んー。

『コメント欄開けている以上、
 こういうことは、
 いつでも、これからも
 ありうる!』

それ「込み」でブログは運営しないと、
ブログはやってらんないよー?

どう対応するか。
「ブログ運営者のお気の済むままに」
正面突破の返信してもいいし、
予告なく、コメント自体削除してもいい。
「どこを、どうするかの決定権は
 ブログ運営者が握っているので」

なので、「記事削除」したって
かまわないんだよー?
卑怯と言われようが、何だろうが、
「すべての力は、
 ブログ運営者が握っているので」
ブログ「ごと」消すことだって、
ブログ運営者、
ここではあたしが、できること。

「場を作って、守る」というのも、
ブログ運営の大切なこと、だからねー。

けど。
「コメント欄を開けておく」ことは、
あたしは、大切なことだと思う。
反論や批判を受けるために。
あたしは、万能ではないので。

まぁ…
「国語辞典の引き方を思い出しなさい」
という、阿弥陀如来のお導き…
『だった、ということに、しておきます』