【放談住宅 2021/03/12】
いや、通販で激安だったんで、つい。
買ったのは、これ。
674851_790_0000_999_01
シンガーのSN777αlll。
なんとなーく、QVCのページ開いたら、
「今日だけ激安」してたんで、つい。
QVCの今日だけ激安「TSV」は、
「あっ」という間に売り切れるので、
「あ!ホワイトピンクなら、在庫あり!」
ぽち…とやっておいて、
0:00までにキャンセルは可能。

いや、ねぇ。
ミシンの流通って、
結構めんどくさいことに
なってるのよ。
むかーし、むかしは
「訪問販売が、主流だった」
次いで、街の代理店。
…が。
今、訪問販売なんかやっても、
売れや、しないので。
手芸用品店とか、家電量販店とか、
ネット通販とかが、主流。
ただ、販売チャネルごとに、
「びみょーに商品が、違う」
実にめんどくさいことに、なってます。
このモデルは、実は、
「QVCオリジナル」
…ったって、同じようなのは、
イトーヨーカドー通販でも、ある。
違うのは…見てくれが微妙に違うのと、
「縫える模様が、
 ひらがなか、アルファベットか」
こいつは、アルファベット。

んーまぁ、最良の選択では、ない。
本当は数字2桁表示じゃなくて、
ちゃんとした液晶パネル付きの、
コンピュータミシンを
買うつもりで、いた。
…ただ、ムチャクチャ安かった。
本体に、フットコントローラーと、
ワイドテーブルと、サイドカッター
(切りながら縫えるツール)が
ついて、きて…
おねだん、約2万2千円
「確か、ブラザーの値段が、
 2万5千円、くらいだぞ!!」
液晶パネルのモデルだと、
ユザワヤオリジナルで、約3万。
電動ミシンの値段で、
コンピュータミシンになるなら、
縫いはじめの一手間、増えるけど、
買っちゃおう、と。
「ブラザー、
 電源のところ、割れてるし、ね」

「ぽち」やってから、
一通り確認は、してみた。
コンピュータミシンとしての機能は、
「液晶パネルを除いて」
ほぼ、そろってる。
3万レベルになると、
刺しゅう模様に、漢字が入るけど、
「小中高学校年組幼稚園保育」
この位の、ごく限られた漢字に
ひらがなが、入るだけ。
「正直、使わないんだ、
 刺しゅう模様、は」
なので、これを買ったとして、
縫いはじめの時に…
・糸調子
モード切替ボタン押して、
・模様
・ふり幅
・ぬい目
確認して、フットコントローラーを
踏めばいい、と。
「ボタン3回の手間が増えるけど、
 確実に一万円くらい、安い」
いいんじゃない?…と。
って言うか。
「模様か振り幅か縫い目を変えたら、
 真っ先にハギレを縫え!」だな。
どう出るか、わかんないし、ね。

『3万と言われると、
 ちょっと二の足を踏むけど。
 2万円ちょい、ならー…
 最悪、使わなくなっても、いいよね』
実は、このミシンに期待しているのは…
【ボタンつけ、です】
ジグザグの振り幅が調整できて、
送り歯を下げる機能がついていれば。
ミシンでボタン付けが、
「あっ!」という間に、できるんだな。

ま。
「QVCって、
 軽く試用してから、返品」って
実は、できるので。
最悪、返品するかも、知れず。
ただ正直、機能的には、
なんの文句も、ない。
ブラザー、15年?経っちゃったからさぁ、
実は色々と、調整がズレてるんだよね。
「電源割れの修理含めて、
 調整に出すと…
 2万円くらい、かかっちゃう?」
と、思っていたので。
まー、値段も、きっかけも、
ちょうどいいか、ね。

今年は手芸、復活しようかなぁ…
(339号)