【放談住宅 2020/04/11】
ネタないなー…と
思っていた時に、
ふと、普段パソコンばらしたり
組み立てたりするときに使う
ドライバーが見えたので、
「そいや、ドライバーを
 解説しているところって、
 案外少ないなぁ」と
思ったので。
なので、記事で扱うドライバーは、
『ねじ回しの方だよ!!』

一般的にパソコンで使われるねじは、
プラスなので、
最低限プラスドライバーがあればいい。
で、ドライバーってサイズというか、
太さがあるんだけど、
デスクトップパソコンなら、
「だいたい、2番でいける」
ただ、微妙なサイズのねじが
なくは、ないので、
「1番もあると嬉しい」

プラスドライバーは基本、
「番号が小さくなると細くなる」
実際の軸の直径(軸径)で行くと、
2番は6mm、1番は5mm。
「ホームセンターで、
 国内メーカーのまともなの」
VESSELとかそのへん。
秋葉原だと場所柄HOZANが
多いかなぁ…
このあたり選んでおくと無難。
1番と2番両方買っても、
「高くて…二千円くらい?」
なくさない限り、
「ほぼ、一生もの」なので、
二千円で一生使えたら、
「安い」でしょ?
正直、百均で買うと、
ねじをすぐなめてしまったり、
最悪ドライバーが負けたりするので、
おすすめしない。
うーん…どう説明しようか。
「工具用の金属としての
 硬度と粘りを持っていない」
「金属加工が甘いので、
 ねじにしっかりはまらない」
百円と千円だったら、そら違うわな。

まず、「ねじをなめる?」から行くか。
経験あると思うんだけど、
ドライバーでねじ回そうとして、
「ねじのプラスの溝、潰しちゃった」
これが、「ねじをなめる」
一回なめて、そのまま力づくで
合わないドライバーで回そうとすると、
「完全にプラスの溝をなくしてしまう」
こうなると最悪、「ねじ、回せない」
相手が精密機器でなければ、
貫通ドライバー当てて、ハンマーで叩いて、
何とか外す手はあるんだけど、
…シャーシが曲がるか、基板が折れるよね。
頭が「なべ」なら、
ロッキングプライヤーでつかんで、
何とか回せるかも、だけど、
…皿や低頭だったら、どうしようもないわな。
ごめん。軽く脅かした。
「ねじをなめた時用の工具」ってあるので、
それ使えば、ほぼ回る。
ただ、個人的には、
「回らなくなるほど、
 ねじなめるって、どうよ?」とも思う。
なのであたしは、
「なめた時用の工具」は、持ってない。
・ドライバーのサイズが合っていること
・ねじに当てる角度が正しいこと
・かける力が適切であること
これを経験積んで、わかることの方が、
「なめた時用の工具」より、
よっぽど大切だと思う。
『しっかり、押し付けながら、回す』
軽くなめた位だったら、これで回る。
しっかり押し付けて…力逃がさず…
少しずつ回して…「ぐ、ぐ、ぐ」
軽くなめた位だったら、
まずこれで、回るから。
正直あたしも、「まれに、なめる」
うぁ、やっちまった…って、思うけどね。
ただ、「最低限の時点で手を止めるので」
最悪の事態にはならない…そういうこと。

使う時は、「教科書的には」
2番、つまり大きい方から試す。
小さいドライバーで
大きいねじを無理に回そうとすると、
ねじをなめます。
ただ実際には「びみょー…」ってこと、
なくは、ないです。
「ねじをなめてしまいそうなら、
 1番と2番を変えてみる」
ねじにドライバー当てて、
回そうとしたときに、
がたつきがあったら、合ってない。
プラスの溝にしっかりと
ドライバーがはまってない時も、
合ってない。
ドライバーが合わなければ、
「当然、ねじをなめます」
自作系の記事やサイトだと、
「2番があればいい」派が
多いんだけど、
実際、メーカー物のパソコンを
ばらそうとした時に、
2番だと「…微妙だよな」
という時、あるので、
やっぱり1番もあった方がいいと
個人的には思います。

じゃ、ノートPCとか、
2.5インチHDDとかで使う
「精密ドライバー」
手元にあるのは、0番だなぁ。
柄違い、長さ違いで何本かあるけど。
これで、「8割方いけるんじゃん?」
良くある「精密ドライバーセット」は、
あたしは好きじゃない。
精度が出てないことが結構あるので。
たまたま、ぜんぶVESSELだけど、
正直、これでほぼ、困ったことはない。
ノートPCのねじだと、
ネジロック剤で固めてあること、多いので、
「一発目に外す時」結構固い。
さっきも言ったとおり、
サイズの合ったドライバーで、
『しっかり、押し付けながら、回す』
ぱきん、と回れば「成功」

「hpのパソコンの謎のねじ」
HDDとか、光学ドライブで
使われてること多い。
あれはほぼ、トルクスドライバーの
T15で回るはず。
T15は、買って「千円くらい…か?」
ちと高いけど、hp触るなら、
一本持ってていいかも。
だいたいの場合、
適切なマイナスドライバーで
回る「はず」なんだけどね。

マイナスドライバーのサイズは、
「先端の回すところの幅」のミリ数。
精密なら1.8とか、
ふつうので5.5とか6.3とか。
パソコンなら、マイナス使うことは、
「ほぼ、ない」と思います。

あとはドライバーの「長さ(軸長)」
一本目なら、
「握って、手に合ったもの」で
いいと思います。
まれに「極端に短いの」
欲しくなることあるけど…
パソコンなら、
「外すべきところ、
 外れてないんじゃない?」
という気がします。
一回お茶飲んで、冷静になって、
ライトで照らしながらよーく見ると…
「あ、ここ、外れるんだ」
ありがちー。です。

あと、ドライバー自体の「種類」って
あるんだけど、
「ふつうので、いいです」
ねじをなめる解説で一瞬出した
「貫通ドライバー」は、
先端から柄のうしろまで、
「軸が貫通」しているので、
「貫通ドライバー」
ハンマーで叩けるのがメリットだけど、
パソコンのねじをハンマーで叩くと、
「パソコンを壊す」ので、
貫通である必要、ないです。
「持ってみて、気に入ったもの」
で、いいんじゃないかなぁ。
手元のは「電工」です。
柄が丸いので、回しやすい。
あとなんだ。「絶縁」「検電」…
いや、「ふつうので、いいです」
ただ、ホームセンターによっては、
「ホームセンターオリジナルの、
 極端に安い物」という罠があるので、
(コー〇ンとかコ〇ナンとか、コーナ〇とか)
たぶんどこでも、
VESSELは売ってると…思うので、
目安にしてください。
HOZANもいいと思います。
(VESSELは工具メーカー、
 HOZANは
 「弱電に強い工具メーカー」
 なのでHOZANは、
 秋葉原で案外見かけます)
あとどこ?ANEXとか??

まとめるとー。
パソコンで使うプラスドライバーは、
まず2番と1番。
精密の0番。
「それぞれの、国内メーカーのもので、
 気に入ったもの」
hpいじるなら、トルクスのT15。
最低限なら、これでいいと思います。
下手に安いドライバーセットを
何セットも買うよりも…
個人的には、いいと思います。

急いでいないなら。
『世の中が、落ち着いてから
ホームセンターで探してみてください。
(39号)