戦前は、
「大地讃頌」
卒業式で歌わなかったんだねー。
いつもどーり、
ゲイ友とお電話してて、
知らないっていうから、
「戦前は、なかったんだ!
 尋常小学校だと、ないんだ!」
…戦後生まれだと、怒られましたが。

こほん。

まー、その。
大人になるとさ。
お金とか、あるでしょ?
時間…ひねりだすと、あるでしょ?

夏にさ。
「サマードレス」
着て見たかったんだよねー。
どんなのかな?って。
小学校時代の憧れとか、
そういうもの、あってね。

ただ、
「近所で買える訳がなく」
行ったの。岐阜に。
さすがに岐阜なら
知り合い、いないだろう!と。

忘れもしない!
忠節の、名鉄パレ。
子ども服売り場で買ったの。
なんかこう、真っ赤になって、
「爆発するんじゃなかろうか」
って感じだったよねー。

で、ホテルに帰って、
しっかり戸締りして、
着てみた…んだけどさー。
身体が大人じゃん?
しっかり男性じゃん?
いくら当時、20代で
やせてた、とは言え。
鏡見たら…現実なんだよねー。

女装自体は経験あったの。
新卒の会社は、
「新入社員の男性は、
 社員旅行で
 女装するのが決まり」だったから。
…現代なら大問題だね、これ。
本当はセーラー服が良かったんだけど、
「じゃんけんに負けたんで」
バニーガールになったんだけどね。
女性社員に、ばっちり
メイクしてもらってさー。
「やるんだったら!
 やってやるぅ!」という
元々の性格が出てしまい、
舞台で意味なく
「モデル立ち」したもんね!

まー、サマードレス。
何だろうかね。
「夢がかなった」のと、
「現実を見た」のが
同時に来た、って
感じだったよねー。
「がっかり」もしたけど、
やっぱ…
「嬉しかった」も
大きかったかな。やっぱりね。

ただ。
「外は、ムリだな…」と思った。
身長170センチ以上あるし。
ホテルの部屋で、
そっと着るのが精いっぱい、って
感じだったな。

秘密にしてたんだけど、
…「まぁ、いいか」と思ったので。