「アイディアの
 まとめ、ねぇ…」
会社だと、裏紙を
ざくざくと切ったメモ用紙が
使いやすくてベンリだけど。
「下手に持ってくるのも、ねぇ」

サイズ的にA4の半分の半分なんで
「A6」
裁断機があれば、ざくざく切るだけ…だけど
「裁断機が案外高い」
プラ製の10枚切りとかだと、
気合と匠の技で20枚切りとか、
できないんだよねー…裁断機が負けて。
けど、A4だと取り回しが悪くて…と
ふとマウスの下の紙を見た。
「A5。A5、絶対ヨドで売ってる」
あたしが某サポートセンターで
あえて買って使ってたもん。A5。
若干入手性に難ありなんで、
B5使うようになったんだけどね。
例えばA5の白紙、縦に用意して
「縦に半分の線を入れる」
すると、なにかのできごと、とか
少ない言葉だけで書いても、
きれいにまとまる。
実際、サポートの現場でも、
A5の縦の白紙に縦線入れて、
何があって、何したらどうなって…と
手書きでざくざく書いて、
それを見てログ起こして、
帰りにシュレッダーで処分してたもん。

メモブロックとかも考えてたんだけど、
「バラすのが大変でしょ?」
ばらばらの紙、ってところが
あたし的にポイントなので。
…遅延証明書をバラす技使えば、
ばらせるけどねぇ。
コスト的にもやっぱりA5の紙、かなぁ。
後は適当に百均でもいいんで、
「箱」A5が入る箱。
これは用意できるでしょう。
後はクリップ類。
ダブルクリップは使いやすいけど、
案外コストが…なので
『ガチャック』
結構、いけそうだねぇ。
あ、実はちょっと前に
「用紙ガイド付きの
 50枚モノの二穴パンチ」
買ってあるので、
それこそA5キングファイル戦法でも
いいわけだ。
あー、A5はA5"E"になってしまうか。
キングファイルだと、横長だって。
「源泉徴収票用」となっているのは
一応A5S、縦長あるけど。
…ま、綴じられればいいよ。
『まとまりゃ、いいんで』

やりたいことは、
ばらばらの「かけら」
言い換えて「シーン」でもいいよ。
思いついたら何らか書いておいて、
後で自由に見返して、
まとめられたら、まとめたい。
そうすれば、かけらから線が生まれるはず。
「浮かんだイメージだけに頼る」
今の戦法に比べれば、もしかしたら
『少し余裕と、幅が出るかもしれないし』
もしかしたら
『むしろ縛られて、
 小さくまとまるかもしれないし』
…やってみないことには、わかんないよね。
ただ、とにかく「ばらばらにできる」
これを大切にしているので、
入れ替えてもいいし、捨ててもいいし。

案外、いい線いってるかもねぇ。
そんなにお金もかからなそうだし(重要)
ガチャックとかクリップとか
あとキングファイルも
見たい、となるとー…
やっぱアキヨドの2階か、あそこか。
…週末、行けたら行ってみるか。