星のかけらの宝箱

Xジェンダー、MtXのブログですがー…最近は、「墨田区民と北関東民ホイホイ」ですー…

2019年10月

「通販で、
 VISA決済五千円分」
要はVプリカの
余りなんだけどさ。
「実は、今月末が
 期限でした」
勘違いしてましたー!

amazon眺めてるんだけど、
なんかこう、
金額的に微妙だよねー。

一万円あれば、
パルスオキシメーターの
安いのが…って、
「五千円切るのもあるんだ」
あんま、安いのは、なー。
せめて、
アンファミエで扱ってる
位のでないとなー。

「なんで、要るの!」って
昔から、なんか、欲しいの!
何か息苦しい「気がするなー」
…SpO2、これだけあるかー。
「気のせいか」
(昼間、病院に行きましょう)

あとはー…
コンデンサーマイク?
せめてマランツの安いの。
中華は、イヤ。
「じゃっかん足りない」んだ
これがまた!
ダイナミックマイクだと、
SHUREの一番安いの
買えるけど。
キャノンのケーブルつきで。
ただ、
「ダイナミックマイクに
 そんなに金かけるの?」って
気がしちゃうんだよねー。
ダイナミックマイク…
構造としては
「カラオケボックスのマイク」
だからねー。
コンデンサーマイクの方が
繊細な音が取れる
「ような、印象と
 雰囲気があります」
ただ、いいコンデンサーマイクは
「落っことすと壊れる」んだよな!
ダイナミックマイクなら、
それこそアキヨドに
千円札何枚か持っていけば
買える、といえば買える。

何かこうさー!
amazonさん、
こう履歴とかから、
「突飛なもの」
オススメしてくれないかね!
「こんなの買うか!」みたいな
今ガンプラがオススメされてるけど、
ガンダム、1ミリも興味ない!

いっそ。
「トワリングバトン買っちゃう?」
身長によって長さ変わるけど、
確か28インチまでだったような
気がする。
だいたい…三千円くらい。

小学校の時さー、
バトン習ってる子が、
たまたま学校に持ってきてたんで、
遊ばせてもらったんだけど、
「回し方わかんなかった」
んだよねー。
大人の財力で!
(頂いた商品券だけど)
近所の公園で、
バトンをぼとぼと落とす、
バトンおじさんに
なるっての、どう?

…あたし、
「体が硬い」んだー!
足、あがんねー!
「だめでした」
…ちぇ。

…看板も思いつかないし、
買いたいものもみつからないし。

ま、それだけ
「平和」なのよ!

あー。
お昼寝もしたし、
いー感じにラクだから、
血圧でも下がったかなー?

「まだ高い」

…ま、そんなもんだ。
血圧は、現代では
ゆっくり、じわじわと
下げていくもので。
アダラートCap.の舌下は
禁忌になったしね!
(わかりづらい

まー。
あんま普段は
セクシュアリティに触れないけど。
「そーいうもんじゃん?」

まずアセクシュアルだから、
恋愛に「興味がございません」
別にまー、
くっつきたい人は
くっつきゃーいーんじゃー?

「なんでKanonを!」って、
あれは「おはなし」として
面白かったから。
「おはなし」として面白きゃ、
そりゃー少女漫画も読むし、
遙かなる時空の中でも遊ぶし。
あと、「疑似恋愛」は別物。
少女漫画で「共感」はしますが、
そういう恋愛がしたいか、と言われると
「…まー、そんなでもー…」
という感じ。あたしはね。

あたしは基本、
「人が集まると
 『面倒が起きる』」と
考える方なので。

で、Xジェンダーは、
そら、人それぞれだけど、
あたしは
「男女とか、意識しないで
 好きなこと、好きなように
 やればいーんじゃん?」
という感じ。

なので、
普段セクシュアリティとかは
「ほとんど意識しません」

が。

他の当事者が、
どう感じているかは、
全くの別問題。
あくまで
「あたしの中のこと」でしかない。

でさー。
アセクシュアルとか、Xジェンダーは、
セクマイ界隈の「マイノリティ」じゃん?
最近Xの勢力がすごいけどね。

なので。
あたしは、というか
「このブログは」
あくまで『色物』だよー、
というのが、あたしのスタンス。
そらねー、
浅草の演芸ホールで
ずーっと落語だけ聞いてたら
「疲れるよ?」
たまに「色物」が挟まるから
いい感じになるわけで。

なので、まー。
「こんな人がいるんだー」と、
動物園で動物でも見るような感じで
読んで頂ければ
よろしいのではないかと。

「気に入ったら」
また、遊びに来てねー☆
看板、変えるかもしれないけどさ!

すー…

ぱち。
「15時前…?」
循環器科の午後診察、
「間に合うんじゃない?」

実のところ。
就職してから
「忙しいし、疲れてる」ので、
循環器科、
「ずーっと、行ってなかった」
半年以上空いちゃったけど、
大丈夫かなー…

先生いわく。
「忙しいんじゃ、
 しょうがないね!」
とのこと。
血圧も、高いけど
「以前ほど、
 とんでもなく高い!という
 訳ではない」ので、
「いい機会だから、
 薬減らして、
 必要なら足す方向にしましょー」
よかったー。
「一か月薬飲んで、
 来月どうだか検査するから、
 朝食、食べないで来てねー」
無事、28日処方でした。

精神科と循環器科で、
こりゃあもう、安心でしょう!


「いろいろ」あって、
長期的な治療が必要な病気の
「通院ができなくて、
 間が空いちゃった」としても、
まずは、
「かかっていた病院を受診」の方が
よろしいのでは、と。
個人的な経験上、
「そこまで嫌なこと、言われないです」
せっかく、長期間の
カルテがあるんだったら、
そこを生かした方がいいよねー、と。

受診してみたけど、どうしても…なら
転院を考えてもいいかも、だけど。

「ほったらかす」のが
一番まずいと、思います。はい。
高血圧症なら、
「脳や心臓でイベント起きちゃったら、
 取り返しつかなくなることも、ある」ので。
あと、じわじわと
臓器に影響が出てきて、
「気づいた時には、大変!」なことも
ありうる。うん。

そのへんを。
「お任せできる、主治医!」が
いることが、大切なんではないでしょうか。

…ま。ほっとした。

さーて、帰るから、
定例メールを投…

「だれに投げる?」

こういう場合、
普段はひな壇二段目に
投げるんだけど、
午前中、別件で
ひな壇一段目から
電話が来たんで、
一段目に投げときゃいいやー。
「ぴん!」

おー、さすが一段目。
ちゃんと返信が来た。
「退勤時間1分前に」
下の方に上司宛がついてるけど、
あたしじゃないもんねー。
席見たら、いないしー。

さて、かえろー!と思ったら、
へ?
あー、上司帰ってきたところに、
電話攻撃か。
しゃーない、助太刀するかー。

「あの、そりゃ、えーっと…
 可能な、限り…
 氷室君、できるの?」
「できるよ!準備あるし!」
「あ、できるとのことです。
 はーい」がちゃ。

「できるんだ」
「最悪、今日かと思って
 覚悟はしてたからねー」
「月曜日、俺いないけど?」
へ?

「…できること『だけ』
 やればいいから」
「言質取ったから、それでいーや」
「当日は、向こうからも
 応援来るって」
「だから、誰が?」
「知らない」
かく。

まー、「なにか」あれば、
月曜日に大騒ぎになって、
「あたしの内線が鳴る」から、
それで、いいやー、と
帰って来たんだけどね。

そりゃーもう、
想定上の「最悪予想図」だと
アレもコレも、だからねー。
「こんなことも、あろうかと」を
繰り広げるのがあたしの役目…

とある向きを向いて。
「あんたがスチャラカ、
 だからだよ!!」

いつものことだけど、
胃痛が痛い。

アレ、なー。
課内で回覧されて、
「わらいもの」に
されたんだよなー…

「あー?
 何で、この漢字に
 しちゃったのー?」
「わかんない…
 気づかなかった…」
「コレはー…
 くっくっくっく…」
「お前!
 なに、うずくまってるの!」
「は、腹痛い…」
「どうせ、バカですよ!
 笑え、ちくしょー!」


…共済さんの正式名称、
『思いっきり間違えました』
帳票取りに来た共済本部の人、
『フロアに持ち帰らずに』
あたしのところに持ってきて、
『漢字、間違ってるよ!』
突っ返されました。
なんで、あたしが担当なの
バレたんだろう…

昔、おともだちと
小川町あたり?
埼玉じゃない!神田の方!
歩いていたら、
「演芸」と言われてですねー。

「で、この漢字間違えて、
 ミリ秒で突っ返された帳票、
 しょーがない、ってことで
 かっ!と直して、
 トラブル報告書ぐぁあっ!と書いて、
 部長に頭下げて、
 『ごめんなさい
  またやってしまいました』って…」
「朱実、朱実」
「何よ?」
「あのさ、演芸の街のそばで
 育ったせいなのか、
 話が演芸っぽいんだけど…」
「演芸、ってことはないでしょー!
 いい?
 人様に話を聞いていただく訳だから、
 それは頭からしっぽまで、
 さぁっ!とストーリーがあってだよ、
 最後に粋なオチでもついてたら、
 『あー、良かった良かった』って
 最後に拍手もらう位じゃないと!」
「お前、何屋だよ…」
「何屋ってか!
 そら、押しも押されぬホスト屋だ。
 (当時はね)
 連続帳票の穴は、
 二つで1インチって数えられないと、
 用紙すらプリンタに巻けないじゃない!」
「運用さんに、やってもらえよ…」
「そこをだ!
 運用さんに、『ちょっと借りるよ!』
 てなもんで、本番プリンタ借りてさ、
 ぺぺっ、きゅるきゅるきゅるきゅるって
 用紙巻いてさ、スタート押して!
 しぱぱぱぱぱー!っと、半箱くらい打って、
 『悪いね!』って返してだよ。
 …まぁ、その帳票自体は、
 お客さんのところに、
 申し訳ございませんでした!って
 平身低頭に渡しに行くんだけどさ!」
「お客さんに渡ってから
 差し替えてんのかよ!」
「しょーがないでしょ!
 電話かかって来ちゃったんだから。
 『違う!』って言われたら、
 そら本番の間を縫ってだよ。
 こそっ、と直して、
 そろーっ、とジョブ流して
 打ち上げるしかないじゃん!」
「こそこそ、直してるのかよ!」
「部長にバレなきゃマル、なの!
 まぁ、後でRACFのデータが狂うから、
 基盤にツッこまれるんだけどね!」
「なぁ、商売間違えてない?」
「…あたしも、将来は
 違うような気もするけどねー…」

まさか!
「今の会社」に入るとは、
かすっても、思ってもいなかった!

…文字起こしして読み返すと、
確かになんか、
演芸っぽいような気がするけどね。

ちゃんと!今は!
職業欄は、
「金融業」を選択してます!
嘘は、ついてない!

…ここのところ、いろいろあって、
「貨物エレベータの取り合い」
毎日、やってるけどね(涙

何年も、思ってた。
そう、何年も。
10年経っても、
今になっても、思ってる。

「Kanonの女の子たち、
 どう、どう考えても、
 寒い、だろうが!!!」


制服にしたって、
ぺなっぺな、じゃんか!
ダッフルコートに
「短パン」だと、寒いだろが!
真冬、雪なんだよ!

「…。
 エロゲーだから。」
と言われれば、
そこまで、ですが。

「ふつう、
 祐一の前に、
 名雪が風邪、引くだろうが!!!」

…葉鍵の世界に、
そーいうこと、
言ってはならんの、かしらね。

「結局、あゆは
 どう、なっちゃうの???」

いやー、
Kanon、基本的に
ハッピーな方向で終わるんだけど、
「あゆ、だけ
 なんか雰囲気が違わない…?」
怖くて、あゆシナリオは、
手をつけませんでした。

あたし、
悲しいのとか、苦しいのとか
ニガテなんだってー。
怖いんだってー。
うぐぅ。
↑令和の時代に
コレ使う人、いないだろ!

まー、
「Kanosoは、
 どうやっても
 バッドエンディングだがな!」
…アレは、そういうものだから。
え、Kanoso、
「ちゃんとしたエンディング」があるの…?

寒くなって来たねー。
スーツの上着も着始めた頃。

「Last regretsの
 季節だねー!」


何年経っても。
死ぬまでコレ、言ってそう。
こそっと、YouTubeから。


たーんたーんたーーーん、たーん
たーんたーんたーーーん
たーん、たんたん
たーんたーんたーーーん、たーん
たーんたーんたーーーん
たーん、たんたん(長さは適当です)

んー?
このイントロのピアノ。
繰り返してよーく聞いてみると…

「コレ、ペダル使わずに、
 鍵盤で音の長さ、出してる???」
指的にこう、できなくは…

「ポータトーン持って来い!
 ついでにペダルも!」
すっからかん、だから
片手で持てるポータトーン!

指番号!
両手どっちも、
親指が1、小指が5。
指は5本だから、
番号、振れるでしょ!

順当に右手、
3から入って行って、
3,4,2,1…
上がる時に2から入って行って、
2,3…指くぐる?1…
2,3,4…下がれないじゃん!

「美しくはないけれど」
3,4、「1,2」
「なんか、ちがう」

2から入ると、
2,3、「1,2」
肘使えば、A-Eが
2-3で上がれるよね?
3,4、「くぐって」1、
2-、3,4…
上のDから下のEへは、
4-2だと、「きついよね?」

ペダル踏んで見るー?
ダメ、1小節でも音、にごる。

あそうか。
2,3、「1,2」
3,4、「くぐって」1、
ここで3から上がればいいんだ!
3-、4,5…
あたしの指なら、
そのまま下のEへ、
2で戻れるけど、どうなん?????

YouTubeとか、
色々見て見たところ。
やっぱ3で入って行って、
3,4,2,1、
3,4,5
「ここで鍵盤押さえている指を、
 鍵盤押さえたまま、
 5から1に変える」
2、3、4…と
演奏されている方もいた。
そのテクニック、やっぱ使うか!
「上のDから下のE」
上手い方なら、
跳躍でひょいと飛べる距離だしね。
…ま、普通に飛べると思う。
あたしの指がなまっただけ。
ただ、「間奏のあたりから」は
メロディが変わっちゃうから、
やっぱ、違うんだろうなー。

ペダルの踏み方覚えちゃうと、
つい「頼っちゃって」
鍵盤離すタイミングが
いいかげんに、なりがちじゃない?
コードが変わる「寸前に」
離して踏めば、音が濁らないから。
基本的には、ね。

あ、そうそう。
「キーボードやシンセのペダル」は
「電源入れたままペダル刺すと」
機械が混乱して、
反応しなかったり
踏みっぱなしになることがあるので、
ペダルは、「電源切って」刺してね☆
ハーフが効く立派なのは、
あたしのポータトーンが未対応なので、
持ってないのでわかりません(涙
MIDIのCC64的には、
0~127まで送れはしまーす。
ぱっと調べた限りでは、
・ハーフ未対応
 0~63:OFF 64~127:ON
・ハーフ対応
 0~63:OFF
 64~127:ON/踏み方に応じての効果
な、ようです!

鍵盤わかんない方には
「まーったく、わからない」
記事でしたが、
あたしが楽しかったので、いいの!

左から順番に、
「群馬・栃木・茨城」!

栃木と茨城は、
「ケンカしているように見えて」
実はそこまで仲が悪くはない。
特に茨城県西とその周辺。
栃木だと小山とか。
うっかりすると、
「親戚」だったりするし。

たださー、
特に両毛線乗ってたりすると、
「群馬だけ、
 雰囲気が変わらない?」
なんかこう、
「独特」なんだよなー。

「仲が悪い」と言うより、
何て言うの?
「隣のクラス」?
雰囲気的に、
「なんかちがう」んだよなー。
あたしの気のせい?

もっとも。
「両毛線なんて、
 乗る機会、まず、あるかぁ?」
水戸線ですら
「乗らねぇどなぁ。
 単線で、行き違いで
 いら、待たされっからなー!」


両毛線、知らなかったひとー!

…そうです。
本当の「ローカル線」だからね…

そういえば。
台風の時。

「古河市思川周辺で…」
思川?

なんか、記憶と違うんで、
地図とか調べたら、
「あっちかぁ!」
野木との境目あたりから、
渡良瀬川に一本増えるような
感じで、流れてるの。
あー、確かにあった!


…じゃあ。
「ちっちゃいころ、
 自転車ごと落っこちた
 あの川、いったい何だぁ?」
真夏の「ひと息」的な時期だったんで、
トラクターで自転車ごと
近所の親戚に引っ張ってもらったんだけど。
水もほとんどなくて、
「どろ」なので、
「どぼ。」みたいな感じで
落ちたんだけど。

そうそう!
「落ちる」瞬間って
音がないの!
あ?
「    どぼ。」
景色が「ぐるん」としたら、
気づけば「どろだらけ」

あのへんねー。
場所柄歴史柄、
水路とか小川とか、
いっぱい、あるからねー。

さすがに、
この歳、この時期に
「落ちたら」
シャレにならないので、
近寄らないでおこうっと!

バス停から…
「あるって30分は
 かかんどなー!」
それに。「なんにもない」し。

「田んぼに畑、
 ぽつーんと家!」
北関東の原風景!

一応さー。
ネタ的なものは
あっためては
いるんだけどさー。

こうさー。
「暖気」するじゃん?
すかん!すかん!
「動け!」
チョークとかいじって
「ぶるん!」

ぶるぶるぶるぶる…
まーだ、この
あったまってないというか
水温計がぴくりとも
しないというか。

なんかこう。
「断片」的なものを
なんとかこう、つながらないか、
ぶるぶるぶるぶる…
ガスが濃いんか?
薄いんか?

タバコなんか吸ったりして
上空45度あたりを
眺めたりして
ぶるぶるぶるぶる…


「すかん!」
…ガス欠だぁ。
このネタ、
燃料にもならなかったかー。

ここのところ、
毎晩、そんな感じ。
うっかりすると、
夜が白い!あぶない!


どこだっけ!
「芸能の神様」
行ったことあるんだよー!
紙ふうせんが、一時色気出して
「TSU-BA-SA」とか
やってたとき。
白く「TSU-BA-SA」って
書いてあって、
「本当にやってたんだ!」

その印象が「濃すぎて」
完璧にどこだったか、忘れました!

う゛ぁー。

「プロジェクト」が
走っております。気づいたら。

「ぱん!」というタイミングは
あるんだけど、
「ぱん!」やるには
「新・旧両方気が抜けない」

どうなっているか!
「スケジュールが
 『前にしか倒れない』」

そりゃーね、
ある程度の
「最悪予想図」はあるので、
何とかは、するよー?
けど!
ブツも、リソースも、
『あたしも』
有限、なの!!

毎日、こう
「かろうじて」とか
「致命傷…」とかで
帰ってくる訳ですよ。

まぁ、リアルに
「倒れられないか」
心配されておりますが、
毎日、おうちに帰れてるー!
おふとんで、寝ているー!
…たぶん、大丈夫。

今思うに。
実際に経験しているんだけど、
だから、なんだけれど、
「上限値としている限界が
 ムリ過ぎるのかぁ…?」
でも。
「誰かが
 何とかせにゃ、いかんでしょ!」

なんかこう。
「無事終わったら、
 一席設けろ!」とか
思わなくはなく。
お酒飲みたいじゃ、なく
「癒されたい」


……
「メンツ的に、
 癒されるのかぁ?」

世の中、いや
「あたしの周囲」
せちがらい。

「星のかけらの宝箱」

「の」が重なってるのが
美しくはないんだよねー。

いやでもほら。
「星の瞳のシルエット」
という…

うわぁ!
重なった気がする!


ダメな時は、ダメなんです。
書いたところで、まとまらないし。



くぅぅぅぅぅぅ。
貧弱な発想が恨めしい。

眠剤飲んだあとって、
「ぽー」っとしてて、
なんとなーく
思いつくような「気がして」

「リボンの夢」
…集英社だろうが!

「星のかけらの宝箱」

…なんか、「いい」
気が、するねー。

あ!ぐぐる先生いわく、
「同じ名前は存在しない」らしい。

「あわてることは、
 必要ない」ので、

「やっぱり一晩
 寝かせます!」

なんで?
「そっち」ばっかり
出してくるのー?という
「問い」に対して。

『そうでもしないと、
 特定の業界臭が
 出て、しまうの!』

一番怖いのは、
お隣でもどこでもない、

「ウチの会社の法務部門!」

…サラリーマンの「定め」です。

お薬飲んで、寝ます。

血迷って…

「綱領」
読んじゃったじゃんかよ!

やはりここは。
「長期的展望を鑑み、
 未来へと開かれたブログとして
 ふさわしい名称」を
考えないといけない!

えー。

「持ち越し議題とします!」

思いつかない、んだもん。

というわけで。

おやすみ☆

しかも、あえて
「初期松浦有希作品から」

歌詞サイトに、ないんだよねー(涙
…けど!

あるんだ!「歌詞カード」!

んー。
「夕焼けのSympathy」と
「Leave Home」を
同時に見て考えてー。

「あの日握った君の手が
 気づけば遠くなっていた
 いっしょにいるはずなのに
 なぜ 何が変わったのだろう」

…これ、「詩」です。はい。
雰囲気は出ているんだけどなー!
(ばんばん

何だぁ?

一旦、リセットぉ!

ふと。
「Hi-Fi Setのアルバムから
 1曲ずつ好きな曲出して、
 そこから考える」
ってのは、どう?

いくよー!
「卒業写真」からー!

『卒業写真』だとやっぱ
「十円木馬」かなー。

『Fashionable Lover』
「ジュ マンニュイ」かなー。

『LOVE COLLECTION』
あ、これ悩む。んー。
「雨のステイション」

『THE DIARY』
「風の街」…ではなく、
ここはいっそ、
「個人的メッセージ」

『SWING』
「君を行かせて」…んー。

『COMING UP』
「夜空を南へ(WE ARE FLYING)」

『閃光』
んー。「春が始まる日」

『QUARTER REST』
「P.S.」はネタ的に(0分13秒)
…じゃない!
やっぱ「緑の街に舞い降りて」?

『3NOTES』
これは、困る。つぶぞろい。
あえて挙げて
「亜麻色の八月」

『1&2』
これも、困る。よくできてる。
んー。
「故郷からのAir Mail」


…待って。これ。たぶん。
「まだ、折り返してないよ?」
アルファ時代・東芝EMI時代が
終わったところで、
ここからやーっと、
ソニー時代だよー?

眺めて思った。
「並べたところで、
 ベスト盤にしかならない」

だめしたー!

いざ、となると。

あー、
源氏物語、
若いころにちゃんと
読んでおけばよかった。

できれば
「日本語」にしたいのよ。
安易に外国語に
したくないの。
言葉を信じる
「ものかき」としては。

こう…

流れ、流れて、
放浪の旅の中で…

「草枕」

それだと、
「さだまさしの
 パクりになっちゃうの!」

ダメだよー。
キャラクター名考えるだけで、
一晩とか、
かかるんだからー。あたしはー。

とりあえず。
飲み物、取ってきまーす。

このページのトップヘ