あの塾は、主に、
隣の区の小学校の子が通うので、
あたしの区の子どもたちとは、
全く違う世界が広がってた。

男の子の集団は、
女性器の話とか、性交の話とか、
そんな話ばっかり。
浮いちゃうから、
表面上だけ合わせてたけど。
「下品。汚らわしい。
 なんで、こんな話に
 付き合わなきゃいけないんだ」って
いっつも、思ってた。

塾の先生も、成績の話ばーっかり。
どんな悪い子であっても。
裏に回って、他の子をいじめてるような
子であっても。
成績良ければ、すべてよし。
すごく、ずる賢い子でも、
成績良ければ、塾の先生にほめられたからね。
そいやー、塾の先生が子どもにケガさせたこと、
何回か、あったっけなー。
良くある話だから、気にも留めなかったけど。

…よく「耐えた」と思うよ、我ながら。