今日ね。土曜日…もう日曜日だ。
「朝起きる前から、
 ずーっと、鼻呼吸」が
できてるんですよ。
もう何年…それこそ10年単位で
「鼻づまり」で口呼吸だったのが、
何かあっさり、呼吸が変わったの。

「半ばオカルト」な、話だよ?
ただ、「言われて見れば、確かに」
みたいなところもある、話です。

くち・はな・のど。
みーんな、つながってますよね。
みみも、つながってます。

くち・はな・のど・みみ。
一番「汚い」ところ、
一番、細菌やらウィルスがいるところ。
どーこだ?
「くち、です」
良く言われることで、
「口はおしりの穴くらい、汚い」
とも、言われます。
実際、細菌やウィルスの数を調べると、
そうなる「らしいです」

これも、お医者さんが良く言うことで、
「消化管は、体外だ」というのが、あります。
くち・はなから、おしりの穴まで、
つながっている上に、
「無防備にたべもの・のみものが
 入って来るので」
身体の中でも、食道やら胃やら、腸やらは、
他の臓器と比べると、基本的にキタナイ。

『そこで、です』
歯周病って、ギネスに載ったほど、
「世界で一番感染者数が多い、感染症」
お口の中のケアを、きちんと、やって。
お口の中の細菌やらウィルスの
数自体を、がくんと、減らしたら。
くち・はな・のど・みみは、
つながってますから。
「はな・のど・みみは、
 ラクになるよね?」
本来、人間は鼻で呼吸するように、
呼吸器が、できあがっているはず。
要は、くち、をケアすることによって、
はな・のど・みみが、ラクになって。
「本来の状態、鼻呼吸に戻った」
こう考えることが、
できるとー…思うんです。

ここで、もう一段階あります。
「くち、が閉じている」
つまり、くちの中は、いつでも、
唾液でしっとり…を通り越して、
いい感じに、唾液を飲み込んでる。
唾液には、細菌やウィルスを
「やっつける」効果がありますから、
効果がフルに発揮されたら。
「くち・はな・のど・みみ。
 みんな、ラクになる」
これも、ふと気づいたんですが。
あたしの持病の、外耳道湿疹。
みみ、べたついてたんですが、
さっき触ったら、
べたつき、なくなってた。

では、なんで、お医者さんは、
「くちを、きれいにしなさい」とは
言わないのか。
『日本の医療制度では、
 医科と歯科は、わかれているから』
ここではないかと。
確かに医科と歯科、歴然と分かれてる。
お茶の水に、東京医科歯科大学が、あります。
「医学部附属病院と、
 歯学部付属病院は、
 建物ごと、わかれてます」
医科と歯科の連携って、
あんま、ないんだよねー…

『と、能書きをたれましたが』
そもそも、細菌やウィルスの数、
身体から、減らしたら。
…身体は、ラクになるよね。
こう書くだけでも、理由にはなると思います。

「では、今後はどうなるのか」
…その頃に、
忘れてなければ記事にしますので、
しばし、お待ちを。

ただ。
「歯周病、早めに見つけて、ケアしないと、
 歯が抜けます
重度にならないと「気付かない」のも、
歯周病の特徴とも言えますのでー。
連休明けに、一回歯医者さんで
歯の点検してもらうのも、
いいんじゃないでしょうか。

という、「もしかして・もしかしたら」な、
お話でしたとさ。