そういえば。
台風の時。

「古河市思川周辺で…」
思川?

なんか、記憶と違うんで、
地図とか調べたら、
「あっちかぁ!」
野木との境目あたりから、
渡良瀬川に一本増えるような
感じで、流れてるの。
あー、確かにあった!


…じゃあ。
「ちっちゃいころ、
 自転車ごと落っこちた
 あの川、いったい何だぁ?」
真夏の「ひと息」的な時期だったんで、
トラクターで自転車ごと
近所の親戚に引っ張ってもらったんだけど。
水もほとんどなくて、
「どろ」なので、
「どぼ。」みたいな感じで
落ちたんだけど。

そうそう!
「落ちる」瞬間って
音がないの!
あ?
「    どぼ。」
景色が「ぐるん」としたら、
気づけば「どろだらけ」

あのへんねー。
場所柄歴史柄、
水路とか小川とか、
いっぱい、あるからねー。

さすがに、
この歳、この時期に
「落ちたら」
シャレにならないので、
近寄らないでおこうっと!

バス停から…
「あるって30分は
 かかんどなー!」
それに。「なんにもない」し。

「田んぼに畑、
 ぽつーんと家!」
北関東の原風景!