星のかけらの宝箱

Xジェンダー、MtXのブログですがー…最近は、「墨田区民と北関東民ホイホイ」ですー…

2019年12月

月曜日、
出社して、連絡ボード見たら
「まるっと、年明けまで
 休んだ方、いらっしゃる」
いいんだ、それ、ウチは!

連続休暇の制度、あるんだけど
「スケジュール」「納期」という
リアルな問題にブチ当たって、
「いつ、取れるんだろ…」
と、なりつつあります。

で、1月のカレンダー見たところ、
「ヤバいじゃん!」
第一週、まるっと「欠けて」るじゃん!
…ここらあたりの「危機感」が
向こうさんに伝わらないのが…
『青空が哀しい』

するってーと、
役所関係の手続きを溜めちゃったの、
今週中に、何とかしないとヤバい…?
上司!…いた。

「お願いがあるんだけどー」
「なにー?」
「この曜日、休んでいいー?」
「いいよー!」
「向こうさんに連絡しとくねー」
「メールでいいからねー」
…30秒くらいのやりとり。

たったこれだけなんだから、
ほんと、「休めばいいのに」って感じ。
ただこう、変な貧乏性で、
「出勤して、適当にやってれば
 休暇は減らないよね」っていう
気がしちゃうんだよねー…
年明けしばらくしたら、
また「ぼんっ!」と、有給つくぞ!

まぁでも。
「休まず、いつもきちんと『居る』」
これ、信頼とか信用とかに
すっごく関わるからねー。
隣の上司が言ってたわ。
「居なきゃ、文句もつけられない」
あたしもそう思う。
『出勤してナンボ』

…と。
少しずつ「耕して」おいてですねー…
スケジュールに「隙間」作ってですねー…
「ぼんっ!と、休むぞ!!」

…春、あたりにね。
とりあえず、
今週、どこか休みます。
行き先が「役所と保健所」なのが
悲しいですが。るー。

いや、ココね。

『週末は
 がっつりとアクセス減って、
 月曜日になると、
 ぼん!と戻ってらっしゃる』
と言う傾向、
ここ数か月…というか
livedoorブログに移ってから?
そんな感じなんです。

Google Analyticsで
ある程度の分析はしてますが、
「記事の内容」での分析は
かけていないので、
「なーんで、なんだろ」
と言う感じです。

ま、皆様
充実した週末をお過ごしなんでしょう!と
思っていますが。

「やろうと思えば」
PCでのアクセスだと
ウチは20記事、一気に読めるので
難しいのですが、
スマホだと1ページ1記事なので、
記事の内容とアクセスを
クロスして分析できるっちゃー
できるんだけど…

『そこまで、分析する気、
 あんま、ないです』
なんつーのかなぁ…
ウケを狙う記事より、
『あたしが書いていて楽しい』
『あたしが純粋に書きたい』
記事を書きたいの。
なんで、読者様の数は
「結果」だと思ってます。

ただ…
じわっ、じわっ、と
読者様、増加傾向にあります。
ありがたいことです。
ヒトケタ台の攻防なのは
変わり、ありませんが。

Yahoo!ブログの時のように、
「考えてること、直結!」
みたいな記事、
最近書けないの。
というか、
「書き始めの段階で
 書けないの」
なんでだろう…

とはいえ。
どちらかと言えば
「どよーん」とする月曜日、
お読みいただいていることは、
ありがたいことです。

例のごとく!
好き勝手にやりますんで、
気が向いたときに、
気が向いたように、
お読みいただければ、
「あたしが喜びます」

毎度、どーも。
ありがとうございます☆

今年は、
いろいろ、あったよねー。

『一年を振り返る記事は
 ひとつとは、限りません』
思い立った時に、
思い立ったように、
振り返るの!

まぁ…
今いるこの「机と椅子」が
普段の居場所になったってことが
大きいんじゃないの?
去年から使ってはいたけど、
・ASUSの安ノート
・言うこと聞かないThinkPad
・Phenom機とか、
 Linuxでがたがたしてたとき
・DELL OptiPlex 980
ディスプレイも、
FullHDの23インチなんて
立派なものに、変わってさ!
(安物だけど)
右向けば鍵盤があって、
左向けばもう一台PCあるんだから、
立派…というより、
「ぜいたく」だよねー。
昔、この部屋使うようになって、
しばらく、祖母の家に居候して、
また帰ってきたと。

この間がつん!と
色々整理して捨てたけど、
その後もちょこまかと
色々片付けては、
余計なものや書類捨ててる。
やっぱ、「整ってる」って
大切なんだねー…
昔からの悪いクセで、
「ディスプレイの後ろが
 魔界になる」んだけど、
今、ディスプレイの後ろは
ケーブルとかそんなもん。
サブディスプレイに関しては、
机の「手前」に置いているんで、
ディスプレイの後ろには
音系の機材とかあるんだけど、
すっきりしてる…というか、
「立ち上がって、
 覗き込むように」してる。

そうかー。
DELL OptiPlex 980が
この部屋に来たのは
2019/01/18かー。
本当に、一年持ったね。
…持たないと思ってたけど。
まー、開けたり閉めたり、
いじくりまわしているので、
どの段階が「今の形か」
いまひとつ、わかんないけど。
まぁでも、
「いじくり回すなら」
やっぱ法人モデルの
デスクトップPCだねー。
余計な作りしてないから。
自作するより、
「手軽で安くて、いいんじゃない?」
そら、Xeonとか狙うと
「それなりに高い」けどさ!
Linux熱は…冷めた。
Windows10のライセンス、
普段使いのPCに、
ぜんぶ、あるからなー!
Homeでじゅうぶん。
…ドメイン組む気もないし。
Azure…?
家庭で使うものじゃないし、
「地味に金かかる」から、ヤダ。

ま、ここに
一日座ってられるんだから、
幸せなんじゃないかしらね。

12月…そう言えば、待ってた。
「金融取引小六法の
 2020年版が出る」
2019年版は持ってるの。

実はとある試験、
法規に関する単元は合格したので、
買いなおさなくても
いいっちゃー、いいと思ったんだけど。

『民法の改正』
しかも債権法が、がらっと変わっちゃなー…
その上、試験で、民法のとあるところ、
「そこは、間違えないだろ!」ってところ、
ポカミスで間違えたんだよなー。

そんなに「出番」がある本じゃないけど、
「…あれ?」と思ったときに、
案外しっかり役に立つので。

しかし、金がねぇ…
年を越すと、多少余裕出るんだけど。
あと、一般的な法に関しては
こいつは読みづらいか、載ってないので
一般的な小六法のたぐいは
必要になっちゃうんだよねー
ポケット六法とか。(あたしは有斐閣派)

…桜の話が出るころまでに
新版を買えばいいかぁ?
最近e-govの横書き条文も
読み慣れてきたと言えば
読み慣れて来たし。
けど、e-govで条文全部印刷すると、
家だと、金かかってねー。

Y!Mobile解約して、
最後の請求も払いきったことだし、
そこで浮いたお金、
また封筒使って取っておいて、
お金溜まったら、買おうかねー。

ほんと、いわゆる
「自己啓発」の類って
金かかって、しょうがねぇ…
一応、図書費扱いなんで、
ちゃんと手続き踏んで
確定申告すると、
給与所得者の特定支出控除が
受けられると言えば
受けられるはずなんだけど、
「給与等の支払者の証明」が
必要なんだよねー。…めんどっちぃ

でもまぁ…
これは、「しょうがない支出」かねぇ…
1年ズレてればなぁ…
民法大改正、入りきったところで
買えたんだけどねぇ…しかたない。

ま。今は「金がない」んで、
手も足も、でませーん。

「まくら」

落語で、本題に入る前の
小噺とか、世間話の類ね。

『そっちじゃない』
…寝るときに使う方です。

…と、うまく「枕」が
入ったような気になったので、
いざ本題。

「まくら」買ってくると、
親がウルサイんだよねー。
「あるでしょう!」って。

「まくらには、
 寿命があるの!」
へたったら、寿命。
2年くらいという説もあり。
とくにあたしは、
「頸椎」を支えてくれないと、
起きたときに、
すっげー首と頭が痛くなる。
首の筋肉が
バッキバキに凝って痛くなる。

昨日?
精神科の帰りに、
普段の買い物してたら、
まくら、売ってた。というか
「安売りしてた」

あたしがまくらを選ぶ基準は
「首を支えられるか」
なんで、一般的な
「まくらの中央が膨らんでるの」
これはバツ。
首のところがスッカスカになるので。
「まくらの中央がへっこんでるの」
もしくは、低反発系のように
「まくらの手前が出っ張ってるの」
で、できれば
そばがら・パイプは避けたいです。
…中身が「つぶれると」
かさが減って、首支えてくれなくなるので。

ちょうどよく、
「まくらの中央がへっこんでいて」
「ウレタンフォームで
 多少寿命長いかな?という気がして」
「安かった」
ちょいと左右に大きいけど…
「バッグに押しこみゃ、
 はいるんじゃん?」
と、買ってきました。

最初寝たときはね、
最適な位置がわかんなくて、
やっぱり首、痛くなったけど、
ごそごそ動かしてみて、
「…ここ?」というポイントを
見つけたんで、
そこで寝てみたところ…
「すげー、すっきりする!」
起きたときに、首が痛くない…
葛根湯やロキソニンの出番が減るので、
やっぱりまくらには、寿命があるよ!

買った店、
「たまに、すごい安売りするんで」
まくら、寿命かなーと思った頃に
また行ってみようかねー。
前は、安いから
とある西友で寝具買ってたんだけど、
「なくなりました」
若干、寝具ジプシーになってたんで、
いい店あって、よかったなぁ…

最近、
はたと、気が付いた。

…普段スーツとワイシャツだから、
ワイシャツはクリーニングに
出してしまうので…
洗濯するのって、
下着とパンツと、
靴下と、部屋着くらい?

『じゃ、手洗いで済ませちゃえ』

風呂場でお湯が出せるのであれば、
そんな、大変じゃない。
うっかり放置しちゃって、
「うー、
 お父さんの臭い(汗」
みたいになったとしても、
押し洗いでぎゅうぎゅうやれば、
まず、問題ない。
最近の洗剤は
「油汚れを分解」するので、
「洗濯液に、どれくらい
 分解された油が含まれているか」
そろそろムリだな、となれば
洗濯液作り直せばいいだけ。

…家庭科って「科学」なので。

干すのも、
四角くて、洗濯ばさみが
いっぱいついてるアレ、
メタルラックに吊るしてあるので、
そこで干しちゃう。
しっかり布地を洗濯ばさみに
「くわえ込ませれば」
まず、手洗いのものでも
落ちること、ない。
マイクロファイバー系の布地は
「水分含むんだけど、
 逆に言うと、絞りづらいので」
重力で水滴が垂れて来るから、
…下にバスタオルでも敷いておけばOK。
ま、ねんのため
「ぞうきん」はあった方がいいけどね。
もし出来れば、
「扇風機の風」でも当てられれば!
…案外、早く乾くよ?

「干す」って逆に言えば
「ほったらかしておけば、いい」ので
吊るすことができればおっけー!

で、次の洗濯で
今着ている部屋着を洗えば…
「サイクルは完成したぁ!」
定期的に手洗いすればおっけー!

「溶けたチョコレートが
 べっとりついたー」とかだと、
洗濯機だと「わかりづらい」し、
他の洗濯物にひっつくと
最悪の事態になるので、
やっぱり、手洗いできると
いろいろベンリだよ!

週末の、いい運動になるよ!

…あ、週末に着る服?
一緒にざぶざぶ洗えばいい!

さ、12月。
今年最後の、
精神科の診察ですよー。

診察室に入って。
椅子に座って。
目が合ったところで、
先生から…
「なんも、ないでしょ?」

「…先手、取られたー!
 なんか、くやしいなー!
 うー…
 (天井見上げる)
 …なんも、ないね」
お互い爆笑。

「そろそろ復帰して一年だから、
 ヤバい時期かなーって
 気がするんですけど」
「あんたは、
 関係ないような気がするねー」
「ま、腹に抱えたものもなく、
 人に言えないこともなく、
 夜は、ぐーすか寝ているので」
「かかえてたら、ダメだよねー」

「最近、部屋が片付きつつ
 ありまして」
「あそー」
「いたら、
 お目にかかって見たいですよね!
 連続飲酒起こしながら、
 『あ、資源ゴミの日』とか言って
 ぴちーっとした部屋にいる人」
「そら、ムリだろな!」

「じゃ、いつものお薬ねー」
「ま、そろそろ来年のことを言っても
 鬼は笑わないと思うので、
 また来年も、
 よろしくお願いします!」
「わっはっはっは!
 …面白い!」

…あたしの診察って、
いつも、こんなだけどね。
「薬の効き方が
 どーたらこーたら」は
まず、言わない。
処方、安定してるんで。
雑談で「何か気づいたら」
先生の方からツッコミが
あると思うので、
それに従いまーす、と言う感じ。

で、医事課で
処方箋もらって…
「また、来年ねー!」

最近、
外でイヤホンで音楽、
聞かなくなってきた。

「家で聞けば、
 かなりいい音で
 聞くこと、できるじゃん?」と。
TASCAM US-2x2と
FOSTEX PM0.4nで。

ただ、この組み合わせで
音楽鳴らしちゃうと、
「聞き込んでしまう」ので、
こう、もっとライトに
「BGM」的なこと、
できないかなー…と
左を向いたところ。
「NEC Express
 5800/51Mb-Sが居るね…」
普段は、
Google Analytics出して、
「ブログ、読んでもらえてるかなー…」
的な使い方してる。

…JBL Pebbles、使ってないから、
こっちにセッティングして、
Spotifyとか、
iTunes、動かせばいいんじゃない?
ごそごそ…

おー。
小さな音で鳴らすと、
正面ではなく「横」から鳴ってるから、
ほんと、「BGM」として
ちょうどいい感じ。
いい感じに、「聞き流せる」
かといって、格安スピーカのように
「輪郭のない音」ではない。いい感じ。
iTunesのライブラリは
「聞き慣れているから」
流しっぱなしにしておくのに
ちょうどいい感じ。

まぁ、
「Core2DuoのFMV」が
余っちゃってるんだけど…
もっとこう、部屋が整理つけば、
片付けられる机買ってきて、
「アイディアが詰まった時に、
 居場所ごと移動して、
 考え事、しなおす」用に
使おうかなーとは思ってる。
それ以外にも、
シンプルな構成のマシンだから、
Linux使う用途に使いやすいしね。
そもそも…
「このFMVは、二千円なんだぁ!」
押入れに眠らせても
惜しくない値段だから…いいか。

ま。
前にも記事にしたけど…
「すこしずつ、すこーしずつ」

ぼけー。

…ん?
「明けて、土曜日?」
邪魔くさい
ペットボトルの空き容器、
捨てられるんじゃー!
(ウチの地域は
 夜に出すことが可能)

すっきり。

ペットボトル飲料、
職場以外では
買わないように
してるんだけどさー。
「うっかり」買って
「うっかり」持って帰っちゃうと、
空き容器の処分に
困ってたんだよねー。
…空き容器、部屋に溜まる。

何のことはない。
「毎週、この時間に
 出してきてしまえばいい」
それだけだったんだねー。

風水とか、そういうことは、
あたしには、わかりませんが!
「不要なもの」…
「澱み」みたいなものが
溜まってしまうのは、
いろいろ、良くないのではないかと。
そういったものを「処分する」…
気分的に、いいんじゃないですかね。

ポータトーン騒ぎで
いろいろ、片付けてから、
いい調子なんじゃないかな。

…お金、貯まんないけど。るー(涙

さぁさぁ、
来ましたよぉ!
『納品』!
折コン、足りた!
良かったぁ!
台車に乗った!

…でも。
「高くなっちゃったなぁ…」
広いところに移して…
「ゆさ、ゆさ…」
んー。折コンだけど、崩れる。
「フィルムで巻くか」
テンションかけて行って…
まだ!ぐるぐる…
よし!切る!

「総務行ってきまーす」

『おい、見ろよ
 あの運び方…』
上司、おどろいてるー。
ふふん、
『すげぇだろ!!』
もう、プロってるもんねー。

『なんか、
 経歴と、合わないけどね!』

「なんとか、する」
これがあたしの
「得意技」なのかも、しれないね。

さて!寝る!
おやすみ☆

パソコンだと、
オーバークロックって言って、
「定格の動作速度より
 動作速度、がんがん上げて
 速く動かす」ってこと、
やる…というか、
「好きな人たちがいる」

普通パソコンは
「空冷」つまり
ファンの空気で冷やすんだけど、
速く動かすために
思いっきり電力を上げたりするので、
「空冷じゃ追いつかん!」
なんと、
「水冷」…つまり車のように
「水で冷却することがある」

んな!
ちょっとでも水漏れしたら、
「パソコンが死ぬんだよ?」
最悪の場合…
「火事になるんだよ???」

『それでも』
水冷キット、
amazonでも、秋葉原でも
「そういう店」では、売っているの。

あたしは、
パソコンを自作している時でも、
「絶対安全・定格動作」
intelのマザーボードは
「オーバークロックできないので」
あたしは好きだった。
…そういう人には「不人気」だけど。

もっとすごい人だと、
「エアコン分解して、
 エアコンの冷媒とおして
 冷却」とか…するらしいです。

あたしには、わからん。

コンピュータ、
「水をかぶると
 全滅します」
なので、大型コンピュータの
マシン室では良く、
「酸素をガスで追い出して、
 なくしてしまえば、
 火は消えるはずだ!」という
装置が入っています。
「不活性ガス消火装置」とか、
ガス名を取って
「ハロンガス消火装置」とか言うの。
…けど。
「酸素がなくなる」ので、
動作すると…
「中の人、死にます」
なので、装置には、
動作したら、音と光で
『すぐに逃げろ!』と知らせる
仕掛けが必ずあります。

開発者ミーティングにて。
「今度の日曜日、
 消火装置の点検がありまーす。
 ガスは出さないけど、
 音声とアラームは鳴るので
 注意してくださーい」
げ。
休日出勤、当たってるよ。
嫌だなぁ…

当日、業者さんが…
「えー、これから
 放送装置の点検しまーす。
 アラームと音声が鳴りますが、
 ガスは出ませんので
 よろしくお願いしまーす」
…音だけなんだよね。
どきどき。

『ぴゅう!ぴゅう!
 消火装置が作動しました。
 命の危険があります!
 すぐに退出してください!
 ぴゅう!ぴゅう!
 消火装置が作動しました。
 命の危険があります!
 すぐに退出してください!』


マシン室の扉は、
わざと、解放されています。
万が一があっても、
必ず、逃げられます。
そして、自分はマシン室ではなく
開発室にいます。
けど…

「音だけでも、
 すっげー、
 こわいよぅ…」

たまたま課長がいて、
「うん。
 みんなで、さ。
 上のタバコ吸える
 ミーティングテーブルで、
 しばらく、休憩しようか」

ほんと。あれは。
わかっていても…
「怖い」

大型コンピュータの
開発用端末って、
VTAMっていう仕組みで
管理されてるんだけど、
「たまーに、
 ヘソ曲げる」
…端末固まったりする。
コンソールって言う
「大型コンピュータ全体を
 管理・制御する端末」で
固まった端末を
非活性化>活性化してあげると
直るんだけど。

ただねぇ…そこでは、
先に現場に入っていた
メンバーの端末と、
「LU名が
 『間違えて!』って位に
 そっくりさん」だったの。

たん!
…たん!たん!
ばん!!!
くっそう…固まった。
マシン室行ってくるか。

えーっと。
ぽちぽち…こうだっけ?
『実行』っと。
ん?
あ゛………

「うわぁ!!」
マシン室と開発室の間は
しっかりと分けられているんだけど
(マシン室の非常時では…
 水を使わず
 『酸素を追い出して
  消火するために』
 当然、その装置が働くと
 『中にいる人が死んじゃうので』
 すっげ―怖いアラームと
 音声が鳴り響く)
壁とガラスを飛び越えて、
「あの」メンバーの
叫び声、聞こえた。
そして、マシン室に飛び込んできた。
「きさまぁ!!!!!」

「わざとじゃない!
 わざとじゃない!」
「わざとで、できるかぁ!」
「あたしだって、固まって
 セーブできなかったんだから」
「お前が間違えなければ、
 俺は何もなかっただろ!」
「だから!
 わざとじゃない!
 わざとじゃない!」
運用さんの偉い人が
「ケンカなら、
 他でやってください」

「俺の端末、
 活性化したよな!」
「した!した!した!」
マシン室から出ていく
開発者二人。

あれはー。
確か一回。
…いや二回?
…片手くらい?やらかしたっけ。


あたしが「間違える」なら、
当然相手も「間違える」訳でして…
「ふわぁっ????」

「うん、事故。事故」
「ドウシテ、
 クレヨウカ…」
「ほら!直ったから!」
「ヤットミツケタ
 バグ、ダッタノニ…」

運用さんの偉い人
「何度も言いますけど、
 ケンカなら、
 他でやってください」


…「名物」と言われたっけ。

新卒の会社で、
新入社員研修とか、
プロジェクト立ち上げのための
要員育成とかで、
大型コンピュータの使い方、
ある程度は「教育」
されていたんだけど、
あくまであたしは
オープン系。
Windowsとか、
Visual Basicとか、
Oracleが担当だったのね。

とあるお偉いさん会議にて。
「…大問題だ。
 大口のあそこで、
 突然の欠員が出た…」
「大型コンピュータのエンジニア…
 本社系も製造系も、
 ぎりぎりどころか、
 むしろ、足らない位です」
「客先常駐から、
 引っ張って来ることは?」
「まず、不可能です」
「協力会社は?」
「『即日入場』なんで、
 足元見られて、
 単価が…です」
「誰か、いないものか…」

『氷室。
 氷室なら、うまく
 立ち回るんじゃないか?』
「あ…いた」
「確か、氷室は
 第二種情報処理技術者、
 COBOLで合格してるはずです」

『行ってもらおう』

この時、あたしは何と
「以前から予定していた
 休暇中」でして、
会議をこっそりと
聞いていた主任が、
こそーっと、
あたしにメール送ってくれた。
まだ、グレーの公衆電話に
電話線繋いで、
携帯端末でメールを
やりとりしていた時代。

『決まったらしいよ』
そのメールを見た瞬間…
『ぶちっ!!』
電話線引っこ抜いて、
会社に電話!!!
「主任!主任出して!」

「メールしたとおりでね、
 …決まっちゃったみたいよ?」
「部長!部長を出せぇ!!!」

「あー、そ」
「御託はいいから、
 会社のそばで、
 どこか店、押さえとけ!
 あと、今日スーツ着てないからね!」

「あー、わかった」
がちゃん!

かんぱーい。
「行け、ってんでしょ?」
「まぁまぁ…」
「あたしのご意見ご要望は、
 まったく、とおらない
 模様ですねぇ!!」

「次は、好きな現場を
 選ばせるから…」
これ、『空手形』でした。

翌日、
「30分だけ本社に居ていい」
とのことなので、
ありあわせの荷物作って、
部長とタクシーで客先へ。

ふつう、客先常駐って
「顔合わせとおらないと
 常駐できない」んだけど、
『きれいにすっ飛ばされた』
行ったら突然、
客先の役員と名刺交換だし、
何より…
『席が、もうある』
端末込みで。

いくらあたしでも、
いきなり、客先の
大型コンピュータは
わかんないよ…と
同じ会社から常駐している
メンバーに色々
聞いてみたところ、
「雰囲気が、ちがう」

どうやら、ウチの役員に
経歴詐称されている模様。
VB+Oracleのところを
COBOL+大型コンピュータに
書き換えられている…らしい。

定時後、タクシーで
本社にとんぼ返りして、
大型コンピュータ担当の同期に土下座。
「あたしに、
 大型コンピュータを、
 教えて、ください!!!」

「教えてって…
 とりあえず、何?」
「フォームオーバーレイ、
 さっぱりわかんない…」
「オーバーレイ…
 ADJUSTかなぁ…」
「マニュアル、
 コピーしていい?」
「そら、いくらでも」

一週間、二週間、
「冷や汗と頭痛しか出なかった」
マニュアル見ても、
JCL、いまひとつわかんない…
『あれ?????』
カード、カードって、
JCL一行…これ、
『パンチカード一枚』ってこと?
そこから、
するするっと、知識がつながった。

「オープン系から
 大型コンピュータ」という
普通ではありえない
進み方したし、
「製造系」から「金融系」へ
突然の転向…というのも
普通では、ありえない。

『なんとか、しました』
…リアルに社運が
かかっているの、
「無言の空気」で
伝わって来てたので。
席にマニュアル積み上げて、
「無言で知識を
 ひたすらつなげていった」
一か月経たないくらいで、
バッチであれば、
JCLも、COBOLのソースも
書けるようになった。

まぁ…その後
「部長は、飲みに行くたびに
 リアルに酒で潰して、
 他の常駐メンバーと
 足と腕持って、
 地下鉄に放り込んだ」
しかも、何回も。

そのくらいは。
「かすり傷」にも
なんないよね☆

ほんと。
よく。
「なんとか、なった」よ…

大型汎用コンピュータの世界。

システム構成とかは
「現場によって
 まるっと違うので」
必須なんだけど
細かい数値の類が、
現場によって異なります。

リージョンサイズは
デフォルトでいくつ?
1TRK/1CYLは
何バイト?
BLKSIZEは
いくつで計算が
ルールになってる?

そのあたりを。
「先に現場に入った人が、
 仕事中に見た
 手帳やメモの類、
 こっそりと
 コピーするんだぁ!」


「お前、
 なに、勝手に
 コピーしてるんだよ(怒」
「ふーん♪
 みーんな、
 通ってきた道じゃん?」
ごつっ!
「いたい…
 リアルに、いたい…」

その手のコピーに、
自分でいろいろ
書き込みを加えていくんだけど…

半年くらい経って、
知り合いがメンバーとして
現場に入ってきたなーと
思っていたら…
「あ、ちょっと教えて」
「どしたの?…って。
 その手元のメモは…
 あたしのメモじゃんか!
 いつのまに!」
「う…ほら。
 『ご安全に!』」
「ごまかしに、
 なってねぇよ!!」

もしかしたら。
あたしのいた、
『あの現場』だけの
文化なのかも知れないけどね☆

『システムの元プロ』


……
………

ふつふつふつ…

あたし。
富士通のGS8200も、
GS8400も、
IBM Zだって
使ったことあるもんね!


IBM Zは
でーっかいマシン室で
飼われていて、
運用さんが目を光らせていたので、
ご尊顔を拝むことは
かないませんでしたが。



「そいつらは、
 パソコンじゃなくて、
 『メインフレーム』
 大型コンピュータだろうが!」

"JCL ERROR"
…あー、寝ぼけた。
COBOLのソースを
コンパイルしようとして、
『COBOLのソースを
 SUBMITしちゃった』…
あー、何かそろそろ
ELIBがパンクしそうな
予感がするなー…
当たんなければいいけどなー…
コンデンスするの
めんどくせーーー!
あ゛…
テストのインプットデータで
使おうとしてたこのデータ、
オープンリールだ…
毎回迷うんだよなー…
『プロテクトリングって、
 はまってる状態と
 はまってない状態、
 どっちがリードオンリーだっけぇ?』

なんていう、
「ほっこりとする思い出」も
ございまする。

『ほっこり、しねぇよ!(怒』
現役のホスト屋さんの
怒りの声が
聞こえて来るような気がするー。

ACOS、触りたかったなー…

普段使いのパソコン。

ボロだの、
中古の安物だと
言いつつ…

「使えてるよね、
 DELL OptiPlex 980…」
発売されたの9年前です。

やっぱ、初代とは言え
i7選んどいたので、
普段使いには
なーんの問題もないなぁ…
4コア8スレッドだし。
メモリも8GBにしたし。
あ、グラボを
GT710にしてるんだ。
これは案外「効いた」
そしてSSD化…
これはものすごーく
効果あった。
ストレスほぼなくなったもん。
「ほぼ、これで問題なし」
…実は、会社のパソコンより
速くて安定してる。
まぁ、会社のパソコンは
金融機関的にいろいろと
仕込んでたりするんで、
それこそ
「しゃーないか…」
なんだけどね。

「USB3.0がない!」と
最初騒ぎはしたものの、
…USB2.0でも、ほぼ
「困りはしない」
…トロいのを待てばいいだけ。

もう1年ちょい使えば、
「2年使ったことになる」んで、
そのあたりで、
買い替え、検討しようかねー…

使いもしないDebian10が
「邪魔っけ」な気がするけど、
SSDを500GBにしてる上に、
x:\usersをHDDの
D:ドライブに逃がしてるんで、
「…まぁ、いいか」と言う感じ。
確か120GB位しか
Linuxにディスク割り振ってないし。
Windows領域の空き容量は
「じゅうぶん!」だよなー。
余計なプログラムは
入れないことにしてるし。
「いざ」って時に
Linuxが欲しい!ってこと
「まれに、ある」んで、
このまま、行ってしまうかねー。

ただ…
バックアップ用の
ポータブルHDDを検討すると…
「USB2.0で
 動くんか?これ?」と
心配になることはあるけどね。
「USB3.0の電力ないと、
 スピンナップ
 しないんじゃないの???」
裸で売ってる2.5インチHDDの
データシート眺めると、
ものによっては
「5Vをちょい超える電力を
 要求しているもの」が
なくは、ないんで。
一応、
ポータブルハードディスクの
メーカー各社の言い分では
「USB2.0でも
 互換性あります」とは
ほとんどが、言ってるけどね。

『Sandy Bridgeより
 古いのか!』
…それは、言わないで…

iPhoneの
「iOSが降って来る」
まぁ、そんな話は
ネットニュースで
聞いてはいたが…

「今すぐアップデート」
させるかぁ!!!
空き容量、ないんじゃー!

あわてず、騒がず、
「iTunesに接続して」
同期かけて
バックアップ取って、
『iTunesからアップデート』
USB2.0の
OptiPlex 980からでも
「なんとか、なる」

昔は、
「新しいiOS、きたぞー!」
何はともあれ、
「iTunesをアップデート」
すると、新しい
iOSが受け取れるようになるんで、
意気揚々とiOSの
アップデートしてたよなー。

iPhoneだけで
iOSのアップデートが
できるようになったのは
最近…でもないか。
ただ、OTAアップデートは
「iPhone内で
 OSイメージ展開」
したりするんで、
最悪、コケないとは
言い切れないんだよなー…
実は一回
「コケました」
…復旧させるのに
えらい苦労したっけー。

本来的には…というか、
『昔ながらの方法では』
iTunesから
iOSのアップデートなんで、
バックアップ取る
いい機会ってことで、
あたしは、iTunesから
アップデートかけるなー。

コツ…
「純正ケーブル使うこと」
転送が途切れると、
最悪コケるので。

あー、
無事にアップデートかかったー!

「例のごとく」
寝落ちしてました。

何だかねぇ…
帰って来るでしょ?
ごはんたべるでしょ?
おなかいっぱいに
なるでしょ?
「眠くなる」

何かしようとは
してたんだけどさー、
頭が、まとまんないんだよねー。
一回寝ると、こう
「すっきりする」
何とか、ならんのかねぇ…

逆に言うと、寝ちゃうほど
「何にも、考えてない」
とも言えるんで、
平和と言えば、そうなのよ。
平日はもしかしたら
こんなもんなのかも
知れないねー。

会社の血圧計で
血圧図っても、
しっかり、
血圧下がってるんで、
「欲かかなくても、
 いいんじゃないの?」
と言う気はするなー…

…眠れないよりかは
「はるかにマシ」だよね。

せっかく
銀座のヤマハ来たし、
古川さんの描写の
ことも考えて、
指揮棒、タクト見ていくか―。

…結局、管楽器フロアに
入ることになるのか。
ここ、魔性だから、
余計なところは
見ないようにしようっと。

「振り方を知りたい」
だけなんだから、
安くていいです!と
ムラマツのKシリーズを
何本か振ってみたところ…

「すごく、しっくり来る」
K17が、あたしにぴったり来る。

BGMに合わせて
かるーく、静かに
振ってみたところ…
「これは…
 『持ってみないと』
 わかんないわ。
 何て言うのかな…
 『腕が、続いてる感じがする』」

えい、ままよ!
「ムラマツのK17、ください!」
これまた、税込み990円でした。
銀座のヤマハで
三千円くらい消えると思っていたので、
まぁ、いいか、と。

あたし、腕が長いんで、
390mmのK17が合ったけど、
ほんと、指揮棒は
「持って、振ってみないと
 わかんないわ、これは」
という感じ。
なので、都内近郊であれば、
指揮棒、タクトに興味があれば、
銀座のヤマハか、
山野楽器行って、
「実際に持って振ってみる」を
オススメかなぁ…
びっくりしたもん。
ちょっと長さが変わるだけで、
感覚、別物になるから。
一応、目安としては、
聞き手の中指の
第二関節から、
肘の中央との長さが
自分に合った指揮棒の
長さとのこと。
たぶん、人気があるのは
PICK BOYの
グラスファイバーだと
思うけどね。
税抜き2000円。
そこまでは…という
気がしたので、
ムラマツのK17にした、と。

でまぁ、帰って来て
遊んでみているんだけど、
今まで振っていた
ペン類とは、
「まったく、別物」
で、実際に
振ってみないとわかんないねー。
例えば、
オーメンズ・オブ・ラブの
冒頭の最後のところ、
「高音のロングトーンのために
 指揮棒を上げるなら」
上げる「準備」しないと
指揮の基本は「下げる」だから
上がんないんだわ。びっくり。

あとやっぱり、
本物を持っていることで、
描写の幅がすごく増えた気がする。
指揮者が、大声出しながら
譜面台をタクトで叩く…
「怒り」の表現だよね。
持つ、振る、置く…
「経験には、かなわない」
あと、実際にタクトを
選んでみたことによって、
知ったことも、すごく多いし。
…成長期と言うことは、
自然とタクトが
「合わなくなる」ってこと?
腕の長さが伸びたら、
重心も当然変わるだろうから…
やっぱり、これも
タクトを選んで買うことを
「経験してみて、良かった」

いやー、今日は
「大収穫」だったわ。
下手すれば一週間くらいで
飽きてしまう、
デジタルモノ買うなら、
こっちの方が確実に
あたしには、役に立つわ。

さて、今度百均か、
ホームセンターで、
「筒状のなにか」
買って来ようっと。
…タクトケース、
「マジで高い」んだもん…
(平気で数千円とかします)

このページのトップヘ