↑この記事の続きです。

色気出して、
関連記事にはリンクを
付けることにしました☆

これねぇ…下手すると、
「持って、十年」という
気もするんだ。
「公立学校の先生は、転勤する」
つまり、導入時のムーブメントを
知らない先生が多数派になったら、
「変えられない運用」になっても、
おかしくは、ない。

で、勝手に名前つけると、
「男子スカート問題」
これ、援軍なさすぎるからね。
「女子スラックス問題」だと
フェミ方面とかからの、
援軍が期待できるんだけど。

「男子スカート問題」
これに疑問を呈しているところは、
下手すると、ここ含めても、
ひとけた…?という気もする。

当事者の声ったってさぁ。
性別適合手術やって、
埋没に成功した方は、
もう、そのままで、いいから!!
せっかく、埋没したんだから!!

「声をあげづらい」んだよ、
MtF/MtXは。
個人レベルですら、過去のことは、
公に話題にしづらいところを、
「援軍やって」とは、
口が裂けても、言えないな。あたしは。

あたしは、「変えてない」から、
バレたところで、
「そうなのね」くらいで
何とかなることが多いから、
ここで言えるけどさぁ。

ただ、肝心かなめの生徒は、
苦しいぞ、これ。
「ゲタの高さ」が
変わっちゃったからね。
「向こうはできるけど、
 こっちは、できない」
できないという「決まり」は
ないんだけど、
いざ、できるか。
…難しいよね、やっぱり。

「決まりで、できなかった」は
何とか乗り越えられるかも、だけど。
「できることに、なってたけど、
 人の目とか、噂とか、
 人間関係とか考えると、
 できなかった」
これ、下手に可能性があるだけに、
苦しいって。本気で。

ねぇ、これ、
『ちゃんと、考えた?』
男子には、実際のところは
難しいという点は、
考えたら、浮かぶと思うんだけど。
どうも、あたしには、
「制服を変える」ということに
目線が行きすぎて、
視点を落とした、としか
見えないんだけど。

そもそも、ね。
「男女に性差はなく、
 好みも、行動も自由」という
教育自体、
30年は、やってるからね。
…あたしが小中学校の頃に、
その手の教員向けの教育書、
図書館で読んでるんだもん。
…塾は、さぼったがな!!

「それだけ、かかっても、
 実際変わるの、難しい」
それを肌で感じているから、
数日前の夢物語には、
「30年・100年・死んだあと」が
ついたんじゃんかー。

「寄木細工の、パンドラの箱」
という、気もする。
学校の自治とか持ち出されたら、
なーんも、できなくなるもん。

実はコレも、思いついてる。
「文部科学省から、
 教育委員会経由で
 通達出したら、
 絶対従うよね」
公立学校、直轄のお上に弱いから。
ただこれー。
「反対するところ」が、
片手以上思いつくので、
実際はー。望み薄だなー。

うわ、この、
「男子スカート問題」
日教組も、全教も、
味方について、くれないんじゃない??
うわ、そりゃ負けるわ。

生徒レベルで何とかなるのなら。
「あたしが生徒会書記の時に、
 なんとか、しとるわい!!」
…金も権限もない生徒会だったんだ、
あの中学の生徒会はー。

「八方塞がりなんだぞ、
 この問題は」

…多数側には、
何の問題も、影響も、ないからね。

あたしは正直なところ、
『ひっかき回した、だけか?』
という、感想を持ちます。
…ひっかき回される側、
かわいそうでは、済まないぞ、
これー…


実は、本当の落としどころは、
「生徒側と学校が
 個別に話し合った上で、
 学校長名で、特例で認める」
では、なかったのだろうか…