【放談住宅 2021/02/26】
ああは、書きましたが。

あたし個人的な考えとしては、
同性婚は、できるようになって
ほしいけど、ね。

やっぱり、
「身近の方で、
 婚姻関係で無いがために、
 悲しい運命を受け入れることになった」
これを知ってしまっては。

ただ、やっぱり、
『敵が、デカ過ぎる』
同性婚を、
現在の婚姻と同一の立ち位置にするには、
憲法に手を入れるしか
ないよねー…とも、思う。
『両性』の解釈で解決するという手法は、
後々のことを考えると…あぶないよ、ね。
時代の移り変わりによって、
「取り扱いも、変わってしまう」
可能性を、残してしまう。

「同性婚を、憲法上の婚姻とは
 別枠とし、新法で叶える」
これも、
『相手は、
 配偶者として、扱えるのか?』
という、大問題が残るよね。
配偶者の権利は、でっかいから、ねー…
国民的コンセンサスが
得られるか、どうか。

もっとも。
あたしは婚姻が、「できない」訳で。
『外野が、がちゃがちゃ、やると、
 話がこんがらがって、
 ややこしくなり、当事者が困る』
「婚姻」ではないけど、
あたしこれ、感じること、あるからねー。

…案外、袋小路だね。

まぁ…
いいお相手に、出会われました際には。
お幸せにお過ごし頂きたく、存じます。
(326号)