【放談住宅 2020/11/11】
『秋なのに』
Windows10 Version 2004が
降ってこなーい!!

まーねぇ。
手元のコンピュータ、
みーんなBIOSで起動してる、
いにしえの、Windows10の
サポート外のコンピュータだしねぇ。

さすがにー。
2004の「次」が受けられないと、
サポート期限が切れちゃうので、
ツール使って強制的に上げときました。

そして、今日。
疲れて寝てるというのに、
Windows Updateが、
再起動しろって文句言い出した。
まーったく。ぽち。

あー、来た。20H2。
Microsoftに見捨てられたと思ってた。
じゃ、ありがたーく
手動で受けようっと。

数台、アップデートしたんですが、
何台か、こういう現象が起きました。
・シャットダウンメニューの中に、
 「更新してシャットダウン」
 「更新して再起動」がある。
・…けど、それかけても、
 なーんにも、変わらない。
・何が引っかかってる?と思い、
 設定>Windows Updateを見ても、
 延々、考えこんでる。

うーん、具合悪いねぇ。
タスクマネージャ見ても、
何かが引っかかってる様子は
ないしねぇ。

…ここで。
インターネットを検索すると、
「何々をリネーム」という解決方法で、
PowerShellでこのコマンドを実行すると
直るよ!!という情報が
出ては来ますが。
『一晩くらいは放置できそうであれば、
 とりあえずは放置』の方が
オススメです。
フォルダのリネームとか、
かけても、いいんだけどね。
それをベースにWindowsが動いちゃうと、
内部の不整合を起こさないとも
限らないのでねぇ。

と、いうわけで。
Windows Updateが、
「しばらくお待ちください」のまま、
お茶飲んで、放置してみました。
30分くらい、かかったかな?
「最新の状態です」に、なりました。
あー、問題なし。
『Microsoftの、ことだしっ!!』

おそらく。
Windows Updateの内部データベースの、
Closeか、Commitに失敗して、
データベースの状態が中途半端に
なったんじゃないかと。
『わかんない、けど』
で、延々放置していれば、
データベースのチェックが動いて、
整合性が取られて、直る。
…んじゃ、ないかな?
だって、Windowsって、
そういうところ、徹底的に隠蔽されてて、
実際のところ、わかんないんだもん。

前にも、
「布団かぶって、寝る」という
解決方法をご提案いたしましたが。
その手のもんです。その手の。
『余計な手出しはしないで、
 待てるだけ、待ってみる』
一晩とか。丸一日とか。
手動で何か変えてしまうと、
整合性保って戻すことは
ものすごーく困難なので、
もう、最後の手段として、
「待てるだけ待っても、
 解決しなければ」
かけてみようかなぁ…と、
「町内一周、
 お散歩して、考えてから」
決めてもよいのでは、と。

『とりあえず、待ってみる』
待ってる間に、
お風呂入って来ようかな。
…まだ。
歯でも、磨こうかな。
…まだ。
明日になれば、直ってるんじゃん?
じゃ、寝よう。おやすみー

翌朝画面を見てみると、
「なおってる」
十二分に、ありえることなので。

では、『呪文』を、となえてみましょう。
『Microsoftの、こと、だからっ!!』

まぁ、今回のトラブル…まで、いかないけど。
実害はなんにも、なかったので。
こんなことも、あるよねーで
納得して、おかないと。
Microsoftとは、つきあって、られません!!

「Microsoft製品は、
 MS-DOS Ver2.11から、つきあってきた」
ふるーい、ふるーい人からの、
おまじない的な、ご提案でした☆
(245号)