んー(椅子、ぎしぎし)

春日部市議会で起きた、
「井上英治市議、LGBT差別発言」

今回の騒動で、
井上英治の言動に、
いくつかの『疑問』が
あるんだよねー。

全部解明する気は、ない。
そんな暇、ない。
やったら、えれぇ時間がかかるから。

ひとつめ。
LGBTへの差別発言で、井上英治が引用した、
エンゲルスの著作、
『家族・私有財産・国家の起源』
この中でね、
『家庭をぶっ壊せ。
 それが革命の一番近道だ』なんて、
直接的なこと、書くかなぁ?と。

外側から行くと。
マルクスと同年代のドイツの人でしょ?
この頃のドイツ哲学と言えば、
『難しいことを、
 より難しく、考える』のよ。
1976年没の、ハイデッガーですら、
そんな感じ、だがな!!
「存在と時間」原書で挫折しました
しゃーない。資本論出してくるか。
資本論の冒頭が、
なぜ読むのがつらいか、というと、
「上着と布と、貨幣と労働」が、
順列組み合わせみたいに、
この組み合わせだと、どーたらこーたら、
これとこれを比較して、どーたらこーたら、と
読んでて「進んでる気が」しないのね。
けど。提示されている組み合わせは、
きちんと「意味」を持っているので、
この本、斜め読み不可。
左側に本、右側に読書ノート用意して、
ノートに単語やパラグラフを書き出して、
箇条書きにしてみたり、
図にしてみたりして、んー…
「平面を立体にする」作業をしないと、
中身が、ふつうは理解できない。
誰かさんが、
「一般人で資本論を読破した猛者」という
表現をしたけれども、
あたしも、そう思う。えらい大変。
で、問題となっているエンゲルスの、
『家族・私有財産・国家の起源』
Wikipediaに項目があったから、読んだけど、
やーっぱり、難しい。
そもそものところで、
「井上英治、読めたのか?」という
疑問が残るくらい、難しい。
相当な「苦行」を覚悟しないと、
この本、読破はできないと思う。
逆に言うと、
「その位、難しい文章で書かれている」ので、
『家庭をぶっ壊せ。それが革命の一番近道だ』
やっぱり、そんな直接的で平坦な表現、
するかねぇ…と、疑問が残る。
日本語訳、現代にあるんか?…あった。
岩波のおなじみ「白」にあるのは知ってたけど、
まだ新品で手に入るんだ。
え゛ー、読むのつらいから、避けたいなぁ。
「たかが」井上英治のため、だけには。
『あちら』好きとしては、古典として、
いつかは!という気が、しますけど!
…そもそも。
マルクスが生きていた頃の、
共産主義にまつわる論文で、
『革命の一番近道』なんていう、
こう…「焦点が合い過ぎた言葉」が、
違和感ありすぎ、です。
共産主義という考えの、
輪郭がはっきりしてきた、ばかりだぞ!

ふたつめ。
「井上英治…共産主義、理解してるのか?」
という、大疑問。
プロフィール拝見、っと。
んー。昭和47年の中央大学…
あー、学生運動がー、中央大わからん。
法政大ならそりゃーもう!なんだが。
…学部ぐらい書いとけよ、井上英治。
でね。この人、大学卒業して、
鉄労、鉄道労働組合に入職してるのよ。
「労働組合じゃん!」と
取ってしまうのは早計で、
…コレ解説するの?大変だなぁ。
「国鉄民営化が、なぜ行われたのか」
国鉄。日本国有鉄道。
当然、職員は「国家公務員」です。
ですので、労働三権のうち、
「団結権」はあるけど、
「争議権」「罷業権(要はストだ)」が
ないのね。
で、国鉄で主流となっていた労組が、
国労、国鉄労働組合と、
動労、国鉄動力車労働組合。
この二つは協調路線ね、一応は。
で、どんな戦術を取ったかというと、
一例として、「遵法闘争」
「ストができないけど、
 列車止める方法はないか。
 しかも、合法的に」
そこで、ほんのわずかな「異常」
乗務員が目視して問題なければ、
まったく問題ないレベルでも、
「きちんと調べないと、
 安全が確保できない!」…と、
とにかく、杓子定規に
規則を守るに守った。
結果…列車は止まります。当然。
ただ、「違法じゃない」
うん、規則どおりだから、ね。
規則と法を「タテに」遵守して、
とにかく、止まれ止まれ、と
列車を止めまくったのが、遵法闘争。
で、一連の闘争が「泥沼化」したので、
「おかしく…ないか?」という
職員が、新潟方面から組織化してきて、
「労使協調・反国労」の労組として
できたのが、「鉄道労働組合」
ここに井上英治が入職してるのね。
乱暴な言い方すれば。
「自ら体制側に巻かれて行った、
 勝手に出来上がった、御用組合」
という言い方も、できるかも。
そりゃー国鉄は、
鉄道労働組合を「かわいがります」よー。
でこれ…後で遺恨が残るんだけど、
国鉄とJR、別組織です。
ここで、国鉄からJRへの採用の際に、
「国労外し」が、行われたの。
国鉄民営化の「裏の目的」とも
言えるかもしれない。
労使協調の鉄道労働組合は、ほぼ全員が
JRに採用されたのに対し、
国労・動労は、人余りになった
北海道・九州では、かなりの人数が、
不採用となった。
採用されても、機関士が、
「コンビニの店員に、異動」とかね。
本当に、あったんだよ!!
品川駅のJR直営コンビニ「JC」で。
店員のオジサンの名札をよーく見ると、
「糸魚川機関区」とか、書いてあった。
これ、ながーいこと裁判になってたので、
報道読んだ方も、いるかもね。
で、井上英治は、
「労使協調・反国労」の鉄道労働組合に
入職したから、
左翼は「敵」なのよ。本当に。
逆に言うと…
「労働組合なのに、
 かなり右翼的な教育」を
受けていても、おかしくは、ない。
そこでマルクスやエンゲルスに
出会ったとするならば。
最初から「色眼鏡」で見てるよね、と。
「ロクでもねぇ、
 国労や動労のヤツらは、
 こんなもん、読んでるのか!!」と
言ったかどうかは、わかりませんが。
井上英治の経歴と言動からするに。
共産主義やマルクス・エンゲルスを
「偉そうに」語ってますが、
ちゃんと「白い」状態で
わかってますか?という疑問が出る。
うん、まだ学生運動の香りがある頃に、
「あえて」新卒として、
鉄道労働組合を選んだ…
邪推だけど、やっぱ左翼が嫌いなんじゃないの?
『ま、思想に触れるには、
 自分の主義主張はどうであれ、
 まっしろで、まっすぐな自分に
 なれないと、いけないんだが、な』
自分で自分のバイアスを意識するって、
すごく大切なことだと思うよ。うん。

みっつめ。
「なんでそんなに、偉そうなの??」
本人を突撃する訳にも、いかないからね。
以下、『邪推』です。
地方議員を目指す位だから、
そうとうな「目立ちたがり」
なんじゃ、ないの?
ただ、おそらく…
『中身が、伴わなかった』
なので、何か権威になりそうなものは、
まとって、まとって、まとって…と、
何らか権威付けしないと、
自分が「保てない」んじゃ、ないの?と。
そしてー、公式Webページを見る限り、
一切の「政党臭」が、しないので、
無所属だね。おそらく。
「無所属を装ったなにか」でも、ない、と。
『こんなん、おっかなくて、
 後援なんて、したくないよ!!』
で、最新の得票数…えー?
「1,354票」???スレスレー!!
1,354/1,300 ここまでが当選ライン。
1,179 ここが落選ライン。
ちなみにトップは7,070票。
市議選だから、「ばらける」に
しても…あぶなっかしい、ね。
うーん、趣味の柔道の仲間を
「かき集めて動員すれば」
この位はなーんとか、取れるかなー。
あー!でも、墓穴掘ってる。
公式Webページの、
一期目の実績の、一発目にね。
『尖閣諸島等を守るよう
 政府に求める意見書を起草、
 超党派で平成24年9月議会に提案、
 賛成多数で可決』
あんた、地方議員だろ!!
これ一発目に書いちゃったら、
中道から左派は、まず入れないね、この人には。
…損してるなー。「俺が俺が」が、強すぎて。
うまーいこと「お化粧」すれば、
もっと得票数、伸びた可能性あるのにー。
で。2回くらい前まで選挙を追ったけど。
「下から2番目」
「下から3番目」と、安定ギリギリのところで
当選を続けてますねー。
だいたい、1,300票付近で、安定。
うーん、1,300票のうち、かなりの割合が
「固定票」だろうなー。
浮動票を入れる相手じゃ、ないなー。
軽く調べたら、「わかっちゃう」もん。
『固定票に、支えられて。
 ある程度の「おいた」をしても、
 支持層を失わなければ、
 市議を続けられる』人、なんだろうね。
あー!だから、春日部市側の答弁が、
「やたらと、とおりいっぺん」なのかー。
市議会での勢力、「ほとんどなし」で、
当選しようが、落選しようが、
「市の運営には、なーんにも影響なし」
だから、ね。
おそらく、次の市議選、通ると思うよ。
「LGBT?文句言うアイツら?」みたいなのが、
固い支持層だと思うから。
市議選とかで、この、
「当選ギリギリで、固いの」が、
一番厄介なんだよなー。
「風もいらなきゃ、天気もいらぬ」…かー。
『逆に言いますと』
落選の経験がないから、
天狗も天狗に、なってるんだろうねー。

まー、このへんで。
『邪推の統合化』を、いたしますと。
・根っからの左翼嫌い
・中央大は出たけれど、知性は「?」
・すごく固い支持層をつかんで、
 浮動票不要の選挙戦を勝ち抜いてきた
 (落選ラインすれすれ、だけど)
こんな感じの人、なんだろうね。
で、とにかく「気に食わない」ことは、
『左翼が悪い!!』に、しとけばいい、と。
…ラクでいいね。まったく。

まぁ、でも。
「中央へのパイプ」も、見当たりませんし、
「得票数が伸びる要素」も、見当たりませんし。
「足がかりにして、国政」…ムリムリ!!
当落ラインギリギリを続けてりゃ、ムーリー。
春日部市民には、
大変、大変、申し訳ないのですが…
「春日部市議会で、飼ってて、コイツ」
などど、春日部市の外という安全地帯から、
ものすごーく勝手なお願いを致しまして、
「とりあえず」筆を置きたいかと思います。

「鉄道労働組合から
 東日本旅客鉄道労働組合になって、その後、
 『革マルに喰われた』はなしは、
 また、こんど、ねー!」