【放談住宅 2020/04/18】
昨日から騒いでおります、
「パソコンの異音と
 ディスクの温度」

ふんふ~ん。
…ディスク何度?
「52度」

…。
いいっちゃー、いいんだけど、
発熱多いディスク載せたと考えると、
もうちょっと冷えてくれないと
困るなー。
なんだかんだ言って、パソコンの後ろは、
「10cmは」開けたいんだよね。

…アプローチを変えよう。
確かにこのフローリング、
足元側は叩くと、響きそう。
奥側は響きが少なそう。

「寝かす」
あんま、効果ないね。

何かこう、パイン集成材とか敷くと、
良さげな気がするなぁ。
敷く…敷く?
ごそごそ。

使い古した割り箸ぃ!
「はぁ?」
行くときゃ行くんだ、コレでも。
平行に敷いて、だ。
すいっちおん。
…………。
「大臣、
 今回の件について一言」
ノーコメントです。

割り箸は、ゴミ箱へ。
敷く。敷くですよ。
こう、多少空気含みつつの、
潰れにも強いというもの、
手元で何か。
…アレかぁ。たぶん。

ばさっ
「何ソレ?」
解き損ねた、試験の過去問。
社外秘でもなんでもない。
すいっちおん!

…行った。効果あり。
うしろ…12cmくらいある。
ただ、もうちょっと…

A4の裏紙なら、いくらでもある。
赤入れした、小説の打ち出し!
『見たく、ない…』
裏っ返しにしたまんま、
もう、がさっと敷いちゃえ!
ばさっ
つんつん←気持ちだけの整え
本体ドン!
8-7-2-3-6
「竹下景子さんが、ちょっとと言うねぇ」
「私も自信はないんですよー」
…クイズダービーごっこじゃない!
すいっちおん。

…。
音は、制したぁ!
温度…温度だよ。
『えー、次は、二十一世紀音頭』はぁ?
~♪
これからぁ~三十一年たてばぁ
この世は二十一世紀(もう、なったよ!)
その時二人は どうしているの
やっぱり 愛しているかしら♪
ハァ シャーララ シャーララ
シャーララ ララララ
シャーララ ラララララ…
二十一世紀の 夜明けは近い~♪
(とっくに、明けてるよ!!)

…盆踊りで佐良直美の二十一世紀音頭を
数年前まで流してたのは、
向こうの向こうの町会だよ!
最近は「さすがに、その…」って、
やってないらしいよ!
1970年から、音源が良く持ったよね。
いや!だから!
「音頭」じゃなくて「温度」!
「49度」
じぃっと、待つ!様子見る!
あ、もらって食べ損ねた、おせんべい。
…しけてる。音しない。
もぞもぞ。

「44度」
下がったぁ!制したぁ!
そして異音も、ほぼ聞こえない!

防振発泡ゴムでもダメだったってことは、
いい感じに重量を「分散」させないと、
ダメってことだぁねぇ。
重ねたコピー用紙、しかも
一回使っているから、
いい感じに空気含んでるし、
クッション性もある、と。
で、パソコンの重量は、
「じわっ」と、床にかかってる。なるほど。
後面の空間も充分。いいね!

さて。
「一晩、ブン回して」
明日起きたら、どっち転ぶか!
こういう時は、知恵ですよ。
ぐるっと見回して、
「なんか、ないかなー」
そして自宅だから、
「見栄えはどうでもいいんだ!」

若干、床面から上がったから、
ほこりの舞い上がりにも効果あるかもね。
しかし、答えではない。
「一晩、ブン回して」
ダメなら、明日も追い詰めてやる!

…買い換えても、いいんだけどね。
(46号)