コンピュータ、
「水をかぶると
 全滅します」
なので、大型コンピュータの
マシン室では良く、
「酸素をガスで追い出して、
 なくしてしまえば、
 火は消えるはずだ!」という
装置が入っています。
「不活性ガス消火装置」とか、
ガス名を取って
「ハロンガス消火装置」とか言うの。
…けど。
「酸素がなくなる」ので、
動作すると…
「中の人、死にます」
なので、装置には、
動作したら、音と光で
『すぐに逃げろ!』と知らせる
仕掛けが必ずあります。

開発者ミーティングにて。
「今度の日曜日、
 消火装置の点検がありまーす。
 ガスは出さないけど、
 音声とアラームは鳴るので
 注意してくださーい」
げ。
休日出勤、当たってるよ。
嫌だなぁ…

当日、業者さんが…
「えー、これから
 放送装置の点検しまーす。
 アラームと音声が鳴りますが、
 ガスは出ませんので
 よろしくお願いしまーす」
…音だけなんだよね。
どきどき。

『ぴゅう!ぴゅう!
 消火装置が作動しました。
 命の危険があります!
 すぐに退出してください!
 ぴゅう!ぴゅう!
 消火装置が作動しました。
 命の危険があります!
 すぐに退出してください!』


マシン室の扉は、
わざと、解放されています。
万が一があっても、
必ず、逃げられます。
そして、自分はマシン室ではなく
開発室にいます。
けど…

「音だけでも、
 すっげー、
 こわいよぅ…」

たまたま課長がいて、
「うん。
 みんなで、さ。
 上のタバコ吸える
 ミーティングテーブルで、
 しばらく、休憩しようか」

ほんと。あれは。
わかっていても…
「怖い」