ウチの職場、
PCに世界共通仕様が
入っちゃってるんでねぇ…
この方法、封じられてます。

もし、IMEの機能キーを
変更できるのであれば。
・変換をIMEオン
・無変換をIMEオフ
こう設定してしまうと、
全角半角混じりの入力が
かなり速くなります。

左上の半角/全角キーを使う場合、
「押したときに、
 IMEがオンになるのか、
 オフになるのか」
わかりづらいです。
押すたびに入れ替わる
トグル入力なので。

ただし!
「再変換機能を封じることになるので」
再変換機能を使ってる方には、
あんまりオススメできないかも。

なので、あたしの家のPCは、
変換・無変換キーで
IMEオンオフを制御してます。
変換を連打したとしても、
「IMEがオンになることは
 変わらないので」
IMEオフも一緒、ね。

おまけとして。
「日本語を打った後で
 無変換キーを押すと」
カタカナに無条件で変換されます。
もう一回無変換を押すと
半角カタカナになるはず。
MS-IME系は。
Google日本語入力、
Mozcでもそうなるはず。

なので、あたしは
ローマ字入力「なんだけど」
変換・無変換キーがないと困るという
ちょっと変わった人です。

…実はこの方法は、
富士通のOAK/Japanistで
身に着けた方法なんだけどね。
ちょっと違う。
「半角ローマ字日本語にしておいて」
変換叩くと日本語が打てる、
英数叩くと半角英数が打てる。
あれは、慣れると
ムチャクチャ「らく」なんだけど…
あえて買う気は、もうしないかも。
あれに慣れるには、
「OASYS慣れ」してないと
ものすごーくツラい…とのこと。
あたしはOASYS使ってましたー!
OASYS 30SFなどという
化石みたいなヤツだったけどね。
職場で生き残ってた
OASYS100よりかは、新しいぞ!

というところで…
おやすみ☆