【放談住宅 2021/03/13】
ユザワヤ行くと、
なんだかんだと、
5千円くらい使うの、なんでだろ。

竹尺、欲しかったんですよ。
ちょい前に、失敗作作ったでしょ?
アレ、文房具の定規で
チャコの線、引いたの。
やりづらい、やりづらい。
…やっぱ竹尺?と思って。
「お手ごろ」と、「ふつうの」が
あって、お手ごろでいいかと
手に取ってみたところ。
「…ん?」重心がおかしい。
「反ってねぇ?コレ」
縦方向にして見てみた所、
50cmの竹尺で、1cmくらい、反ってる。
「ふつうの」は、反ってなかった。
まぁ竹だから、若干は反ってるけど。
…気づいて良かった。
「竹尺買うとき、反ってるかどうか、
 確認した方が、いいよ!!」
若干、中央が浮くのは正常、
だ、そうです。

あと、糸切りばさみ。
和ばさみと洋ばさみの違いで、
和ばさみの握りばさみだと、
普段、刃が開いてるでしょ?
ミシン扱うときは、
糸切りばさみ、よく使うでしょ?
布や糸に握りばさみ、ひっかけると、
最悪、切っちゃうし、
刃を下にして、裸足の足に落とすと、
「すっげー、痛い」
なので、洋ばさみの糸切りばさみ、
買ってきました。
コレなら、普段刃は閉じてるから、
そこらへんに転がしてても、安心。
…ちょっと高くついたけど、ね。

そして、リッパー。
「立派ーなリッパー」
笑うんだよ、笑うんだよ!!
ミシン付属の、使いづらいじゃん。
ちっちゃいし。
「あれ?キャップどこいった?」
→実は後ろ側に刺さってた
「だまされたぁ!」
なので、
「キャップが後ろに刺さっていることが、
 はっきりとわかる、リッパー」を
買ってきました。

あとは、前回買い損ねた
メジャーとか、そういうの。
あと、
「クローバーのシームオープナー」
単なるプラスチックの棒?で、
すっげー高く感じるんだけど。
縫い代開いたりするときに、
すごく、いいらしい、です。
確かに。先端の平らな所に、
しっかりと力がかかるので、
ある程度は、アイロンなしで、
シームオープナーだけで、済みそう。

そして、ボビン。怖かったー。
iPhone使って、
「11.5mmだよね!H-1だよね!!」
確認しまくった。
水平全回転釜のボビンって、
H-1/H-2/H-3の3種類あるからね。
間違えると、故障の原因だからね。

これに糸とか加えたら、
やっぱり5千円くらい、でした。
「早く来てくれ、ミシン様」
…来週中には、来るらしい、です。

あ!欲しいと思ってた、
JUKIのミシンがあったので、
見てみた所…
「…デカい…」
持ってみた所…
「…おもたい…」
さすが、JUKIだね。
縫い目とか、しっかりしてそう。
「あたしは、当面は、
 シンガーで、いいです」
手芸は経験しているけど、
洋裁はあんまり、経験がないし。
どこまでミシン使うか、わかんないし。
必要になったら、
JUKIを考えようかと、思ってます。
(340号)