「まくら」

落語で、本題に入る前の
小噺とか、世間話の類ね。

『そっちじゃない』
…寝るときに使う方です。

…と、うまく「枕」が
入ったような気になったので、
いざ本題。

「まくら」買ってくると、
親がウルサイんだよねー。
「あるでしょう!」って。

「まくらには、
 寿命があるの!」
へたったら、寿命。
2年くらいという説もあり。
とくにあたしは、
「頸椎」を支えてくれないと、
起きたときに、
すっげー首と頭が痛くなる。
首の筋肉が
バッキバキに凝って痛くなる。

昨日?
精神科の帰りに、
普段の買い物してたら、
まくら、売ってた。というか
「安売りしてた」

あたしがまくらを選ぶ基準は
「首を支えられるか」
なんで、一般的な
「まくらの中央が膨らんでるの」
これはバツ。
首のところがスッカスカになるので。
「まくらの中央がへっこんでるの」
もしくは、低反発系のように
「まくらの手前が出っ張ってるの」
で、できれば
そばがら・パイプは避けたいです。
…中身が「つぶれると」
かさが減って、首支えてくれなくなるので。

ちょうどよく、
「まくらの中央がへっこんでいて」
「ウレタンフォームで
 多少寿命長いかな?という気がして」
「安かった」
ちょいと左右に大きいけど…
「バッグに押しこみゃ、
 はいるんじゃん?」
と、買ってきました。

最初寝たときはね、
最適な位置がわかんなくて、
やっぱり首、痛くなったけど、
ごそごそ動かしてみて、
「…ここ?」というポイントを
見つけたんで、
そこで寝てみたところ…
「すげー、すっきりする!」
起きたときに、首が痛くない…
葛根湯やロキソニンの出番が減るので、
やっぱりまくらには、寿命があるよ!

買った店、
「たまに、すごい安売りするんで」
まくら、寿命かなーと思った頃に
また行ってみようかねー。
前は、安いから
とある西友で寝具買ってたんだけど、
「なくなりました」
若干、寝具ジプシーになってたんで、
いい店あって、よかったなぁ…