ネタ、たーっぷりあるから、
次の機会にまとめなおすけど。

ウチの祖母、
「母の母」なのね。
ウチ、婿だから。
で、一人娘。子どもは母親だけ。

なんで、
「娘を育てている延長線上で、
 あたしを育ててないかー?」
と思うこと、あり。

朝。髪の毛がまとまらなーい。
「これ使うんだ、これぇ!」ぶしゅー。
…ケープで固められた。いい匂い。
…これから高校なんだけどなぁ。
着くころには多少匂い、消えるかなー。

祖母の化粧待ち。
なんとなーく、化粧水、手に取って見る。
「それ、いいから!つけてみな!
 ほら!ほら!」あー、入る入る。
「ほら!あげるから!」やったぁ!

晩年まで、いっつも、
「お前白くて、かわいいんだから!」と、
あたしに言い続けた、祖母。

これが日常だったからなー!
「そっちが、変わってる」
と、言われれば、
なんとも、言えません…