【放談住宅 2021/02/28】
以前、愛用していた、
『赤いバックパック』
(実は、女子小学生の通塾用)
とある方に、もらわれて行きました。
…欲しい、欲しいって言うんだもん。
実はアイツ、二つあるんだけどね。
肩が抜けかけたから、
どうしようかと、思っていたら。
「また格安で置いてあったので、
 買いました」

某駅で受け渡しした後、
「この駅には、たしか本屋がー…」
…あった。児童書、っと。
「あー。出版社ごと、ないかも」
あの手の本は、
「この出版社の、このシリーズ」って
決めちゃうと、棚作れちゃうんだよね。
…と、あきらめかけていたら。
『別のところに、平積みされてた!!』
手に取って、ながめてみると。
「ヤバい。なつかしくて、ニヤける」
とっととお会計して、
自分のものに、してきました!!
IMG_2406
あたしが小学生の頃とは、
「変わった」ところも、あり。
「変わってない」ところも、あり。
今の子ども服って、
アイテム思いっきり増えたから、
「着回し…確かに、考えちゃうよ、ね」
でも…
「今の子たちでも、
 手紙の折り方、基本コレなんだ!!」
変わんないんだろうな、アレは。

「小中学生で、コレ?」と思う内容は、
ほぼ、なく。
むしろ、
「小中学生で、これ全部身につけると、
 将来けっこう、無敵だぞ?」
と思うことも、多くあり。
「座り方」や「物の拾い方」とかは、
大人になっても、
「出来てない人」案外、いるよね…

ま。
「安心して、読ませられる」系では
あると思うけど…
「隠れてこそっと読む系だよね、
 この手の本、は」
わいわい読む系じゃ、ないなー…と、思う。

「あー…
 図書館で、借りる・返すを
 繰り返したっけなぁ…」
なつかしいです、ね。
そして、「こそっと」試して見るんだ!!

『こそっとに、なってないことも、
 あります、が』
…中学校で、
「ノートがやたらと、女子っぽい」と
指摘されたこと、ふと、思い出しました。
…見出しに「リボンの形の枠」を使うのは、
さすがに、やり過ぎたか。
…ま。今でも基本、変わってないけど、ね。
(328号)