【放談住宅 2020/11/07】
春日部市議会での、
井上英治議員の発言。
これー、おねいさんねぇ、
追うのがキツいわ。
「飛びまくっちゃって、
 飛びまくっちゃって」
どうまとめれば、よいものか。

井上英治議員の認識と発言では、
セクシュアルマイノリティの諸問題は、
「左翼」から、出ているそうです。
左翼が言っているから、
問題になっているんだ、と。

最初に井上英治議員が
LGBTについて発言したのは、
春日部市議会 平成30年 9月定例会
9月6日での発言です。
これは、議事録がありますので、
下にリンクを張ります。
議事録へのリンク
↑この形式でないと、リンクできませんでした。

そして、春日部市議会 令和2年9月定例会
9月15日。
井上英治議員は、LGBTの問題について、
このように述べています。
文字起こしなので、一部抜粋です。
(まだ、議事録として公開されていません。
 インターネット中継からの文字起こしのため、
 文字の間違いがありましたら、ご指摘ください)

『大体ですね、この考え方はですね、
 どこから出てきているのか。
 これは、マルクス主義からできているんですよ。
 マルクスとエンゲルスというのは、
 みなさんご存じのとおりで、
 共産主義という考え方を言ったエンゲルスが
 本を書いています。
 『家族・私有財産・国家の起源』
 この中に「家庭をぶっ壊せ」と。
 これが革命の一番近道だと書いてあるんですよ。
 このとおりにやっているから、
 例えば日本でこのことを言っている、
 社民党の福島みずほ議員、参議院かな、ですけども、
 彼女は前にも言いましたけど、
 婦人公論の1954年7月号で、
 結婚は恋の障害じゃないと言って、
 フリーセックスを勧めてるんですよ。
 本に書いてあるんですよ』

…この先、話が、わけわかんなくて、
「家庭制度の解体」と、「性的少数者」が
ごちゃごちゃになって、発言されているので、
「ごめん、聞いて文字にするの、キツい!!」
該当する春日部市議会インターネット中継は、
これです。
インターネット中継へのリンク
↑やっぱこの形式でないとリンクできない
『閲覧注意』です。具合悪くなる人、いるかも。
…はい。春日部市議会が公開しているので、
これ以上の情報源は、ありません。

ほうほう。
LGBTの諸問題、すなわち、
セクシュアルマイノリティの問題の原点は、
マルクスと、エンゲルスにあると。
「資本論は1巻で中断している」
あたしですが、
『初耳、ですね』
むしろ。
マルクスとエンゲルスを知っている
セクマイ当事者の方が、
「かなりの少数派」だと、思うんですが。
『あぁ、それこそ、
 井上英治議員がおっしゃるとおり、
 パーセント以下何桁の世界ですよ。
 あたしが知る限りでは』

というか。
「家庭をぶっこわせ」という意図は、
まったく、ないわ!!

勝手に『主義・主張』を、でっちあげるな!!
「でっちあげ名人」のあたくしですら、
このように『飛躍した、でっちあげ』は、
残念ながら、出来ません。

で。えー?
この主張だと、セクシュアルマイノリティは、
マルクスが、元になる考え方を作り、
エンゲルスが、「創り上げた」と。
…はい??
まったく理解、できません。ごめんなさい。
ある程度、そっち方面は、
知っている「つもり」ですがー、
ごめんなさい。議論がつながりません。

ねぇ。この件…
『放り投げて、いい?』
と、とりあえず。
春日部市議会での、
「同性パートナーシップ制度」の創設などを
求める請願についての採決は、
賛成多数で採択されています。
『井上英治議員が何と言おうと、
 もう採択されたんです!!』

あのー。
『どこを、どうやったら、
 この考えに至るのか』
ごめんなさい。
まったく想像つかないし、理解できません。
て言うか、あたまいたい。

どこぞで。
ものすごーく理論が飛躍した、
話にならない、おかしなジジイが、いましたね。
『ごめん、それ、トラウマだから、
 あたし本気で、メンタル悪く、するんだわ!!』
ドクターストップかかってんの、その件は!!

て言うかさぁ。
冒頭の、文字起こし。
これを読んで、
みなさん、納得が、できますか??
「あたしには、ムリです」
イデオロギーと、セクシュアリティは、
「つながる訳が、ないです」
あたしが言うまでもなく、セクシュアリティは、
『生まれ持ったもの』ですから、ね。

えっとですね。
ここでの『結論』と、いたしましては。
『議論どころか、
 そもそも話に、なりません』というところで、
井上英治議員については、
筆を置いて、いいですか???
本当に頭痛いし、具合悪いんです。

…わるいものに、食いついちゃった。
あ゛ー、ごめん。ダメだわ。
軽く布団かぶります。ごめんなさい。

春日部市議会がある度に、
井上英治議員に対して、
きちんと対応をしなければならない、
春日部市議会と、春日部市の方へ。
「ご心労、お察し申し上げます」

ぶっちゃけ。
「とおりいっぺんの答弁をして」
相手にしてないよね。春日部市は。

(242号)