PCのキーボードから、
音符を打ち込むことに、関しては。
『非常に、理にかなっている』

もちろん!マウスでぽちぽち、でも、
全く問題ないのですが。
…マウスで打つの、めんどくさいじゃん?
その点、Finale NotePadは、
PCのキーボードからの打ち込みが、
すごく、やりやすいです。

音符の長さは、テンキーで決める。
画面上部に、全音符・二分音符…と、
アイコンがあるんだけど。
そこに数字が振ってあるから、
そこを見れば、覚えずに済む。
四分音符だったら「5」
それに加えて、
付点を入れたかったら、「.」
三連符を入れたかったら、「9」
付点と三連符に関しては、
Ctrlを押しながら、
「.」なり「9」を押せば、
解除できる…みたい。
まぁ、「5が、四分音符」を
覚えてしまえば。
二分音符は「6」だし、
八分音符は「4」なので。
全音符・二分音符・四分音符…と、
音符の長さのルールを理解していれば、
四分音符を起点に、何を押せばいいか
考えることも、もちろん可能。

今度は、音の高さ。
C-D-E-F-G-A-Bの
アルファベットキーで、決められる。
休符は「0」を押す。
シャープ・フラット・ナチュラルが、
若干、わかりづらいかも。
C~Bで、一旦音の高さを入れて、
・シャープ:「;」
・フラット:「-」
・ナチュラル:「N」
・ダブルシャープ:Shift+「;」
・ダブルフラット:Shift+「-」
これを押せば、指定が可能。
ここ、英語キーボードと、
日本語キーボードの、記号の位置の違いで、
オンラインマニュアルとは、違うところ。
そして、Shift+上下キーで、
オクターブを変えられる。

次の音符の位置に移る場合は、
右キーかEnterを押せば、移る。
「若干、癖がある」
音符か休符が、紫になっていれば、
Delete押せば、消せるので。
消してやり直しても、もちろんOK。

タイが若干、わかりづらい。
まず、音符を打つ。
次に、「T」を押す。
すると、画面にタイが出てくるので、
次の音符を打てば、
音の高さが同じであれば、タイでつながる。

単音なら、これの繰り返し。
音符の長さが変わらないのであれば、
C~Bを使って、
音の高さを指定してしまえば、
連続して打てる。
場合により、Shift+上下キーで、
オクターブ変更。

和音を打つ場合。
テンキーで、音符の長さ指定。
C~Bで、音の高さ指定。
テンキーではない、
アルファベットの上の数字キーで、
「何度、上に重ねるか」で、
打つことができる。
例:四分音符でC-E-Gの和音。
・テンキーの「5」で、四分音符
・「C」で、Cの音指定。
・アルファベットキーの
 上の数字キーで、「C」を起点に、
 何度上を入れるか、指定する。
 C-Eは三度なので、
 「3」を押すと、3度上、
 つまり「E」が入力される。
・今度は、今入った「E」を起点に、
 何度上を入れるか、指定する。
 E-Gは、三度。なので「3」を押す。
C-F-Aであれば、
・「C」で、根音。
・C-Fは四度なので、「4」
・F-Aは三度なので、「3」
…文字にするとややこしいけど、
実際打ってみると、
「あー!」って、わかると思う。

『マウスの出番が、すごく少ないので』
すごく、打ちやすい。
MIDI鍵盤も、とりあえず、必要なし。
Finale NotePadは、
あたしが今まで経験してきた、
シーケンサーソフト・DAWの中で、
恐らく一番、PCのキーボードを使った
ステップ入力が、やりやすいと思う。
『癖が強いけど、ね』
音符が確定なのか、指定中なのか、
ちと、わかりづらい。

うー…ただ、音系ソフトに、ありがちだけど。
「実際触ってみると、マニュアルと違う」
ということ、案外ある気がします。
試行錯誤は必要かも。
あと、オンラインマニュアルはあくまで、
「英語キーボード基準」なので、
日本語キーボードだと、
打つキーが違う時があります。
…英語キーボード配列の画像を、
印刷しておくと、いいかも。

文字にすると、ややこしいので。
Windowsが動くパソコンがあれば、
「とりあえず」Finale NotePadを
使ってみるのも、いいと思います。
『無料、だし!!』

…ただし、メールアドレスが必要。
ダウンロード時と、
シリアル番号発行するときに、ね。