【放談住宅 2020/10/29】
あきらめの悪い、あたくし。

昨日の記事を上げてから、
なーんかこう。「声」には
手がありそうな、気がして。

『何を血迷ったのか』
荒井由実・松任谷由実のモノマネを
やっている、
『清水ミチコのモノマネ』をして
遊んでました。
どうしてどうしてユーミンは
低くてヘンな声なの~
絞め殺~されるニワ〇リ~

荒井由実時代っぽくしたければ、
すっごく細かいビブラート
(通称:縮緬ビブラート)かけて、
鼻から抜けるだけ抜くと、
それっぽくなる。
松任谷由実時代になると、
ノンビブラートになって、
コメカミから声が出るように、
張りのある声「なんだけど」
一本調子、と。

実際、ユーミンは女声としては、
かなーり低い音域なんで、
歌いづらいっちゃー歌いづらい。
男性がオクターブ下げをかけると、
だいたい、下がつっかえる。
じゃ、元のオクターブで行くと、
上がつっかえる。
「歌いづらいこと、この上なし」
音域は、そこまで広くないんだけどね。

と、突然。

「点」が、見えたんです。
(推奨BGM:「不思議な体験」松任谷由実)
見えたというか、感じ取れる。
ファルセットのようで、
ファルセットに感じない。
身体と言う楽器が低音仕様になっているので、
響きは低く出てしまうけど、
女声の声域の声が、自然と出た。
ふだんの声の、1オクターブ上。
声帯には、無理も力もかかってない。
むしろ、力が抜けてる。

えー?と思いつつ、
鳥の詩なんぞ歌ってみると…
歌えた。
それこそ、声変わり前の小学生のように。

「まさかぁ」
この状態でファルセットかけると…
…出た。もう1オクターブ上がある。
ただ、声域としては、
「なぜか低音が響く金田朋子」だなぁ。
「はい?」(c)杉下右京
自分でも、どうなってるのか、
意味が分からん。なんだ、これ?

こういうのは、ですね。
寝ると、忘れるんですよ。
夢、夢ー。おやすみー。

そして今日。
…地声がどっちなんだか、
正直、わかんなくなってきた。
うん、その位ムリない感じ。
しゃべる音の高さとして、E3くらい?
調べてみたところ、
E3とF3の間あたりに、
「女声に聞こえるかどうか」の
ポイントがある、らしい。
まぁ、オバサン声だけどね。

え゛ー。
一時ボイトレ頑張ったし、
メラニー法もやったけど、
挫折したんだよー?
なんで急に「点」が、わかった…?
今は声出し過ぎて、出ずらくなってるけど。

あ。人ってあんまり、
声は覚えていない、ものだから。
会社でも高い声のまんま、
一日過ごした。なんも言われず。
「ま、言われるのが怖ければ、
 声、変えられないけどね」

ただ。あれぇー?
「大川茂の声マネができない」
♪小枝の先にサ
♪白いマシュマロを…オクターブ高いって。

どうなるんでしょうか、あたしの声。
まぁ…面白いから、いいや。
あ、「メモリーグラス」
そのまんま堀江淳の高さで歌えるぞ。
…しばらく、遊んでよっと。
(236号)