「運がいいとか 悪いとか
 人は時々 口にするけど」

『原稿用紙五枚縛り』
あれが、まさかまさか
あそこまで「形になるとは」
あたしが、思ってなかったんだって!!

案外なところだけど、
「締め切り半月前のものかき」と
「保健室と未来」
あの二作だって、
「あそこまで、
 すとん、と行くとは
 思っていなかったの!!」
…まぁ、あれが超えられないとも言うけど。

ただ、やっぱ書いてみて
「…季節…いや、
 日、すら超えられないんじゃないか?」
どうするか…
「設定詰めるっきゃないよね」

ただ…
『縛るのと、設定するのは
 どう、違うんだぁー!』

しくしく。

ただ、あの頃やっぱり
神がかりに近くてねぇ…
自分としての経験値が、
一作一作で、
ものすごく「濃い」のよ。
自分で言うのもナンだけどさ。

なので、自分の中で
「できることと、できないこと」
イメージ浮かべば書けるけど、
「イメージとイメージを、つなげる」
とか、
「根底にある世界観」
とかは、自分にない!と思っているので、
いろいろ、手は出しては見てます。

ただ、
「わかんないよぅ…」
恥かくのはかまわないんだけど、
恥かくための「作品」にまで
持って行けないよぅ…

『やっぱ、煮詰まったので
 今夜はここで、寝ます!』

…「手法」で煮詰まるとは
思ってなかった。
難しいね、やっぱり!!

ま、寝るまでに
軽いネタ思いついたら、
何か記事書くかもだけど…

おやすみ☆