精神科あるある
「薬が処方されたことで
 安心して、
 『まだ、飲んでないのに
  若干ラクになる』」
そんなもん、だって!!

いやー…
どのくらいキツかったって…
「BGMすら、
 うるさく感じた」
今、Spotifyでドビュッシーかけてるけど、
あー…やっと、こう…
という感じ。

「立ち向かうもの」が
変わった訳ではないので、
「やること」は
変わらないんだけど、
「らく」になれば、
それで、いいんだって!!

個人的には。
あたしにとっては、薬は、
「あくまで、補助」と
考えているので、
なんかこう、診察とか
処方とか、そういう
全体的な「なにか」で
楽になったのなら、
「それは、それ」
もちろん、病気によっては、
薬をしっかり飲まないと
「しっかり、悪化する」ので、
そこは、主治医とご相談を!

まーねぇ…
ここ数週間、
「やたらと、タイプミスが
 増えたよなぁ…」とも
思っていたので、
やっぱ、疲れてたんだねぇ…

個人的には。
「安心する」って
とても大切なことだと思います。
そして、「信じる」
…絶望の中にいると、できないけど。
「たぶん、良くなるんじゃ、ないか!」
何の保証もないけれども、
そう考えること「すら」
治療なんじゃないかなぁ…と、
ここ数年のあたしの
精神科の治療で、思うのですよ。

『ダメならダメで、
 主治医と一緒に、
 また、考えればいい』
薬にも、「合う、合わない」が
当然にある…んだけど、
「効果が出るまで、
 時間がかかる薬」
抗うつ剤とかは、そうなんだけど…
「しばらく飲み続けて、
 それでもダメなら」
主治医と一緒に、また考えれば
いいんじゃないかなぁ…と
個人的には、思ってます。

ちゃんと、処方どおりに
服薬して、
「できる限りの範囲で」
生活も見直した上で…
「結果的に、ラクになれば、
 それでいいの!」
あたしは、そんな感じです。

ということで。
イフェクサー、「眠前服用」なので…
そろそろ…

おやすみ☆