実は、あたしの
小説に対するスタンスは…
『お金、かけない』

いや、「メリハリ」だから、
背骨というか、核になる部分、
例えば国語辞典とか、用字用語集。
コレは新品でお金、かけるよ?
でも普通、二つで五千円くらいだよね。

あとは、なるべーく
「お金、かけない」
一太郎先生も欲しいんだけど、
LibreOfficeの
「好きなパソコン、
 好きな台数だけインストールできる」
この自由さには勝てず。
禁則処理甘いけど、プロじゃないし。

今まで何かまとめるには、
A4白紙と百均のリングファイルだったんだけど、
「広げる場所が必要」だから、
だんだんと
広げなくなっちゃったんだよねぇ。
『小さくしてしまえばいい』
案外、単純なこと、だったねぇ。

「罫線なしの紙の自由さ」は
実は某会で使ってみて痛感してまして。
とにかく「自由」
大きく書いても、小さく書いても
「なんでもいい」
だから、あたしが某会の会議で使ってたの、
実は「じゆうちょう」だもん。

まぁ、とにかく、やってみよう!
ダメなら「ダメだった」という
学習にはなる!

…良くA5、思いついた。えらい、えらい。