【放談住宅 2020/04/25】
どようびー。

ということで、ふと
次のマシンとして狙おうかなーと
思っていた、OptiPlex7010 SFFの
中の写真を見る機会がありました。

「コレさぁ。
 SSD突っ込む場所が、なくない?」
レイアウトが変わって、いい感じに
空気の流れが改善されてるんだけど、
やっぱ筐体がちっちゃいんで、
ムダなく!うまく!配置されてる。
一応、隙間らしきところは
あるんだけどさー…
「CPUの真上」
CPUクーラーが工夫されてて、
CPUと放熱フィンの場所がずれてるの。
なのでCPUのところに空間あるけどー、
そこは、さすがに…熱そうだし。

SSD+HDDの構成にするならば。
「うまく見つかれば」
3.5インチベイに2.5インチディスクを
2個乗っけられる純正マウンタがあるので、
それ使う…って、アレ見つからないよ?
あと、世の中にはベンリなものがありまして、
CD/DVDドライブの「恰好をしていて」
実は中をくり抜いてあって、
2.5インチディスクを載せられるという、
なんか「脱税」という言葉が似合いそうな
変換ユニット…なのか?あれは。
それを使うという手もある。

んー…
いずれにせよ、ムリな構成になって来るよね。
現状、「なんでSSD突っ込めたか」って、
実はOptiPlex980 SFFの筐体には、
「3.5インチベイ相当」の、空間がある。
その空間の理由…
「フロッピーディスクドライブを
 載せる前提で設計されてる」
実はフタ取って、
古い筐体からFDDをマウンタごと
持ってくると、
「きちんとはまるんだな、これが」

富士通のFMV筐体なら行けなくない?と
中古を調べたんだけどー。
「今は5インチベイの光学ドライブ、
 フルサイズが載ってるのかー…
 スリムドライブ載せたときの、
 あの、謎空間はなくなっちゃったかー」

まぁ、いい加減に
SSD+HDDのケチケチハイブリッドを
やめろ、てな話なんだけどね。
ただ、構成としては、お気に入りだからなー。

「自作する…?」
高いだろうなー。
あ、オススメのセットとかあるわ。
Ryzenで、6コア12スレという、
今の「1.5倍」も、あたま良くなって、
ざっくり、おなかの中が10万円超すくらい。
筐体と電源とOSその他で、5万円くらい。
足してグラボがいくばくか。
高いのじゃなくていいよ。ゲームしないし。
…なんか、現実的。
これなら、筐体は「単なるATX筐体」だから、
ディスク一本余計に載せるなんて、カンタン。
で、一度組んで安定できれば、
たぶん10年位は、持ちそう。

「でも、やっぱり、
 お高い感があります」
値段以上の性能になるけどね。
むー…

…あ。
「ワークステーションの中古は?」
Xeonとか乗っかってるの。
一応、売ってそうなお店は思いつくよ?
アレなら、余っている場所あるよ。
調べてみたところ、
Xeonの4コア8スレで、「売っていたら」
だいたい、4万円程度。
こっちの方が現実的かなぁ。
あ。こっちはメモリ気を付けないと、
ECC付きメモリは、いざ買うと高いし、
うっかりすると「ないし」
まぁ、「8GB以上」あれば、
だいたい、なんでもできるよ。

でもまぁ。
「うっかり買わずに、良かったよ」
買ってから「できないじゃん!!」は、
どうしようもないからねー。
で、Windowsの
「中古のMARライセンス」は、
やっぱり、気に入った。
いざとなった時は、
「MicrosoftからMedia Creation Tool落として、
 頭っからWindowsインストールして」
という感じなので、
自由度がありすぎる。
自作とメーカー物のいいとこどり、みたい。

「今風のスリムとかスモールとかの、
 小さい筐体の中古は、買っちゃダメ!!」
これがわかっただけでも、
無駄な買い物しなくて済んだので、
良かったよー。
で、自作するか、ワークステーション狙うかは、
今日明日の話じゃないから、
じっくり、ことこと、考えようっと。
「行けるもの」が、他にあるかも知れないし。
「出会いがあるか」も、重要だからね。
(53号)