おとうさん、おかあさん。
これだけは、絶対にやめて。
絶対に、やらないで。

「公立校怖い怖い」の脅しと、
「手のひら返し」

これ食らって、真実知ったら、
親のことは、
「ただの嘘つきの、ジジイとババア」
にしか、見えなくなるので。

子どもが嘘ついたら、
怒ったり、心配になって、
Yahoo!知〇袋に
投稿しちゃったりするのに。
「親が子どもに、嘘をつく」は、
親子関係を壊したい、にしか、
あたしには思えないし、見えない。

引きこもりのニュースを
よーく読んでみると…
「それ、親が子どもを
 つぶしたんじゃん…」って例、
結構、あるよねー。
それを、「引っ張り出し屋」に
引っ張り出させて、
強制労働させたらー。
そらー親御さん。
子どもに殺されても、何も言えないわ。

子どもさんを、つぶしたかったり、
「ずる賢くて計算高い」
子にしたければ、ご自由にー。

そういう子に、したかったんでしょ??
よかったじゃん!願ったり、叶ったり!

子どもには「嘘はいけない」と
教えるのに。
親が嘘ついていいなんてのは、
そりゃー道理に合いませんぜ、親御さん。

「手のひら返し」だって、
大嘘の大嘘、だよ??
だって、
「前と今とでは、言っていることが逆」
そういうこと、だもん。

…なーんで、こんな単純な道理が
わかんないのかねー。

こういうのって、
「連鎖する」らしいので。
そういう意味でも、
「あたしは自分の子どもは、
 絶対に、生まれてほしくないです」

この台詞を、子どもに言わせたということを、
良ーく考えろ。うちの両親。
親父は死んでるー?
盆になればへらへら、帰って来るじゃねーか。
帰ってこられるのなら、「考えろ」