「完全スルー」
覚悟したんだけどなぁ…

まぁ、皆様、
読んでくださる方は
読んでくださったようなので…

多少、「仏教」も
ウチの範囲に、入れてく…?

ただ、「13宗全部」とかは
ムリだかんね!
「曹洞宗と臨済宗の違い」とか!
浄土宗、禅宗じゃないので、
「座禅、やってません!」
(座禅されたい方は、
 されて、かまいません)

まぁ、日本の伝統仏教の考え方を
ひらべーったく言ってしまうと、
「往生する先、ちゃんと、ある!
 なので、心配しないで
 『善く、生きましょう』」

「善く生きる」という考え方は、
比較的、日本人に合ってますので、
合う方には、合うんじゃないですかね。
その点、聖徳太子はすごいです。

まぁ、日本の仏教は、
中国経由で日本に入ってきた後に、
「かなり日本化した」ところも
結構あるといえば、ありますが。

もちろん、仏教以外の宗教が
「自分には合っている」方は
それで、よろしいと思います。
個人的には…
宗教はあくまで、内面的なこと。
教えとの出会いはどうであれ、
自らが信じ、自らを律する。
そういうものではないの?と
思います。
楯つくわけではありませんが…
「何々が起きるから、改めなさい」
『それは、違うでしょ!!』
あたしはそう考えます。
もし、「恐れ」で他人の考え方を
変えることができるのであれば、
「まつりごと」も、恐れをもって
行えば、よろしいのではないのですか?
しかし、そうは、なっていないですよね。
そしてもし、おっしゃるとおりに
なったとしても。
仏教の現世の考え方ですと…
「そういうことに、なっていた」と
言うことができると、
『あたし個人は、考えます』


「仏、ほっとけ」という言葉が
あるくらいに、
忘れやすいものです。
あたしだって、
しょっちゅう、忘れております。
もし、ご自宅にお仏壇があって、
しばらく、ほったらかしたなぁ…と
お思いでしたら。
お仏壇は、お寺に行かなくとも、
「ご自宅で仏様にお参りできる」
ありがたいものでございます。
水を替えて。お線香をあげまして。
静かに、お手を合わせるのも
よろしいのではないでしょうか。
…何かあってはいけないので、
「お線香を折ってしまって」
10分かからずに消えてしまうように
してしまうのも、よろしいかと。

「忘れていた」と
「思い出せること」自体、
ありがたいことではないでしょうか。
信じる心がなければ、
思い出すこと自体、できないのですから。

南無阿弥陀仏







……
こえーんだよ!
法話風のネタって!!
微妙な言い回し間違えるだけで
台無しになっちゃうから!!
「あっち確かめ、こっち確かめ」って
舞台裏はしっちゃかめっちゃかに
大変なの!!!
「微妙な宗派による違い」って、
書く方としては、
ムチャクチャ気を使うんだから!!
しかも、きちんと「結ばないと」
終わるに、
終われないんだから、この手のは!

なので、次は本当に
「気が向いたらね」