いやー、ごめんごめん。
ごろ寝しちゃったら
0:35!

あー、もうね、
…のんびり、行こう。

あー、ネタだよねー。
なんかこう、
「あー、今晩のおかずー…」と
悩んでいるおかあさんは
大変なんだねー。

…いや。
…無ぇなァ。
字面的に「松鶴家千とせ」が浮かんだけど、
さーすがに引っ張るのキツいなぁ…
イェーイ、シャバダァ…
わッかるかなァ、わッかんねェだろうなぁ…

…こうさ。
あたし、テレビは見ないんだけど、
YouTuber含めて、さ。
芸人を名乗っている人はちゃんといるけど、
『芸を持っている人は、あまり、いないよね』
なんつーの。
ただ「喋り方と内容だけ」とか、
YouTuberだったら「金かけただけ」とか。

まー、あたしも「芸」があるかと
言われてしまうと、
古いギャグのリサイクルと、
下手な小説くらいしか、ないんだけどね。
(あたしの小説、「芸」だったんだ…)

いやー。
「昔は良かった」じゃないけどさ。
昔は、「その人ではないと、できないこと」って
ちゃんと、見せてくれたよね。
あたし「トニー谷」も好きなんだけど、
あの人のアレは、あの人にしか
「できない」よ?
…YouTubeから引っ張って来てみる?
あ、これ最晩年の頃で、ちと「短い」んだけど、
逆に「ノリがいい」んだよなぁ…ぺし。
この「トニングリッシュ」が、
たまんないねェ…
いや、「嫌われ系」よ、
トニー谷ったら。
「ひどいこと」どころか、
『ここに書きづらいこと』言っちゃって、
嫌われるん…だけど、
「この人にしか、これは、できない」
…やっぱ「芸」だよねー。
あ、「おそ松くん」の「イヤミ」は
この人がモデルよ。

あー…
じゃ、ノリ的に、冒頭の
松鶴家千とせ。
あたしはこの人、好きだ。
この人もねぇ…味があると言うか、
「好き嫌い、激しい」んだけど、
これはやっぱ「この人」だよ…
もうさ。
言葉の「発想」自体がさ。
なんかこう…「縛り」を解かないと、
出て、来ないよぉ?
そして一抹『悔しい、なぁ…』と
モニタの前でハンカチを噛むあたくし。
世界まで「ちゃんと、創り上げて」
まとめちゃうって…ねぇ。

そしたら、今のテレビの
ひな壇に出てくる「芸人」って
何ができる、んだろうねぇ…
『しゃべるだけ』って言うのも、
こういう方を見てしまうと、
なんかこう…
言いづらいけど、「ちっちゃい」よね。

…あたくし?
…あたくしで、ございますか?

『生き方自体が、すでに「芸」です』
あたしで「笑って頂けるのなら」
こんな幸せなこと、ございません。

…と。かなり遅れましたなぁ…
遅延証明書、今パンチ探してるから、
ちょっと待って!!

…このくらい「のんびり」の方が、
あたしも、気が楽だけどね。
(24号)