異世界モノとか、そういうの。

ぜんぶ世界、
「つじつま、あわせて」
組み立てないといけないから、
相当な「難作業」だと思うんだけど。

何て言うのかな。
三人のおはなしの場合、
「高校生の女の子」っていう
「共通理解」…というか、
「フォーマット」が使えるので、
「むしろ詰めなくとも、
 キャラクターが動いてくれれば、
 世界の方が、出来上がっていく」
感じ。
「吹奏楽部特有」のところは、
「軽く補えばいい」感じ。

なので、
「三人、自由に動いて欲しいから」
作品と作品との間では、
つじつま、合わないよ!と
宣言してる…という訳。

「無縁の駅」なんて、
和恵との別れのあと、
「完璧に作者が行方不明」
だったからねー(泣
「たためない!
 着地、できない!」
何かこう、着地できそうな
河原があったから、
「不時着で終わらせた!」
そんな感じ。たはは。

来週あたりから、
ちょっと勤務時間延ばすんで、
「むしろ余裕出てくれれば
 『嬉しいな』」とは
思ってるんだけどね。
吉と出るか、凶と出るか!
二兎を追うものは!
「三都を得ず!」
「三都物語」は谷村新司!(古