『こんどは、システムだぁ!』
…あたし、案外、
なんでもご飯、
食べられるんじゃないの?

まー、みずほのATMトラブル、ね。
元大型汎用コンピュータの
エンジニアとしては、
腑に落ちない部分が、
かなーり、ある。

「処理能力を、超えた」
としても、さ。
バッチジョブでしょ?
「ABENDして、コケて、
 おしまいだよ、ね?」
OSにまで影響が及ぶというのが、
腑に落ちない。

ATMが止まる理由は、わかる。
「詳しくは、
 まったく、言えないんだけど…」
ATMが、あのステップで、
電算機に問い合わせに行って、
電算機からなにも
返ってこなかったら、
「止まるしか、ないです」
そう作ってあります、
ATM、は。

報道する側、
ヘタすると、
みずほの上層部側も。
「パソコンしか、わかんない」
のかも、知れませんが。
『大型汎用コンピュータは、
 CPU利用率100%で
 ブン回る能力が、あるはず!!』
そう「作る」時、あるよね。
すると…

「バッチ処理の結果が
 返ってくるのが
 遅くなることは、あるだろうけど。
 そもそも…
 全体が、コケるか????」
STACKされて、飲み込んで、
実行状態になって…
おっそーく、動くか、
I/Oが取れないとか、
リージョンが足りないとかで、
OSがABENDさせるよねー?

某あそこが、基本設計間違えて、
「3時間の処理が、
 24時間経っても、終わらない」
瞬間に、立ち会っていたけど。
あれ…I/O利用率が
すっごいことに、なったんだけど…
コケなかった、よ?
…基盤チームが、しびれ切らして、
25~26時間あたりで、
CANCELかけちゃったけど、ね。

アレさぁ。
例えばアセンブラで、
「踏んではいけない
 メモリ領域を、踏んだら」
OSが弾き返すよね??
『踏むんじゃねぇよ、
 バカタレ!!』…って。

まぁ、もっとも。
みずほのMINORIは、
もんのすごい、お金と、
もんのすごい、時間を
注ぎ込んだシステムなので。
「OSに、若干手が入っていても、
 おかしくは、ないね」
そこ、見事引いちゃったんかね。

ま。
「金融庁が、
 きちんと、ひっぱたきましたので」
詳細なレポートを、待ちましょうかね。

報道側も、
「わかっとらん」部分が、あり。
『店外ATMは、
 ほぼ、警備委託だから!!』
行員がうんぬん、じゃなくて、
「警備会社が動くのが、遅い!」
なんだけど…
あの台数止まったら、
正直、間に合わないよね。
店内ATMも、休日は、
警備会社に任せてない??
「行員が、休日出勤して、
 ATMの鍵、取り出せるの???」
そっちの方が、
問題じゃねーか???
ATM有高が狂う、原因になるよね?
…田舎の信金じゃ、ないんだから。
田舎の信金だと、さぁ。
「ATMの現金、足らなくなったー」
とか言って、信金の車で、
職員が店外ATMに、
装填に行ってたりするんだ。
…のどかだなぁ、と思いながら、
電話取ってたけど、ね。
あと、
「日本郵政公社」の、時代だけど。
平日休みの時に、
とある郵便局の前、とおったら。
…あ、ATM締めてる。
…って。
「その色の鍵は、
 まとめるな、バカーっ!!」
せっかく分けて、作ってるのに!!
しばらく某センターで、
話題になりました。
「本当に、その色?」
「マジ、マジ、びびった」
「意味、ねぇーっ!」
「やりたい放題だよ、ね」
「こわーい!!」
「それで文句は、言われたくないよね」
「当たりませんよう、に」
「なむ、なむ」

しかし、しかし。
…なんで??わからん。