あたしの世界では
「指揮者と言えば
 古川さん」

「古川さんは、
 どんな感じで
 『振るんだ?』」と
身体になじんでる曲、
それこそスゥエアリンジェンとか
「振って」みるものの…
「出だしから、わかんねぇ(涙」

ホールを想定すると、
「それなりに仕上がった状態」で
演奏するはずだから、
「出だしを、とんっ、と叩く」
ことができれば、
演奏は「進むことができるはず」

ただ、「練習」となると
どーなるんだっけ?
何しろ、「やる気ない部」だったから、
指定が80bpmとかだと、
先生が腕時計外して、
「60bpmと120bpmから
 勘で取ってみて」
「こんなもんー?」
「そんな感じー」
…テキトーだなぁ、おい!

わかんないけど…
「合同練習を繰り返すごとに、
 指揮も固まっていく」
ものなのかなぁ。
まず、
「全パートのテンポキープ」
するでしょー?
「全体的な強弱や
 リタルダンドとか」を
合わせていくでしょー?
「ココで、
 ぱんっ、と、入れ!」な
ところは…
「見事に身体が動く」…?

YouTubeとかだと、
動画作る人が
「そこまで気にしてない」から、
「振り始めの一番あたま」が
抜けてたりするのよー。
そこが、見たいの!


なお。
練習で何度か
あたしが「振った」時は…
「しょっちゅう、
 スコアの位置、見失いました」
あー、もうすぐコーダだから、
勢いで振っちゃえ!
「氷室先輩、見失ったでしょ」
「なぜ、わかる!」
「最後、スコア見てなかった」
「バレてました?やっぱり?」