社」であったとしても、
やはり「営利企業」なのでー、
…そりゃ、利益は求める。
「相互会社」で最大のアソコは
でかすぎだろー…という気も
しなくはなく。

ウチ?
何度も言ってるけど!
「掘っ立て小屋で安い焼酎
 かっ喰らって酔っぱらって
 クダ巻いてる」ブログなんだって!
よーく。
「眉にツバ」つけて。
…垂れてくるほどにつけて。
…お読みくださいまし。
この間のように。
「あからさまな間違い」に
気付いたときは、
「間違えました!」とはっきり
言うことにはしてますが。

で。やっと見つけた。
「まともなことを書いているブログ」
いやー。ちゃんとわかってる。
書き方も、相当に考えてある。
残念ながら、一か所だけ!
間違い見つけちゃったけど。
(地震保険は、
 支払事由が発生した場合、
 ばかでかい!支払になるので、
 「政府への再保険」があるのが
 最大の特徴。
 (厳密には再々保険だけど)
 損害保険会社間で差が出ても
 非常に困ることになるので、
 運用スキームに関しては、
 「独占禁止法の適用除外」
 まである。
 ↑独占禁止法の適用除外の
 根拠法令 保険業法101条1項)

ただまー…
「キャッチー」な内容には
ならないのよねー…
そりゃー。「こんな裏がある!」
みたいな内容だと、
「けしからん!」みたいな感じで、
ぶっちゃけ「目立つ」のよねー。
生命保険の「仕組み」を
「真面目に」解説すると、
あんまり?実は面白くない。
「理解すべき考え方」って
実はそーんなに多くはなく。
・収支相当の原則
・大数の法則
・死差益/利差益/費差益の三利源
・純保険料と付加保険料
「とっかかり」はこんなもん?
当然。掘り下げると
相当に範囲も内容も
「濃く」なるけどねー…
あとはー…金融庁の資料?
今はいい時代だから、
あっさり、そのあたりは
ネットで手に入るので。

ウチではめずらしく「たねあかし」
実は。「これ!」という、
生命保険に関する解説書って
実はある。
「生命保険入門 新版」
出口治明/岩波書店
…あたしはとある方から頂いた。
なんで今までオススメしてなかったか。
まず。「固くてつまんない」
入門と銘打っておきながら、
相当に深く濃く掘り下げているので。
読むにあたってはー。
何らか。「生命保険の実務」に
関わった経験ないとツラいと思う。
…あたしは
「元生命保険のシステム屋」だからね!
あと。「地味に高い」

なので。
「もうちょっと軽くて、
 バイアスかかってない本」って
ないのかなーと調べたことは
あるんだけどー…
今のところ。見つかってないです。はい。

読んではいないけど!
「生命保険文化センターの小冊子類」
…このあたりがとっかかり、かなぁ。
(持ってない理由…
 「地味に入手がメンドクサイ」
 ごく一部の書店で扱いあるけどー…
 基本は通販?全国的に見ると)

でもでも。
「生命保険について、
 真面目に、最大限正しくなるように
 書いているブログ」が
見つかったのは軽く嬉しい。
某おっさんのブログのように、
「メッタクソに間違えてる」のはー。
けっこう、ゲンナリするよー?

うし!軽く寝る!

このページのトップヘ