…思ったとおりかも。
さっきの絵、左手の形。
左手で楽器が支えられてないね。
このシーン、運指としては、
第二オクターブの上側のCまで
音出してるので、
最悪…楽器、落とすよ、これ。

もうちょっと、左手の手のひらは、
楽器の下に入っていいのよ。
左手で楽器を支える場所は、
左手の「人差し指の付け根」だから。
ただ、こんどは指の長さで考えると、
G#のレバーに左小指が届かない…のは
さすがにおかしくなるので、
結果的に…
計算が合わなくなってしまったのかもしれない。
んー…それであっても、
「リングキィだとしたら」
これでは、Gから下が押さえられない。
明らかに、Gのキィの側面を押さえてる。
ここのシーン、G#は出してないはずだから、
左小指は、「宙に浮いてて」かまわない。
そこらへんは、演奏者の「癖」の
範疇に入ってくるけどね。

「一般的に」
掌の長さと指の長さは、
ほぼ、一致するはずなので、
この絵だと、左手は、
「指が短いか、掌が大きいか」
右手に関しては、
このまま右手を引いてしまえば、
大きさとしては合うので…

もったいない…
そして木管は、「絵」にすると怖いね…
特にフルートは、左右非対称の楽器なので、
こういうことが起きても、おかしくはない。

…という風に、
演奏経験者には、「見えてしまう」のですよ。
これは、自分が文章で楽器を描写するときの
戒めにもなります。

正直…
『金管、書くの、怖ぇ…』
木管奏者なんでね、
金管は、こういうミス出しても、
おかしくないなぁ…

音出ないを覚悟して…
どっかの楽器屋さんで、
金管の試奏させてもらおうかなぁ…