月曜日、
出社して、連絡ボード見たら
「まるっと、年明けまで
 休んだ方、いらっしゃる」
いいんだ、それ、ウチは!

連続休暇の制度、あるんだけど
「スケジュール」「納期」という
リアルな問題にブチ当たって、
「いつ、取れるんだろ…」
と、なりつつあります。

で、1月のカレンダー見たところ、
「ヤバいじゃん!」
第一週、まるっと「欠けて」るじゃん!
…ここらあたりの「危機感」が
向こうさんに伝わらないのが…
『青空が哀しい』

するってーと、
役所関係の手続きを溜めちゃったの、
今週中に、何とかしないとヤバい…?
上司!…いた。

「お願いがあるんだけどー」
「なにー?」
「この曜日、休んでいいー?」
「いいよー!」
「向こうさんに連絡しとくねー」
「メールでいいからねー」
…30秒くらいのやりとり。

たったこれだけなんだから、
ほんと、「休めばいいのに」って感じ。
ただこう、変な貧乏性で、
「出勤して、適当にやってれば
 休暇は減らないよね」っていう
気がしちゃうんだよねー…
年明けしばらくしたら、
また「ぼんっ!」と、有給つくぞ!

まぁでも。
「休まず、いつもきちんと『居る』」
これ、信頼とか信用とかに
すっごく関わるからねー。
隣の上司が言ってたわ。
「居なきゃ、文句もつけられない」
あたしもそう思う。
『出勤してナンボ』

…と。
少しずつ「耕して」おいてですねー…
スケジュールに「隙間」作ってですねー…
「ぼんっ!と、休むぞ!!」

…春、あたりにね。
とりあえず、
今週、どこか休みます。
行き先が「役所と保健所」なのが
悲しいですが。るー。